1.  > 
  2. キャンペーンガールのバイト

キャンペーンガールバイト・アルバイト・求人

キャンペーンガールといえば、『水着や露出度の高い衣装を着なくてはいけない』というイメージがあり敬遠している女性も多いのではないでしょうか?もちろん、そういうタイプのキャンペーンガールもいますが、抵抗のないコスチュームで商品をPRするキャンペーンガールの仕事もたくさんあります。事務所所属のモデルやタレントを起用することも多いキャンペーンガールですが、派遣アルバイトとしても若い女性を中心に注目を集めています。キャンペーンガールのアルバイトの詳細はどんなものなのでしょうか?また、どんなメリットがあって、どんな人に向いているのでしょうか?ここではキャンペーンガールのアルバイトについてのさまざまなことをまとめてみました。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

キャンペーンガールの仕事内容とは、その名の通り、商品やプロジェクトのキャンペーンを盛り上げることです。たとえば、音楽フェスに足を運ぶと多くのキャンペーンガールを目にすることができます。道いく人たちに声をかけたり、販促品を配り歩いたりしている彼女たちはフェス自体を盛り上げているだけでなく、出店している屋台や、物販コーナーなど、さまざまな場所の売上げを伸ばすために頑張っているのです。そのほかショッピングモールや展示会の会場などでキャンペーンガールは活躍しています。男性ではなく女性がPRを行う理由としては、ビジュアル面や、お客さんがうける威圧感がすくなくて済む、という理由が挙げられます。そして、キャンペーンガールは道いく人々の注目を集めるために、目立つコスチュームを着ることがほとんどです。キャンペーンガールといえば酒造メーカーの専属キャンペーンガールが有名なので、水着を着用しなければいけないのかと不安に思う人もいるでしょう。しかし、商品やプロジェクトの内容に即していなければ露出度の高い衣装を着る必要はなく、目的に見合った衣装が用意されます。そのため、人前で体をさらしたくない人でも安心です。また、キャンペーンガールといえば『容姿端麗な人でなければいけない』というイメージもありますが、これも派遣先によります。容姿よりも明るく気持ちのいい接客ができる人ならば採用するクライアントもあるので、興味がある人はまず応募してみることをおすすめします。

?身につくスキル

キャンペーンガールをやってみて身につくスキルとしては、『人の目』を意識した行動ができるようになることです。たとえば、普通に話しているだけでも人の機嫌を悪くさせてしまったり、何も考えていなくても態度が悪いと注意されたりした経験はないでしょうか?それらは、『人の目』を意識できていないからだといえます。自分にとっては普通のことでも、相手からすると不快に思われてしまうことはよくあります。自分を客観視し、声や体をコントロールする術を身につけると、他人に好印象を抱いてもらいやすくなります。キャンペーンガールに採用されると、研修や講習を通して接客術を教えてもらうことがほとんどです。これまで意識していなかった言葉づかいや発声、表情から仕草にいたるまで矯正され、『人の目』を引きつける方法を知ることができるのです。この方法は、現場での実践によって磨き上げられていきます。モデルやタレントを目指している人はもちろんですが、どんな職業でも『人の目』にいい印象を与えるコツを知っていると大いに役立つことでしょう。また、キャンペーンガールは恥ずかしがっていてはできない仕事です。キャンペーンのコスチュームや、与えられた台詞は日常空間では恥ずかしく思えることもあるでしょうが、仕事と割り切って楽しく振舞うことが大切です。こうしたアルバイトを経験すると、常に周りの視線をうけることになるので精神的な強さを手に入れることができます。精神面で成長したい人にはぴったりだといえます。

?メリット・やりがい

キャンペーンガールのアルバイトのメリットは、まず時給の良さです。キャンペーンガールとは誰でもできる仕事ではなく、クライアント側から細かい要望がなされることもしばしば。コスチュームが似合うスタイルや、商品のイメージにしっくり来る容姿、性格など、条件から外れている女性は採用されにくくなります。そのため、条件が合う女性に対しては時給を高くしてでも働いてもらいたいとクライアントは考えているのです。また、仕事中に自分から話しかけたり、お客さんから話しかけられたりすることも多いのですが、人との会話が苦にならないのであれば、楽しんだままあっという間に終わってしまう仕事だといえるでしょう。やりがいとしては、仕事中は『人気者』になれるという点です。特にフェスや楽しいイベントでは、お客さんも解放的になっているのでキャンペーンガールと記念撮影をしたがるなど、まるでアイドルのように扱ってもらえます。道いく人々の視線を集めているというだけでも、十分に自尊心を満たせることでしょう。もしも自分の容姿や性格にコンプレックスを抱いている人は、1度キャンペーンガールに挑戦してみれば、大きな自信を持つことができるのではないでしょうか。

?こういう人に向いています

キャンペーンガールに向いているのは明るい性格の人です。もっといえば、いい意味で『目立ちたがり屋』の人でしょう。キャンペーンガールは、細かい商品知識が必要なわけでも、販売に必要なトークスキルが必要なわけでもなく、とにかくお客さんの気を引くことが大切な仕事です。つまり、目立たなくては意味がないのです。人から注目を浴びることにうれしさを感じる人ほど、充実感を抱いてキャンペーンガールを務めることができるでしょう。また、将来、芸能界やエンターテイメントの世界で活躍したいと考えている人もキャンペーンガールはおすすめのアルバイトです。自分にどれだけの求心力があるのか、もしも思うようにお客さんを引きつけられないのなら何が足りていないのかを確認することができるからです。そして、根性が備わっていることも重要なポイントです。キャンペーンガールを務めていると、好奇の目にさらされたり、男性から言い寄られたりする可能性もあります。そんなときでも、笑顔を崩さずに愛想を振りまくのがキャンペーンガールの役目です。華やかに思われがちなキャンペーンガールですが、実は体育会系などで泥臭く揉まれてきた人のほうが、適性があるといえるアルバイトでしょう。

?面接の注意点

キャンペーンガールの面接時に注意したいのは、コンセプトに合わせることです。容姿が良ければ受かるだろうとか、明るく元気であれば大丈夫だろうとか、勝手な予測に頼るのは控えましょう。キャンペーンガールには求められるイメージがあります。明るいキャンペーンガールが必要なときもあれば、おしとやかなキャンペーンガールが必要なこともあるのです。そのため、キャンペーンガールでひとくくりにせず、どんな場所でどんなお客さんを相手にするのかをチェックして面接に挑みましょう。そして、容姿もコンセプトに合わせて調整していくことをすすめします。たとえば、和服のキャンペーンガールを求めている面接で、金髪の髪を巻いた派手な女性は採用されにくいはずです。その場合は、黒髪で上品なメイクを心がけるなど、臨機応変に対応しましょう。そして、キャンペーンガールとは一時的に企業のイメージを背負う存在です。どんなに容姿が優れていても、面接で態度が悪いと思われたら不採用になる可能性が高くなります。面接の最初と最後には自分から挨拶をして、しっかりとした敬語を使い、背筋をまっすぐ伸ばした姿勢を保つなど、当たり前のマナーを自然と行えるように意識しましょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ