1.  > 
  2. ドラッグストア・薬局のバイト

ドラッグストア・薬局バイト・アルバイト・求人

ドラッグストア・薬局のバイトは、私たちの生活に非常に身近な職種といえます。専門職と一般職にわかれることも特徴的な仕事です。薬剤師の方の場合は、バイトの時給は平均2,000円前後とかなり高額です。一方、一般職の場合でも他のバイトに比べると高めで、登録販売者の資格を取得するとさらに給与の上乗せが期待できます。また、この仕事には清潔感やコミュニケーション能力が要求され、ドラッグストアで勤務する場合は、ある程度の体力も必要でしょう。そこで、面接のときには、清潔感があって控えめな服装、メイク、髪型で臨み、質問にはハキハキと答えて元気で愛想のよい点をアピールするのがよいのではないでしょうか。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

ドラッグストア・薬局のバイトは薬剤師の資格取得者による専門職とそれ以外の一般職に分かれます。専門職の場合は、お客様から症状を詳しく聞き、それに合った薬をおすすめするのが主な仕事です。それに対して、一般職の仕事は多岐にわたり、清掃、品出し、商品整理、レジ打ち、接客などの業務があります。特にドラッグストアは、医薬品の他に、日用品、食品、化粧品なども販売しているので、お客様の質問に答えられるように幅広い商品知識が必要です。まずは、商品の陳列場所をきちんと覚えるところから始め、徐々に商品の中身についても説明できるように学習を積んでいきます。ちなみに、薬局といえば、力仕事とは無縁のイメージですが、栄養ドリンクなど重い商品も多いので、品出しは肉体動労の面もあります。また、2009年からは薬剤師の資格はなくても比較的取得が容易な登録販売者という資格があれば一般用医薬品のうち、第2類医薬品と第3類医薬品を販売できるようになりました。したがって、登録販売者の資格取得者も薬剤師に類する仕事を行えます。ただし、副作用のリスクが高い第1類医薬品は販売できないので注意が必要です。さらに、ドラッグストアでは化粧品販売のバイトが募集されるケースがあります。お客様にメイクを試してもらい、最適の化粧品をおすすめするのが主な仕事です。当然、メイクや美容に関する知識が重要ですが、それらは研修やマニュアルによっても学習できるため、初心者歓迎の職場も多いようです。

?身につくスキル

薬局のバイトの求人には薬学部の学生を対象としたものが多くあります。そうしたところをバイト先に選べばプロの薬剤師からしっかりとした指導をしてもらえると同時に、実務経験ありというアドバンテージを得られるため、就職活動に有利です。そのうえ、実践的な知識も学べるので資格試験のための勉強にもなります。また、薬学部の大学を卒業していなくても、現在は登録販売者の資格を取得することで薬剤師に類する仕事ができます。現場で経験を積んだ資格者はドラッグストアでも重宝するため、店によっては資格取得を支援しているところも少なくありません。上手くいけばお金を稼ぎながらスキルアップが可能です。一方、資格取得を目指していない人でも薬局のバイトを通して薬に詳しくなれば自分や家族の健康管理のために役立ちます。薬以外にも、日用品や食品など関する売れ筋や特徴を把握することで買い物上手になれるというメリットもあります。特に女性の場合は、ドラッグストアで化粧品販売のバイトを選択すればコスメに関する知識が広がります。常に最新情報をチェックしながらお客様に化粧品をすすめる仕事をするわけですから自然と美容に関して詳しくなれるのがうれしいところです。さらに、接客対応の多い仕事なのでコミュニケーション能力が鍛えられます。言葉使いや電話対応のスキルはもちろん、薬局の場合は体調を崩して訪れるお客様が多いので、人に対する心遣いや気配りを学ぶよい機会となるでしょう。

?メリット・やりがい

薬剤師にとって、薬局のバイトの一番のメリットは時給の高さです。平均時給は2,000円前後なので、通常のバイトよりかなり高額になります。また、一般職のバイトでも他と比較すると時給は高めです。そのうえ、登録販売者の資格を取得すれば薬剤師ほどではないにしろ、給与の上乗せも期待できます。それに、薬剤師のバイトはフルタイムではなく、忙しい時間帯だけ募集しているところが多いため、長時間働けない主婦が効率よく稼ぐにはぴったりの仕事です。さらに、薬局には毎月、日用品や化粧品の無料サンプルが送られてきます。それをいち早く試せるというのも薬局ならではの特典です。そして、お店によっては社員割引があるというメリットもあります。ドラッグストアの場合は、食品や日用品などの生活必需品が多いため、主婦やひとり暮らしの学生にとっては大助かりでしょう。同時に、ドラッグストア・薬局のバイトは非常にやりがいのある仕事でもあります。なにより、体調を崩されたお客様の治療の手助けをすることで、社会の役に立っているという実感を得られます。あるいは、陳列場所の案内や商品の内容の説明をして『ありがとう』という感謝の言葉を聞くだけでもうれしいものです。

?こういう人に向いています

薬局は基本的に接客業なので、人とのコミュニケーションが得意な人に向いています。主に、病気やケガをしているお客様と接するわけですから、人の苦しみを理解できる思いやりが大切です。それに加えて、愛想のよさと人に安心感を与える落ち着きがあればいうことはありません。薬剤師に関しては、薬の知識も重要ですが、同時に、お客様の話を聞いて適切な薬を選択できる判断力が問われます。そして、自分の判断がお客様の健康を左右するのだという自覚と責任感を持てるかどうかが重要です。これは、薬剤師だけでなく、お客様に化粧品もおすすめする化粧品コーナーの販売員にも同じことがいえます。一方、ドラッグストアの一般職員はコミュニケーション能力に加え、品出しなどの力仕事もあるので、ある程度の体力は必要です。また、店には風邪やインフルエンザなどにかかっているお客様も数多く訪れるため、病気をうつされやすい人は気をつけた方よいでしょう。さらに、薬局の従業員は清潔感が重視されます。身だしなみがきちんとできない人はこの仕事には向いていません。同じ理由から、ネイル、ピアス、指輪などの着用は厳しく制限されている場合があります。それらを外して働けるかも薬局で働くうえでの条件になります。

?面接の注意点

薬局のバイトの面接で重視されるのは清潔感です。そのため、だらしない服装や濃いメイクはそれだけでマイナスポイントになります。面接の際は、控えめで清潔感のある服装、メイク、髪型でそろえるのが賢明です。また、接客中心の仕事なので、面接官の質問には元気な声でハキハキと答え、お客様への対応も問題なくできることをアピールしましょう。もし、接客業の経験があれば志望動機として、『接客の経験を生かしたい』と述べ、自然な笑顔や丁寧な言葉遣いで説得力を持たせれば好印象につながります。さらに、『週にどのくらい入れますか?』という質問に対しては、店が忙しい土日祝日に入れることを強調すると有利になる場合があります。それと、『いつから入れますか?』という質問には、『採用が決まったら、いつからでも可能ですといった具合になるべく早い日程を答えられるようにしましょう。店側としては人手不足で募集をだしているわけですから、1日でも早く入ってもらって仕事を覚えてほしいと思っているからです。特に、ドラッグストアは覚えるべき事柄がたくさんあるため、入れるのが何週間も先となると、一人前のバイトとして使えるようになるのは先になると判断され、不利になる可能性があります。

ドラッグストア・薬局のバイト・アルバイト・求人!

本日のピックアップ求人
V・drug(V・ドラッグ) 春日井関田店

給与:時給900円
勤務地:愛知県春日井市
最寄駅:春日井駅など
雇用形態:アルバイト

V・drug(V・ドラッグ) 春日井関田店 のバイト
V・drug(V・ドラッグ) 下新店

給与:時給830円
勤務地:富山県富山市
最寄駅:インテック本社前駅など
雇用形態:アルバイト

V・drug(V・ドラッグ) 下新店 のバイト
V・drug(V・ドラッグ) 中村公園前店

給与:時給900円
勤務地:愛知県名古屋市中村区
雇用形態:アルバイト

V・drug(V・ドラッグ) 中村公園前店 のバイト
V・drug(V・ドラッグ) 武生店

給与:時給810円
勤務地:福井県越前市
最寄駅:北府駅など
雇用形態:アルバイト

V・drug(V・ドラッグ) 武生店 のバイト

採用課金型の求人広告掲載

ページトップへ