1.  > 
  2. バーテンダーのバイト

バーテンダーバイト・アルバイト・求人

さっそうとシェイカーを振り、鮮やかな手つきでドリンクをサーブするバーテンダー。1度は体験してみたいあこがれのバイトのひとつです。オリジナルのお酒で自分の個性を発揮できて、さまざまなお客様と接することで自分の世界を広げられるのも大きな魅力です。お客様の目の前でお酒をつくるので、気のきいた会話をするなど接客の技術も身に付けることができます。努力次第で、バーテンダーの資格を取得したり、全国バーテンダー技能競技大会での優勝をねらうことができます。学歴や年齢にとらわれることなく実力で勝負できるので、若くして独立することも夢ではありません。カクテル作りの腕を磨けて接客の技術も学べる、まさに一石二鳥のバイトともいえます。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

バーテンダーの仕事はカクテル等のお酒をつくることです。定番のカクテルはもちろんのこと、お客様のリクエストに応じてオリジナルのカクテルを即興でつくることもあります。そのために、長年の経験と知識・技術が求められます。カクテルひとつとってみても数千種類はあるといわれています。そのお酒の知識を活かしたブレンドのセンス、また『シェイク』『ステア』『ブレンド』『ビルド』といった技術が必要になってきます。お酒の提供だけではなく、お客様に快適なひとときを過ごしてもらえるように配慮するのもバーテンダーの大事な仕事です。常連様の名前とキャラクターを把握して、その人に合った会話ができるようにする必要があります。初めて来られるお客様にも、居心地のよい時間を提供するように心がけなければなりません。お客様との会話の内容は人それぞれ違います。どんなテーマにでも柔軟に対応できるように、お酒の知識だけではなく政治・経済、スポーツ・芸能など幅広い教養を身につけて、お客様と会話が弾むようにします。もちろん、ひとり静かにお酒を楽しみたいというお客様には、むやみに話しかけないようにする配慮も大事です。また、バーは食事をする場所ではありませんが、肴になるような簡単な料理を提供することもあります。そのほかの仕事として、グラスの洗浄やグラス磨き、お酒の在庫チェックと発注などがあります。お店によっては開店前・閉店後の店内清掃を任されることもあります。

?身につくスキル

『バーテンダー』の名前は、『bar“酒場”』と『tender“世話する人”』を組み合わせた造語といわれています。この言葉の由来からもわかるとおり、バーテンダーの仕事はお酒を提供するだけではなく、お客様の世話をする接客も重要な仕事となります。接客業ではお客様と会話する能力が求められますので、基本的な対人スキルがあがり、“今お客様が何を望んでいるのか”を的確に判断する能力が養われます。特にカクテルは、お客様の様子から体調を見極めて、その日の天気や気温を考慮に入れてつくる場合が多いので、お客様に対する観察力が身につくようになります。バーテンダーは、臨機応変にお客様と会話をしなければなりません。お客様がどのようなテーマの話をしたがっていて、どのような返事を期待しているのかを意識したコミュニケーション能力が磨かれます。どんな会話にでも対応できるように、常に勉強は欠かせません。ふだんから新聞やニュースで時事問題をチェックする必要があります。そのため、政治・経済、スポーツ・芸能などの知識が深まります。お客様にはいろいろな人がいます。会社勤めのサラリーマンや自営業、定年退職した人など職業も年代もさまざまです。そのような人達と接することで、接客能力が向上し、自分自身の幅を広げることができます。またドリンク作りと平行して、灰皿を交換したりグラスを洗ったりしますので、手際の良さとムダのないスピーディーな動きが身につきます。

?メリット・やりがい

大きなメリットは、さまざまなお客様と知り合えることです。お店によっては、ふだん滅多に会えないような富裕層や有名人に接客できるので、新しい知識が得られたり、良好な人脈を築ける場合があります。目の前でお客様の喜ぶ顔が直接見られるのは大きなやりがいです。特に、カクテルや接客を気に入ってもらえて常連様ができると、よりいっそうのやりがいを感じられるはずです。お酒をごちそうしてもらったり、休日に遊びに行ったりと、仕事の枠を超えて仲良くなれることもあります。バーテンダーの仕事は、飲食店の中でも転職に有利といえます。カウンター内の作業がメインとなるため、お酒の知識と技術に長けていれば、即戦力としてすぐに転職先になじめるからです。また、バーだけではなく、バーを併設したレストランやカフェでも能力を活かせるわけですから、つぶしがききやすく、転職先の幅がぐっと広がるというメリットがあります。プライベートでもバーテンダーの仕事で培った技術が活かせます。家でお酒を飲む人でしたら、研究も兼ねて個性的なお酒をつくって楽しむことができます。また、友人に相談された際、相手の要望に見合ったおいしいお酒を選んであげることができます。

?こういう人に向いています

お酒を飲むのが好きでしたら、バーテンダーの仕事をより楽しむことができます。好きなことをしているわけですから、ストレスを感じることなく働くことができます。凝り性の人もバーテンダーに向いているかもしれません。膨大な種類のあるお酒を組み合わせて、自分だけのオリジナリティあふれるカクテルをつくるためには、ひとつのことに粘り強く取り組める能力が必要だからです。また、バーテンダーの仕事は立ち仕事が中心の肉体労働です。しかも、バーは深夜営業のところが大半ですので昼夜逆転の生活になりがちです。ですので、体力に自信のある人や体を動かす仕事が好きという人にも向いているといえます。バーテンダーはお酒をつくるだけではなく接客も重要な仕事です。お客様と会話をする機会が多いので、人と接するのが好きな人でしたら難なく働けるはずです。将来的に自分のお店を持ちたいという人には、良い勉強の場となります。独立精神のある人でしたら、バーの経営方法を学ぶことができます。オーナーの視点から仕事を考える習慣が身につきます。また、お給料をもらいながらバーの仕事ができるのですから、バーテンダーの専門学校や養成スクールに通う費用がまかなえない人にとって絶好の修行の場になります。

?面接の注意点

面接では、経験者は自分のスキルをしっかりアピールすることが重要です。資格やコンテストでの受賞歴があれば申し分ありません。もちろん未経験者でも本人の意欲が伝われば、評価されて採用につながることは珍しくありません。面接時の服装ですが、オフィスワークの就職活動のようなフォーマルなスーツを着る必要はありません。飲食業界は、服装についてはやや緩めです。いわゆるオフィスカジュアルと呼ばれる、シャツとパンツ、ワンピースといったくだけた格好でも問題ありません。ただし、さっぱりとした清潔感のある服装で、派手な柄は避けたほうが無難です。飲食店は清潔感を求められる仕事です。面接時の髪型は、男性は短め、女性も長い髪はまとめるなど、すっきりとした髪型のほうが面接官に好感を持たれます。特に男性が注意する点として、無精ヒゲや伸びきった爪が挙げられます。ヒゲはきちんと剃って、爪はきれいに切ることを忘れずに。女性は、派手なネイルアートは面接官に悪印象を与えかねません。面接時の服装や髪型だけで合否が決まるわけではありませんが、第一印象は非常に重要です。清潔感を第一に考えて、面接官に好印象を与えるように心がけましょう。

バーテンダーのバイト・アルバイト・求人!

本日のピックアップ求人
UHA UHA(ウハウハ)

給与:時給1250円
勤務地:東京都新宿区
最寄駅:西武新宿駅など
雇用形態:アルバイト

UHA UHA(ウハウハ) のバイト
HeBeLeKe (ヘベレケ)

給与:時給1250円
勤務地:東京都豊島区
最寄駅:池袋駅など
雇用形態:アルバイト

HeBeLeKe (ヘベレケ) のバイト
B, B(ビー, ビー)

給与:時給1250円
勤務地:東京都豊島区
最寄駅:池袋駅など
雇用形態:アルバイト

B, B(ビー, ビー) のバイト
日比谷Bar 神保町店

給与:時給970円
勤務地:東京都千代田区
最寄駅:神保町駅など
雇用形態:アルバイト

日比谷Bar 神保町店 のバイト

採用課金型の求人広告掲載

ページトップへ