1.  > 
  2. パン屋・ベーカリーのバイト

パン屋・ベーカリーバイト・アルバイト・求人

パン屋・ベーカリーのバイトは、パンの製造および販売を行う仕事です。パンに囲まれて働くことになるので、パン好きの人にはおすすめのバイトです。同じパン屋・ベーカリーのバイトでも、販売スタッフと製造スタッフでは仕事の内容に大きな違いがあります。販売スタッフは商品の販売や店舗の清掃など、製造スタッフはパンの製造を担当します。人と接するのが好きな人には、客と触れ合うことのできる販売スタッフが向いています。また料理に興味がある人は、製造スタッフ向きです。特にパン作りの工程を一貫して行うお店に勤める場合、製造スタッフとして働くことで、パン作りのスキルを身につけることができます。将来その道に進みたい人にとっては、貴重な経験ができるでしょう。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

パン屋・ベーカリー内で、お店のスタッフとして働くお仕事です。お店の規模にもよりますが、2つの職種に分けてスタッフを募集していることが多いです。1つ目は『販売スタッフ』です。パンの販売や接客、レジ打ち、お店の清掃などを担当します。トングやトレイの補充、商品の陳列、試食品の提供も、販売スタッフの仕事です。またカフェを併設しているパン屋やベーカリーでは、ドリンクの提供といったカフェ業務が加わることもあります。勤務時間はお店の営業時間、およびその前後の時間帯から、自分の入れるシフトを選んで働くことになります。2つ目は『製造スタッフ』です。主にパンや焼き菓子といったお店の主力商品の製造に関わります。生地作りや成形、オーブンの管理といった調理関係は、このスタッフのお仕事です。最初は簡単な作業から任せてもらえるので、パン作りの経験がない人でもやる気さえあれば採用されます。経験を積んでいけば、次第に高度な仕事をさせてもらえるようになります。製造スタッフは、開店に合わせてパンを焼き上げる必要があるため、早朝からシフトが始まることが多いです。その代わり午前中のみの勤務にすることも可能です。もっとも小さな個人経営のお店などでは、製造スタッフが販売スタッフを兼ねていたり、逆に販売スタッフが製造のお手伝いもしたりといったケースもよく見られます。応募する前に、仕事の内容を一度確認しておいたほうがよいでしょう。

?身につくスキル

販売スタッフと製造スタッフでは、仕事の内容が大きく異なります。そのため担当する仕事によって身につくスキルも大幅に変わってきます。販売スタッフの場合は、れっきとした接客業になります。そのため、客への対応や敬語の使い方といった接客スキルの向上が期待できます。またレジ打ちや試食販売のスキルも身につきます。特に今後フード系の販売スタッフとして働きたい人にとっては、転職・就職活動の際に有利です。さらにカフェ業務もあるお店では、ドリンクの作り方などカフェで働くときに必要な知識も学ぶことができます。また製造スタッフの場合、パン作りに必要な知識や技能などを学ぶことができます。将来パン職人やパティシエになりたい人、趣味でパンを作っている人にとって、パン屋・ベーカリーバイトの製造スタッフは、働きながら自分の腕を磨ける職場です。独学で習得するのは難しいプロの職人技を、間近で観察することができます。ただしパン工場やスーパー内のベーカリーなどで働く場合には、ラインにおける流れ作業や、冷凍生地を焼くといった作業を“製造”と呼んでいることがあります。パン作りの技術を学びたいなら、個人経営のお店など、店内ベーカリーですべての作業を一貫して行っているお店を選びましょう。もっともどの職場で働くにせよ、製造スタッフには売り物になるような商品を手際よく製造していくことが求められます。そのため正確に、素早く作業をこなす能力が身につくでしょう。

?メリット・やりがい

パン屋・ベーカリーで働くメリットは、美味しいパンに囲まれて働くことができるということです。勤務先によっては、売れ残りのパンをスタッフに無料で配ってくれるところもあります。そういった職場を勤務先に選べば、普段の食費を削減することが可能です。また新作のパンを発売することになったときには、試作品を試食させてもらえることもあります。スタッフの職種に関係なく、パン好きなら楽しく働ける職場です。小さなお店では、スタッフのアイデアがそのまま新商品に活かされることもあります。『自分の考えたパンが店頭に並ぶ』という達成感を味わうことができます。また販売スタッフは、直接客と触れ合うことのできる仕事です。いろいろな人と出会えますし、常連客との会話を楽しむこともできます。特に人と接することが好きな人にとっては、やりがいが感じられる仕事といえるでしょう。製造スタッフとして働くなら、自分の作ったものを人に食べてもらえる、というフードの仕事ならではのやりがいを感じられます。さらにスタッフがパン作りの全行程に関わるお店で働く場合には、パン作りのスキルが向上します。料理に興味がある人は、向学心を大いに満たすことができるでしょう。

?こういう人に向いています

パン屋・ベーカリーのバイトでは、1日中パンと関わって働くことになります。したがって、まずパンが好きという人であれば、このバイトに適性があるといえるでしょう。その上で、販売、製造、どのスタッフを選択するかは、個人の性格と目的によって変わってきます。まず販売スタッフに向いているのは、明るく社交的で、人と接するのが好きな人です。接客業なので、自分の接客スキルに自信がある人なら大いに活躍が期待できるでしょう。さらに商品の袋詰めをしたり、レジ打ちをしたり、といった作業もあるので、細かい作業を手早く丁寧にこなすのが得意な人も向いています。製造スタッフの場合、あまり接客スキルは問題になりませんが、その分料理やパン作りへの興味や熱意が問われます。料理好きな人、あるいは料理未経験でも調理の仕事に興味のある人であれば、楽しく仕事を覚えることができるでしょう。ちなみに製造スタッフの業務内容には、重い粉類を持ち運んだり、粘りのある生地をこねたり、といった力仕事も多いです。またシフトの都合上、早起きする機会も増えます。そのため体力に自信がある人や朝型体質の人は、そうでない人より、早く職場に順応することができます。

?面接の注意点

パン屋・ベーカリーのバイトは、フード系のお仕事になります。そのため応募する職種にかかわらず、清潔感が大切です。面接にいくときは、スーツなどのきちんとした服装をし、髪型やメイクなども清潔感を第一に考えて整えるようにしましょう。ピアスや長髪、ネイルアートなどには要注意です。髪は短髪かまとめ髪、爪はマニキュアを塗らずに短く切るのが望ましいです。ピアス禁止の職場も多いので、できるだけ外したほうが無難といえます。女性の場合、化粧は薄めのナチュラルメイクを心がけましょう。面接においては、志望動機や自己PRなどがよく質問されます。途中で答えに詰まってしまわないよう、質問されそうな事項はあらかじめ具体的にまとめておくのがおすすめです。パン屋・ベーカリーのバイトの面接では、受け答えの態度が重視されます。まず販売スタッフは接客業だけに明るさや感じの良さが大切になります。また製造スタッフは、仲間とのチームワークが重要な仕事です。そのため一緒に気持ちよく働けそうな人を採用する傾向があります。どの職種を希望する場合においても、面接での受け答えは、面接担当者の目をきちんと見て、笑顔ではきはきと行うようにしましょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ