1.  > 
  2. 韓国料理のバイト

韓国料理バイト・アルバイト・求人

『韓国料理が大好き!』という人なら、一度は体験してみたい韓国料理店のバイト。ふだん、ただ美味しく食べているだけの韓国料理の裏側を知ることができるのは大きな楽しみといえます。異国情緒あふれるお店で、プルコギやチヂミなどの韓国ならではの料理を作ったりサービスしたりするのは、他の飲食店では決して味わえない醍醐味があります。韓国料理のマナーや日本人に人気の高い韓国料理のレシピの数々を学べるのも韓国料理店でバイトをする魅力のひとつです。韓国人のスタッフから韓国語を教えてもらえるかもしれません。また、キッチン志望の人は、お金をもらいながら韓国料理の腕も磨けてしまうのですから、まさに一石二鳥のバイトといえるでしょう。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

韓国料理店の仕事はホールとキッチンに分かれます。ホールは接客がメインです。オーダーを取って料理を運びます。開店前の店内清掃、調味料の補充、レジの会計などの雑務も欠かせません。キッチンでは調理がメインとなります。工場や市場から配送された食材の下処理をしたり、容器に分けて冷蔵庫に保管したりするなど、仕込み作業も大事な業務。素材を一から扱うこともあれば、すでに袋詰めされた調理加工済みの食材を解凍・加熱して調理することも。お店によっては、ドリンク作りや洗い物など、ホールとキッチンの区別なく任される業務があります。ドリンク作りは、サーバーから生ビールを注いだり、レモンサワーやジントニックなどのカクテル類を作ったりします。洗いものについては、大抵のお店で食器洗浄機を設置しています。作業は簡単で、下げられてきたお皿やお箸・フォークなどのカトラリーを食器洗浄機に入れるだけ。熱に弱いグラスなどは手洗いで。洗い終わったグラスとフォーク・スプーンなどのシルバー類は、清潔な布巾で磨き上げます。食器洗浄機に乾燥機能がついていない場合は、お皿も布巾で水気を拭き取ります。閉店後は清掃です。ホールは床のモップ掛けなどの店内清掃、キッチンでは調理器具の洗浄、調理台まわりの清掃、布巾・ダスターの洗浄漂白、ゴミ出しなどを行います。その他の業務として、在庫の確認をして食材を注文することも。また、定期的に備品や調味料などの在庫チェックがあります。

?身につくスキル

ホールでは、接客を通して社交性や明るく積極的な態度を身につけることができるでしょう。接客は、お客様の様子を観察して、他のホールスタッフと連携プレーでサービスをします。他のスタッフが食器を片付けたら、すぐさま自分がテーブルセッティングをするなど、チームワークがとても重要です。お客様の様子と他のスタッフの動きを意識しながら働くので、常に人の気持ちを考える習慣・気がつく習慣が身につくでしょう。また、気の合わないスタッフや感じの悪いお客様の相手をする場合でも、お客様のいる前では嫌そうな顔をせず、楽し気な態度を保たなくてはなりません。そのため、自分の感情をコントロールすることができるようになります。キッチンでは、韓国料理を学ぶことができます。調理器具の扱いから韓国料理の基礎知識まで、プロのシェフや先輩スタッフから教わることで料理の腕を磨くことができるでしょう。料理は熱いものは熱く、冷たいものは冷たく提供するのが基本。そのため、手際よく調理作業を進める必要がありますので、要領の良さを身につけることができます。また、調理は他のキッチンスタッフと協力しあいながら進めていくことが大事です。自分の作業だけに没頭していると、全体の作業が滞ってしまいます。まわりのスタッフのペースを把握しながら作業をすることが大事です。そのため、常にキッチン全体を考える余裕を持って仕事に臨むようになり、無駄のないスピーディーな動きを身につけることができるでしょう。

?メリット・やりがい

一番のメリットは、まかないがつくことでしょう。食費が浮くのはバイトさんにとって大変ありがたいものです。ほとんどの場合、まかないは無料か、従業員割引で格安に食べることができます。お店によっては、営業終了後にビールやワインを無料で飲ませてくれるところもあります。韓国料理のレパートリーを増やすことができるのもメリットのひとつです。ビビンバや豆腐チゲなどの韓国料理の作り方を学べば、ふだん家で作る料理に応用できるかもしれません。また、正しい生ビールの注ぎ方が学べますし、カクテル類の知識も深まります。そして、『あなたの接客はとてもよかった!』『美味しかった!』とお客様から感謝の言葉をいただけると、よりいっそうのやりがいを感じられるはずです。友達や恋人を作りやすいという点も魅力的です。ひとりパソコンに向き合うデスクワークと違い、韓国料理店の仕事はチームワークが大事。仕事中は密にコミュニケーションを取る必要があるので、お互いにより親しくなることができます。バイト同士で飲み会を開いたり、カラオケに行ったりするなど、仕事の枠を超えてプライベートでも仲良くなることができるのです。韓国料理店のバイトがきっかけで恋人ができることも少なくありません。

?こういう人に向いています

韓国料理店のバイトは、韓国料理が好き、接客が好き、もしくは興味があるという人ならどなたでもできます。確かに接客や調理の技術は大事かもしれません。でもそれ以上に、サービスや韓国料理に対する関心が大きい意欲のある人のほうが伸びる可能性が高いのです。飲食業の経験が豊かな人なら問題ないですが、未経験者であっても意欲があれば接客や調理の技術を身につけることができるのです。また、韓国料理店のような飲食業は肉体労働です。パソコン作業がメインのデスクワークは苦手という人でも、体を動かす仕事が好きでしたら、難なくこなすことができるはずです。また、ひとりきりで仕事をするより、他のスタッフと協力しあいながら働くのが好きという人にも向いているでしょう。将来的に自分のお店を開きたいという人には、良い勉強の場となるはずです。独立精神のある人でしたら、飲食店の経営方法を学ぶことができます。オーナーの視点からトータルにお店の仕事を考える習慣が身につくでしょう。スタッフと良好な関係を築ければ、自分のお店の立ち上げを手伝ってくれるかもしれません。また、お給料をもらいながら韓国料理を学べるのですから、料理学校に通う余裕がない人にとっては絶好の修行の場となります。

?面接の注意点

面接では、志望理由を明確に伝えることが大事です。といっても深い理由が必要なのではなく、『韓国料理が大好き!』といった単純な理由で構いません。韓国料理に興味があるから働いてみたいという気持ちが面接官に伝わればよいのです。経験者は自分のスキルをしっかりアピールしましょう。もちろん、未経験者でも本人の意欲が伝われば、評価されて採用につながることは十分にあり得ます。面接時の服装ですが、飲食業界は服装についてはそれほどうるさくありません。いわゆるオフィスカジュアルと呼ばれる、シャツとパンツ、ワンピースといったラフな格好で構いません。ただし、さっぱりとした清潔感のある服装で、派手な柄は避けたほうが無難です。飲食店の仕事では、なによりも清潔感が求められます。面接時の髪型は、男性は短め、女性は長い髪はまとめるなど、すっきりとした髪型にしたほうがよいでしょう。特に男性は、ヒゲをきちんと剃って、爪をきれいに切ることが大事です。女性は、派手なネイルアートは禁物です。面接官に悪印象を与えかねません。面接時の服装や髪型だけで合否が決まるわけではありませんが、第一印象は非常に大事です。清潔感を心がけて、面接官に好印象を与えるようにしましょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ