バーアルバイト

お酒が好きな人やにぎやかな場所が好きな人であれば、バーでアルバイトをしたいと考えることもあるのではないでしょうか。しかし、バーの仕事といえばお酒を作るバーテンダーを思い浮かべる一方で、それ以外の仕事がすぐには出てこないと思います。またバーにもさまざまな種類があり、静かな雰囲気を楽しんでもらうものから、大勢が集まってパーティー感覚で騒げるものなど、かなりの幅が見られます。お客様のタイプも、スタッフのタイプもお店によっては、がらりと変わるため事前に仕事内容をよく調べておくことをおすすめします。ここでは、そんな知られざるバーのアルバイトの気になることや仕事の詳細、向いている人などをまとめてみました。

アルバイトお役立ち情報

?仕事内容・特徴

バーでアルバイトといっても、バーにはさまざまな種類があります。ここでは、ガールズバー以外のショットバーやダイニングバーなど、店員との会話が目的ではなく、お酒とお客様同志の交流を目的としたバーについて内容を説明します。まず、バーの大きな仕事といえばお酒を作ることです。しかしながら、バーにとってお酒はこだわりを持った生命線です。限られたバーテンダーにしか、お酒を作ることを許していないお店もたくさんあります。そういったバーでアルバイトをするときは、お酒を作るのではなく、作られたお酒をテーブルまで運んだり、お酒以外のメニュー、おつまみなどを用意したりするのが主な仕事になります。また、バーテンダーは営業中、カウンターから原則的に離れることができません。そこで、会計や掃除などの仕事もアルバイトに任されることが多くなります。バーの仕事の特徴として知っておくべきことは、その営業時間帯です。開店時間は一般的な飲食店に比べて遅く、22時や23時から営業を開始するバーも珍しくないようです。そして、多くのバーが明け方ごろまで営業を続けます。いわゆる『夜の仕事』といえるでしょう。飲み会の2次会、3次会や終電を逃したお客様が主なターゲットになりますが、バーの雰囲気やメニューを純粋に楽しみたい人も大勢訪れます。バーにはそれぞれのコンセプトやテーマがあり、アルバイトといえども、バーのルールを理解し、強調していくことは必須です。

?身につくスキル

バーのアルバイトを通して身につくスキルとしては、まずお酒を作るテクニックです。おいしくお酒を作るためには、知識と技術が伴う必要があります。評価が高いバーになるほど、グラス、氷、材料といったお酒のレシピが細かくなり、誰でも真似できるものではなくなります。将来、バーテンダーやバーの経営を目指している人にはぴったりの仕事でしょう。また、コミュニケーション能力が発達するのもバーの仕事のメリットです。バーにはいろいろな客層の方が訪れます。サラリーマンや学生はもちろんですが、深夜になれば同業種の方や、一般生活では知り合うことのないような人々とも交流が生まれます。どんな人がどんな目的でバーにやってくるのかを観察し、ひとりひとりに応じた接し方ができるようになれば、かなりの対人スキルが身につきます。将来、他の仕事に就いたとしてもこうした人間観察眼や会話力は大いに役立つことでしょう。しかし、前述したようにお酒作りをアルバイトに任せてくれない店舗も数多く存在します。それでも、バーの雰囲気を学べることは大きな勉強になります。例えば、高級バーでアルバイトできるのであれば、プロのこだわりやサービスがどれほどきめ細かく行き届いているかを確かめる貴重なチャンスです。おそらく、お客様のためを思い、考えつかないような部分にまで行き届いた仕事ぶりがなされているはずです。一流の考え方を間近で体感できるのはかけがえのない時間となるでしょう。

?メリット・やりがい

バーで働くメリットは、時間帯です。学校が忙しい、昼間は別の仕事がある、そんな理由から夜の仕事を探している人は多いでしょう。しかし肉体労働であれば、翌日の体力に影響が出てしまいます。コンビニやファミレスのアルバイトも、地域によっては慌しさが絶えないことがあります。一方で、バーのアルバイトは夜の仕事でありながら、比較的落ち着いた時間を過ごすことができます。居酒屋のように、注文が殺到して忙しくなることはほとんどないので、余裕を持って仕事を行うことができます。そして、お酒が好きな人にとっては働きながらお酒を飲める最高の環境といえるでしょう。『仕事中にお酒を飲んでいいの?』と思う人もいるでしょうが、お客様からお酒をすすめられたり、話しかけられたりすることは頻繁にあります。そんなとき、節度は守りながらも一緒に楽しめる人であれば、バーの仕事はとても快適な時間となることでしょう。やりがいとしては、バーの空気の一部になっているという実感です。大人たちがいやしを求めて集まってくるバーは、独特の空気感がある場所です。そんな素敵な空間を形成する一部として働けることに、少なくないステータスを感じられるのではないでしょうか。

?こういう人に向いています

バーのアルバイトに向いている人として挙げられるのは、もちろん、バーテンダーを目指している人です。しかし、いくらお酒作りの能力が高くても、ある能力が養われていなければ、バーで働いていても壁にぶつかってしまうことでしょう。その能力とは『空気を読む力』です。バーで働くためには、ふたつの『空気』を読む必要があります。ひとつはお客様の空気です。バーは深夜に見知らぬ人同士が集まり、お酒を飲む特殊な空間です。ときには、特別な事情があってお酒を飲みたくなっている人もやって来るでしょう。そんなとき、バーのスタッフからどんなあつかいを受けるかが、お客様の心理状態に影響を与えることがあります。ささいな対応がうれしかったり、あるいは逆に心の傷になったりすることもありえるのです。そんなお客様の心を察して接する力がアルバイトにも求められます。2つ目は店の空気です。バーにはお店ごとにコンセプトがあり、通ってくれるお客様はお酒と同じくらい、あるいはそれ以上に店の雰囲気を愛しています。お店の一員として相応しい行動がとれているかどうかは、お客様を失わないために必要なポイントです。バーで働きたい人はお酒の知識だけでなく、空気を読む力も伸ばしていきましょう。

?面接の注意点

バーでアルバイトをしたい人は、面接時にどんなことを注意すればいいのでしょうか。まずは、真面目さです。バーの仕事は深夜から早朝まで、普通の仕事とはまったく異なる時間帯で営業をしています。バーに長い間勤めている人ならともかく、アルバイトとして新しく入ってくる人間が、夜の仕事の時間帯になじめるかどうかは、採用するにあたって重要な点です。学校や仕事と両立するつもりでいるならば、それが本当に可能かどうか、面接官は気にしてくることでしょう。あなたは真面目な性格をアピールして、シフトに対応できることを伝える必要があります。そして、お酒やバーが好きな人は強くアピールしてもいいでしょう。“好きなものを仕事にすると逆効果”という考えもありますが、バーには独特の雰囲気があるため、お酒や飲みの席が苦手な人にはなじみにくい世界です。時間帯や時給にひかれてアルバイトを始めても、空気が受け入れられずに辞めていく人はたくさんいます。もともとバーに通うことが好きだった人なら、空気を予想できるのですぐに職場に慣れるだろうと面接官は予想してくれる可能性が高くなります。バーに通う習慣がある人は、面接官に伝えてみると印象が良くなることでしょう。

バーのアルバイト求人!

本日のピックアップ求人
MY HUMBLE HOUSE TOKYO(マイハンブルハウストウキョウ)

給与:時給1000円
勤務地:東京都中央区
最寄駅:銀座一丁目駅など
雇用形態:アルバイト

MY HUMBLE HOUSE TOKYO(マイハンブルハウストウキョウ) のバイト
YEBISU BAR(エビスバー) ホワイティうめだ店

給与:時給950円
勤務地:大阪府大阪市北区
最寄駅:梅田駅など
雇用形態:アルバイト

YEBISU BAR(エビスバー) ホワイティうめだ店のバイト
YEBISU BAR(エビスバー) 銀座コリドー街店

給与:時給1200円
勤務地:東京都中央区
最寄駅:新橋駅など
雇用形態:アルバイト

YEBISU BAR(エビスバー) 銀座コリドー街店のバイト
YEBISU BAR(エビスバー) 銀座二丁目店

給与:時給1000円
勤務地:東京都中央区
最寄駅:銀座一丁目駅など
雇用形態:アルバイト

YEBISU BAR(エビスバー) 銀座二丁目店のバイト

採用課金型の求人広告掲載

レバレジーズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

プライバシーマーク

レバレジーズ株式会社は、「RapidSSL」使用許諾事業者として認定されています。

RapidSSL

ページトップへ