1.  > 
  2. 試食販売のバイト

試食販売バイト・アルバイト・求人

スーパーやデパ地下でよく見るさまざまな試食コーナー。目の前でジュージューと焼かれるお肉などは、その音とにおいにつられて、ついつい足をとめてしまいますよね。そんな試食の販売員ですが、そのほとんどは派遣会社から派遣されたアルバイトです。特別なスキルは必要ないので、最短1日から募集しているところもあります。週払い・日払いを採用しているところも多く『今すぐ現金が欲しい!』という方にも魅力的ですよね。そんな誰でもできる試食販売ですが、“誰もが同じように”とはいかないのがこの仕事の面白いところ。同じ場所で同じ商品を売っても、ベテランと新人では倍以上差がついてしまうことも珍しくありません。短期で稼ぎたいという方はもちろん、人と関わるのが好きという方は長期でじっくり接客マナーや営業力を磨いてみてはいかがでしょう?

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

試食販売の主な仕事は、その名の通り試食を作ってお客様に食べていただくこと。販売する商品はステーキやソーセージ、新商品のドリンクやブランドものの果物など多岐に渡ります。“焼く・切る”などその場で調理することもありますが、難しい作業はありません。ベテラン販売員の中には、お客様を引き寄せる独自のノウハウを持っている方もいますが、初心者ならまずは笑顔で声をかけ続けることが基本です。試食コーナーでは受け取ってもらえなかったり、逆に買う気もないのに何度も試食に来たりと、さまざまなお客様がいるもの。特別なスキルは必要ありませんが、常に笑顔を心がけ、めげない心が大切です。試食販売員は、そのお店のスタッフではなく、派遣会社から派遣されます。まずは派遣会社へ登録を行いましょう。登録後自分の都合に合った日時・場所の仕事を選び、出向します。仕事の主な流れとして、まず前日や当日朝、派遣会社へ確認の電話を入れるところから始まります。出向先のスーパーについたら、対象商品の担当者に挨拶をし、売り場を準備。その後、試食販売を行い、時間になったら片付けをして担当者にサインをもらい終了となります。会社によっては終了後も派遣会社への電話連絡を義務付けている場合もあります。最短で1日から募集しているところもありますが、指定の服装やテーブルクロス、調理器具などを自分で用意しなければならない場合もあるので事前に確認しておきましょう。また、交通費や試食で使う商品の代金は後払いのところが多いので、事前にある程度の出費は覚悟が必要です。

?身につくスキル

試食販売の大きな特徴としては、毎回商品も販売場所も異なるということ。固定の店舗でのアルバイトに比べ、さまざまな客層やスタッフと接する機会が増えます。デパ地下と下町のスーパーでは客層や雰囲気も大きく異なるでしょうし、果物と肉では売り方も違ってきます。ただ配るだけなら簡単ですが、それでは仕事の楽しさもやりがいも感じられません。売れなかったからといって何かペナルティーがあるわけではありませんが、より多く配ってお客様にも売り場担当者にも喜んでもらいたいですよね。そのためには、商品ごとに自分なりに接客を工夫することが必要です。まずは自分で試食して味や香りの特長をつかみ、聞かれたときに説明できるようにしておきましょう。主婦に向けてはお得感や調理のしやすさを説明したり、1度に食べきれない年配の方には日持ちの良さをアピールしたり。試食を受け取ってもらうためのコツを探るうち、自然とコミュニケーションスキルや営業スキルはあがっていきます。また、いろいろな方と接する仕事なだけに、時には嫌な思いをすることも。それでも途中で投げ出すわけにはいかないので、続けるうちに精神的にも強くなります。『人見知りだけど、1日だけ頑張ろう』と応募したのに、1日いろいろな方に声をかけ続けるうち、初対面の人でも声をかけるのが怖くなくなり、自信につながったということもあります。これら試食販売で培ったスキルはどんな仕事をするときにも役立つはずです。

?メリット・やりがい

一番のメリットは、自分の好きなときに働けること。例えば、『平日は学校があるので、予定のない土日だけ働きたい』『今月は出費が多かったので月末にまとまったお金が欲しい』など、都合に合わせて自由にシフトを組むことができます。時給も1,000~1,500円と高めに設定してあるところが多いので、短期であってもしっかり稼ぐことができます。また、アルバイトでネックとなるのが上司や同僚との人間関係。毎回出向先が変わる試食販売では、職場で仲間を作るのが難しい反面、人間関係のわずらわしさもありません。そして、試食販売も接客業の一種です。やはり、そのやりがいはお客様に喜んでいただけることです。『試食をしておいしかったから』と商品を手にとってもらえたときはもちろん、同じ店舗に何度もいくことがあると、常連の中には販売員のファンになって毎回購入してくれる方もいます。そのとき、忘れてはいけないのが、商品を買いに来る方だけでなく、店舗のスタッフも試食販売員にとってはお客様だということ。目標の売り上げを達成して『今日はありがとう』と感謝されたときや、接客を気に入って『次回も君にお願いしたい』と指名してもらえたときなどは、大きなやりがいを感じられるはずです。

?こういう人に向いています

さまざまな人と関わる試食販売の仕事は、人が好き、多くの人と話したいという人に向いています。コミュニケーションスキルはもちろん高いに越したことはありませんが、例え人見知りであっても、克服したいという気持ちがあるなら大丈夫。コミュニケーションスキルも仕事の中で自然と磨かれていきます。また、商品のプレゼン能力や接客マナー、どの年齢層とも隔てなく話す機会があるこの仕事は、学生にもおすすめ。ある程度長く続けていけば、就活の際のアピールポイントにもなります。そして、自分の成果が販売数という目に見える形でハッキリと出るのもこの仕事の特長。もちろん、天候やイベントなど自分の努力の及ばない要因もありますが、チームではなくひとりで働く試食コーナーでは、その商品の売り上げがそのまま自分の評価になります。プレッシャーをやりがいに感じられる、負けず嫌いな人にも向いているでしょう。最後に、長時間立ちっぱなしのこの仕事は体力がなければ務まりません。直前に体調不良でドタキャンすれば、店舗にも派遣会社にも迷惑がかかるだけでなく、次回から仕事をもらえなくなることもあります。体が資本だということを忘れず、普段から体調にも気を配る必要があります。

?面接の注意点

派遣会社への登録の際は、特別な面接などない場合がほとんどです。服装も、あまりにも派手な格好でなければカジュアルでOK。ただし、登録後は食品を扱うということをきちんと認識し、清潔感のある格好を心がけましょう。特に、食品を扱う上で指先の清潔感は重要です。ネイルをしている場合は落とし、爪が伸びていないかチェックしておくといいでしょう。また、会社によって条件は異なりますが、先行投資が必要な場合もあります。どんな調理器具や洋服が必要なのか、交通費や使用する食材はいったん立て替えが必要なのかなど、事前に確認しておくようにしましょう。例えば調理器具を新たに自分でそろえる必要があっても、そのほとんどは普段から使える一般的なもの。ホットプレートなども、安いものでは3,000円程度から手に入るので、何度か働くつもりであれば、経費を差し引いても十分高時給だったりします。登録会での説明を聞いて『最初にお金がかかるなんて、思っていたのと違う!』とならないよう、きちんと計算しておきましょう。それらの条件が合うなら、さまざまな方と接する機会がある試食販売は、お金を稼ぎながら自分を磨くまたとないチャンスになりますよ。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ