1.  > 
  2. コンサートスタッフのバイト

コンサートスタッフバイト・アルバイト・求人

コンサートがどういうものなのかはご存じでしょう。しかしコンサートスタッフについては、よく知らない人も多いのではないでしょうか。コンサートスタッフの目的は、コンサートを成功させることです。そのためにコンサートの準備から撤収までさまざまな仕事を行います。ステージの設営やチケットの販売など、仕事の種類が多いので習得できるスキルも幅広いです。主な職場はコンサート会場なので、音楽が好きな人はやりがいを感じられるでしょう。コンサート会場は賑やかなことが多く、お祭り騒ぎが好きな人だと働きやすいです。コンサートスタッフのバイトに興味があり、もっと詳しく知りたい人もいるでしょう。そこで今回は、コンサートスタッフのバイトについて紹介します。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

コンサートスタッフの仕事は、コンサートの準備や運営、撤収などです。一般的には1日で行いますが、準備だけ前日に行うこともあります。準備で行うのは、ステージの設営に関する作業がメインです。機材やステージの設営に使用する材料の点検を行い、コンサート会場に運搬します。運び込んだら、プロの設営スタッフの指示に従い、ステージを作り上げていきます。お客さんを招き入れるための準備も多いです。イスを並べたりポスターを貼ったりします。それらが終わったら準備中に出たゴミの片付けも行います。出演者のための作業も必要です。食事を手配したり待機場所に案内したりする作業も行います。お客さんがコンサートに来場しはじめたら、接客業を行うことになります。チケットの販売やもぎりなどを行うのが一般的です。来場者が多い場合は、誘導や列の整理なども担当することがあります。コンサートの途中で、セットチェンジを手伝うケースも少なくありません。迅速に行う必要があるので、事前に手順やタイミングを理解しておきます。それらはリハーサルなどの機会に、教えてもらうことになります。コンサートの開始前や休憩時間にグッズ販売を行うことも多いです。販売だけでなく、グッズを並べたり宣伝したりすることもあります。コンサートが終了したらお客さんを出口方向に誘導します。お客さんが帰った後も撤収作業が必要です。ゴミを回収したり機材を搬出したりして、コンサート会場を元の状態に戻します。

?身につくスキル

担当する仕事の種類が豊富なので、多くのスキルを習得するチャンスがあります。機材にはさまざまなタイプがあり、扱いが難しいものも含まれています。何度も担当しているうちに、上手く機材を扱うスキルが身につくでしょう。また、多くの人を誘導するスキルも身につきやすいです。お客さんの誘導はコンサートのスムーズな進行には欠かせないからです。人気アーティストのコンサートは混雑するのが一般的なので、担当する機会があれば誘導のコツを把握できるでしょう。ほとんどのコンサートではチケットやグッズの販売があるため、レジ打ちのスキルも習得できます。梱包や運搬もほとんど毎回行う作業なので、次第に手早く行えるようになるでしょう。ひとくちにコンサートといっても、さまざまな形式があります。音楽のジャンルが違うと、コンサートの形式も大きく変わるのです。さらに同じジャンルの音楽であっても、コンサートごとに細かな違いが見られます。以前の作業方法にこだわらずに、コンサートごとに適切な作業方法を選択しなければなりません。そのため、柔軟な対応力が身につきます。また、コンサート会場や演出にこだわりを持っている出演者も多く、コンサートスタッフは臨機応変に指示に従わなければなりません。お客さんに声をかけられたときは、作業を中断してそちらを優先する必要もあります。出演者やお客さんのことを常に意識しながら作業を行うので、視野の広さや気配りの精神が身につきやすいです。

?メリット・やりがい

コンサートスタッフのメリットは、さまざまなコンサートの現場で仕事ができることです。音楽が好きな人にとっては、たまらないバイトといえます。チケットが入手困難なコンサートを担当したときは、いつも以上にそう感じるでしょう。運が良いと、自分の好きなアーティストに会えることもあります。コンサートスタッフをしていないと体験できないことなので、非常に得をした気持ちになる場合も。また、音楽の勉強をしている人や楽器の演奏が趣味の人は、参考になることが多いです。音楽の知識が増えますし、プロの演奏を間近で見られるからです。担当するコンサートが盛り上がると、とてもうれしい気持ちになります。仲間と協力して行う作業が多いので、コンサートが成功したときは喜びを分かち合えます。ミスを仲間でカバーし合うことも多く、バイトを通して友人ができやすいこともメリットの一つです。出演者によってはコンサートがメディアで大々的に特集されることもあります。コンサートが好意的に伝えられると誇らしい気持ちになります。コンサートの終了後に、出演者や主催者から直接お礼をいわれることも珍しくありません。そのたびに大きなやりがいを感じ、次も頑張ろうと思えます。

?こういう人に向いています

アイドルやロックのコンサートは、お客さんが非常に盛り上がることがあります。大人しく控えめな性格の人だと、コンサート会場の熱気に押されて、気後れしてしまうかもしれません。お祭り騒ぎやイベントに慣れている人のほうが向いているといえるでしょう。また、仕事中に音楽に関する専門用語が使われることがあります。質問すれば意味を教えてもらえますが、あらかじめ知っているに越したことはありません。音楽関係の知識が豊富な人のほうが仕事をしやすいでしょう。指示を受けやすくなるので、スムーズに仕事に取り掛かれますし、勘違いすることも少ないです。コミュニケーションが得意な人にも向いています。設営や誘導など、他のスタッフと連携しながら仕事を進めることが多いからです。弁当の手配などで電話をすることも少なくありません。主催者や出演者と話す機会もありますし、誘導や販売を行うときにお客さんと話すこともあります。さまざまな立場の人と話すことになるので、敬語を適切に使える人のほうが好ましいです。飲食店やコンビニなどで接客の経験があれば、仕事をしやすく感じるでしょう。また機材の運搬や案内板の設置など、力仕事も多くあります。そのため、腕力がある人は頼りにされます。

?面接の注意点

コンサートスタッフの仕事は時間に非常にシビアです。コンサートの開始時間を遅らせるわけにはいかないからです。時間を守ることができない人物だと思われると、採用されない可能性が高くなります。面接には時間厳守でいくように気をつけましょう。遅くとも10分前には到着しておいたほうが良いです。また、服装やマナーにも気をつけてください。コンサートスタッフとして働くと、お客さんと話すことも多いです。お客さんに失礼な態度をとると、クレームをもらうことがあります。そうなると自分だけでなく、他のスタッフにも迷惑をかけることになるのです。それだけでなく、出演者や主催者の印象を悪くしてしまうこともあります。お客さんから見ると、コンサートスタッフも出演者や主催者側の人間だからです。そのような事態を引き起こしそうな人物だと思われると、採用されにくくなります。面接では自分の持っているスキルや資格を遠慮せずに伝えましょう。コンサートスタッフと関係ないと思えるようなスキルでも、評価してもらえることがあります。たとえば、保育士の資格を持っていることを伝えていれば、子どもの相手が得意だと判断されるでしょう。そうすれば、子ども向けのコンサートの仕事を担当させてもらえる可能性があります。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ