1.  > 
  2. ダーツのバイト

ダーツバイト・アルバイト・求人

飲み会のにぎやかな雰囲気が好きな人や、ダーツで遊ぶことが好きな人におすすめのアルバイトがダーツバーです。お酒を飲みながら、お客さん同士や店員と楽しくダーツができるダーツバーは、大人の遊び場として定番となっています。明るく人見知りをしない人であれば、アルバイト店員の仕事を楽しく行えることでしょう。しかし、もちろんダーツバーのアルバイトはダーツをするだけでいいわけではなく、それ以外にもさまざまな業務をこなす必要があります。ダーツバーのアルバイトに求められているのはどんな役割なのでしょうか。ここでは、ダーツバーの仕事内容や働くメリット、やりがい、面接時に注意すべきことなどについて具体的にまとめてみました。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

ダーツバーの仕事内容は、基本的には普通のバーと同じです。アルバイトに求められることはまず、お客さんに飲み物や食べ物を用意して、カウンターやテーブルに運ぶことから始まります。仕事が慣れていくにしたがって、飲み物を作る工程も任されていくことになるでしょう。しかし、それだけでは飲食店のウェイターやウェイトレスと同じです。バーで働く際に気をつけなければいけないのは、お店の雰囲気作りに、積極的に参加していくことです。バーを訪れるお客さんは単にお酒を飲みたいだけではなく、バーの雰囲気が好きで、心地よい空間に浸りたいと願っています。そのため、アルバイトもお客さんが店にいる時間を楽しめるよう、話しかけたり、率先して盛り上げたりする大切な役目を背負っているのです。そして、ダーツバーではダーツが盛り上げの道具になります。年齢や性別に関係なく、誰でも参加できるダーツは店内の交流にぴったりです。アルバイトはお客さん同士のゲームを見守ったり、ルールを教えたり、時には自分もお客さんの相手をしたりして、交流が円滑に行われるよう努めます。また、お酒を飲んでいるお客さんがゲーム中に喧嘩をしたり、道具を壊したりするなどのトラブルを起こさないよう、監視しておく必要もあります。なかには、ダーツに興味を示さずに静かにお酒を味わいたいお客さんもいるので、お客さんがどんな風に時間を過ごしたいのか見極めるのも仕事のうちだといえます。

?身につくスキル

ダーツバーのアルバイトを通して身につくスキルは、なんといっても人間関係の構築が上手くなることです。バーにとって、店員とお客さんが仲良くなることはとても重要です。数あるバーの中から、お客さんがいきつけのバーを決めるのは、メニューと同じくらい、あるときはそれ以上に店員への印象が要因になるからです。親しく話せる店員がいれば、お客さんはひとりで飲み歩いているときでも、店に来てくれるようになります。そのため、アルバイトは来てくれたお客さんすべてが常連になってもらえるくらいの気持ちで接客を行う必要があります。こうした心がけを実践していくと、お客さんのさまざまなタイプが見えてくることでしょう。明るく元気に見えていたお客さんが実は寂しがり屋の裏返しだったり、物静かでシャイに見えていたお客さんが話しかけられると饒舌になったり、人間のひと筋縄ではいかない人間性を理解できるようになるのではないでしょうか。そして、タイプごとに違ったコミュニケーション術があることに気がつくはずです。どんなタイプのお客さんとも分け隔てなく親しくなれるようになれば、かなりのコミュニケーションスキルが身についたといえるでしょう。その能力は、飲食店で働くことを目指す人ならもちろんですが、ほかの職業に就いても応用が効き、頼もしい武器となってくれます。たとえば、気難しい上司や取引先とのコミュニケーションも、物怖じせずに行えるようになるでしょう。

?メリット・やりがい

ダーツバーで働くメリットとしては、お酒やダーツが好きな人なら、好きなものに囲まれて仕事を行える点が挙げられます。お会計やお酒を用意したりする仕事もあるものの、大部分の時間はお客さんと会話しながら過ぎていくので、あまり『労働』という気持ちを抱くことなく、楽しみながら就業時間を過ごすことができるでしょう。また、ダーツの上達ができることもメリットのひとつです。ダーツはひとりでも練習できるものの、やはり他人と競い合うことで成長は早くなります。ダーツバーで働いていると、しばしば上級者がお客さんとして訪れるので、対戦したりプレーを見たりしているうちに、技術を吸収することも可能になるでしょう。また、お酒が好きな人にとってのメリットは、お客さんからお酒を奢ってもらえることがたびたびあることです。深酔いしない程度なら、出勤のたびにお酒にありつける可能性があります。ダーツバーで働くやりがいとしては、お客さんの楽しい時間に貢献できることです。お客さんと親しくなると、ひとりでもスタッフの顔を見に店を訪れてくれます。そうなるとますます仕事が楽しくなりモチベーションもアップしていくでしょう。

?こういう人に向いています

ダーツへの知識がある人、ダーツの腕前に自信がある人はダーツバーでのアルバイトに向いています。ダーツバーでは採用されてから、ルールや技術を学ぶことができるのでダーツの経験は絶対的な条件ではありません。それでも、ある程度の知識があったほうが、仕事をスムーズに行えます。たとえば、ダーツ初心者のお客さんが来たときに、遊び方を丁寧に教えることができます。上級者のお客さんが来たときも、対戦しがいのある相手として重宝されますし、ダーツについての話で盛り上がることもできます。ダーツが好きな人にはぴったりの職場だといえるでしょう。ダーツのほかには、お酒好きな人にもおすすめのアルバイトです。お客さんからお酒をすすめられたときに断らなくても済むよう、人並にお酒が飲める体質であるほうが困らないでしょう。性格的には、人と話すことが好きなタイプが向いています。ダーツバーのアルバイトではお客さんを選べるわけではないため、すべてのお客さんと親しく接することができるよう、どんな人にも物怖じしない必要があります。引っ込み思案な人よりも明るくて社交的な人のほうが、ダーツバーの雰囲気には溶け込みやすいといえます。

?面接の注意点

ダーツバーで働きたい人は、面接時にどんなことを注意すればいいでしょうか。まず、優遇されるのはバーや飲み屋での経験者です。ダーツバーに限らず、お酒を出すお店には大人の社交場としての独特な雰囲気があります。通いなれていない人であれば雰囲気にのまれてしまうこともしばしばです。また、見知らぬお客さんと楽しく会話するのも、未経験者ではいきなり上手くできない人も多いでしょう。そのため、すでに飲み屋での勤務経験がある人は業界内で重宝されます。経験者は仕事の覚えが早いだけでなく、前のお店で仲良くしていたお客さんを連れてきてくれる可能性も期待されるからです。経験者はその旨を履歴書に記入するだけでなく、具体的な業種や仕事内容なども明かしたうえで、どんな能力があるのかを自己PRしましょう。未経験者であっても、明るく話し好きな人であれば、面接官は好印象を抱きます。面接官をお客さんだと思って、礼儀をわきまえながらも心をつかむ工夫をしてみましょう。笑顔を絶やさない、会話を膨らませる努力をするなど、相手が気持ちよく過ごせるように考えることです。面接官が、あなたがカウンターに立つ姿を想像できるようなら、採用の確率は高まるでしょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ