1.  > 
  2. 映画館のバイト

映画館バイト・アルバイト・求人

アルバイトにはいろいろな職種がありますが、映画館でのアルバイトをやってみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。『映画が無料で見られる』『将来的に映画に関連すする仕事につきたいから』などの理由で映画館でのアルバイトを志望する方が多いようです。映画館でのアルバイトは主にチケット販売やお客様の誘導といった接客業務が中心となり、接客スキルを磨くのにも適しているといえるでしょう。話題の映画や公開前の作品を無料で鑑賞できる、映画情報に詳しくなれるなどメリットも大きい仕事ですので、映画が好きな方にとっては楽しくやりがいのある職場だといえるでしょう。映画館のアルバイトに応募するときは面接時に聞かれる質問とその答えをある程度把握しシミュレーションして用意しておくと受け答えがスムーズになるでしょう。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

映画館でのアルバイトの仕事は主に3つに分担することができます。ひとつはボックス係と呼ばれるチケット販売の仕事です。映画館では入り口にてチケットを販売していますので、お客様が来場されたら希望する映画、開館時間、必要とされるチケットの枚数をうかがいます。近ごろは映画館でもチケット購入時に座席指定ができるところが増えましたので、お客様に空いている座席を案内したうえでどこの席に座るかを決めてもらうようにします。他にも上映時間を案内する、電話応対をするなどの業務も含まれています。2つ目はフロアを呼ばれる作業になります。フロアは主に案内と販売業務が中心です。上映時間が近づいてきた映画に関して会場に案内するアナウンスを入れて、お客様が会場に入る前に上映時間と映画の題名を確認して会場に誘導します。販売は主に映画関連グッズの販売と飲み物、食べ物の販売です。規模の大きい映画館になると販売業務に関しては専任のスタッフが行うケースが多く見られます。グッズや食べ物の販売を専任スタッフが行う場合でも、在庫や衛生管理を任せられることもあります。3つ目は映写の仕事になります。映画館のアルバイトといえば映写の仕事を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。映写は映画上映のための準備と音声、映像を調整する仕事であり、ある程度専門的な知識を必要とするため研修を受ける必要が出てきます。映像の仕事は失敗が許されませんので映像に関する知識だけでなく責任感を伴います。

?身につくスキル

映画館でのアルバイトは主に接客中心になりますので接客スキルが身につきます。映画館でアルバイトの主な仕事は『お客様にチケットを販売する』『適切な会場へお客様を誘導する』など接客業がメインで不特定多数のお客様が映画館に来館します。仕事を通じて清潔感のある身だしなみ、丁寧な言葉づかいが身についていくことでしょう。『お客様がチケットをなくされた』『上映途中で具合が悪くなってしまった』『飲み物や食べ物をこぼしてしまった』といったトラブルやクレームが起こることもありますので、不測の事態にも臨機応変に対応できるスキルも磨かれていきます。営業力も身につけられます。映画館はお客様が来場するのをも待っているようなイメージが強いですが、それだけでは映画館の売上アップに貢献できません。映画館に足を運んでもらうだけでなくフードやグッズ、ドリンクの売上を伸ばすことで映画館全体の売上を上げることができるのです。来場されたお客様に呼び込みや宣伝活動を積極的に行うことでそれが売上増につながることもあります。このようなスキルは社会人になってからも多いに役立つスキルだといえるでしょう。映画館によっては上映前の映画をスタッフに見せるようにしている職場もあるため自分自身の芸術的感性を磨くのにも役立ちます。将来的に映画関係の仕事につきたい、役者として働きたいなど映画や映像に関連する仕事につきたい方には参考になるスキルを習得できるのです。

?メリット・やりがい

映画が好きという方には映画館でのアルバイトはメリットややりがいが十分感じられます。メリットのひとつとして挙げられるのが映画を無料で観ることができる点です。映画館のスタッフが映画の内容について質問を受けたときに、きちんとした受け答えができるようにしておくという理由があるからです。ただしアルバイトをする映画館によっては映画鑑賞の際に条件が設けられていますが、福利厚生の一環としてアルバイトにも上映前の映画をほとんどすべて見せてくれるところもあるようです。話題の映画や気になる映画を無料で見られますので映画が好きな人にとってうれしいですし、将来的に映画関係の仕事につきたいという方にはとても勉強になるアルバイトだといえます。映画に関して詳しくなれるのもメリットです。現在公開中の映画だけでなく近日公開予定の映画の最新情報を取得できます。その情報を友人や知り合いに教えることもできますし、自分が観てみたい映画を決めるときの参考にもできます。仕事で得られるやりがいはお客様が映画を観て喜んでいる顔が見られることです。上映前から映画を楽しみにわくわくしているお客様、映画を観て感動したり、笑ったりして満足そうに帰っていくお客様を見ることが仕事のやりがいにつながるのです。

?こういう人に向いています

何でもそうだと思いますが、仕事には良い面もありますし悪い面もあります。それでもがんばって仕事を続けようと思うのはその仕事が好きだからという気持ちです。映画館でアルバイトをするのに向いているのは基本的に映画が好きであるということです。仕事上で映画を観る機会があるところもありますし、お客様にレビューを求められた際に応えられるよう、映画に関する情報や知識を身につける必要が出てきます。映画が好きなら映画に関する情報や仕事を覚えるのも楽しく感じられるでしょう。接客が好きという方も映画館のバイトに向いていると考えられます。映画館のアルバイトの大半が接客業務になります。人とふれあうことや、お客様が喜ぶ顔を見ることにやりがいを感じられるような方は映画館のアルバイトの仕事に向いています。また多少の忙しさでも耐えられる体力のある方も向いていると考えられます。土日や祝日といった休日やサービスデーのとき、人気映画の公開日などには映画館は非常に混み合うことがあります。混雑時でもお客様をできるだけお待たせしないように映画チケットを販売する、フードやドリンク、グッズを販売しなくてはいけないのです。それに対応できる体力があると仕事中に集中力が途切れず、お客様に接することが出来るでしょう。

?面接の注意点

映画館でのアルバイトを希望する場合は、求人情報をチェックして希望する求人に応募する必要があります。アルバイトでも必ず面接がありますので、面接に合格できなければ採用してもらえません。面接で面接官に好印象をもってもらえるように受け答えを練習しておくと安心です。映画館のアルバイトでよく聞かれる質問の答えをあらかじめ用意しておくと面接対策として役立ちます。まずはシフトの希望を聞かれることが多いので、それに応えられるようにしておきます。基本的に映画館はサービス業になりますので土日祝日や年末年始といった休みの日に大勢のお客様が来場されます。映画館が希望する日にシフトに入ってもらえないとなると、その他の点で魅力が感じられても採用に結びつかない可能性が高くなります。土日祝日は毎日ではなくても1カ月に何度かは入れると答えておいた方が採用されやすくなります。だからといってシフトにたくさん入ることや、土日祝日は絶対に入れるなどと断言する必要はありません。採用されてからシフトに入れないと断る回数が増えるとそれこそ信用問題にかかわりますので面接時に『週にどのぐらい仕事に入れるのか』『一日に何時間働けるのか』『土日祝日はどの程度入れるのか』を明確に答えられるようにしておきましょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ