1.  > 
  2. ベビーシッターのバイト

ベビーシッターバイト・アルバイト・求人

アルバイトを探すとき、人によって重要視する項目は異なることでしょう。もしもあなたがお金を稼ぎつつ自分自身が成長していきたいと考えているなら、ベビーシッターのバイトをしてみてはいかがでしょうか。ものを取り扱うのではなく生身の人間を相手にする仕事なので、ひと筋縄ではいかないことも多くありますが、学ぶこともまた多いのがベビーシッターという仕事です。まだ子どもを産んだことがない人も、子育てを経験したことがある人も、バイトが終わるときには人として一回り成長していることでしょう。では、ベビーシッターという仕事は、具体的にどのようなことをし、どのような人が向いているのでしょうか。さっそく詳しい解説を見ていきましょう。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

ベビーシッターは一般的に乳幼児から小学生くらいの年齢までの子どもの面倒を見る仕事です。仕事場は個人の住宅や託児所、イベント会場など幅広くあります。託児所と聞くと保育士とベビーシッターを同一視してしまう人がいますが、保育士になるには国家資格が必要なことに対し、ベビーシッターは無資格でもなることができます。ベビーシッターに関する民間の資格はありますが、保育士の国家資格に比べると取得しやすいという点から、資格の有無よりも子育て経験を重視することの方が多い傾向があるのが現実です。個人宅でベビーシッターをする場合、相手をする子どもはせいぜい1人~3人ほどと人数的には多くありません。そのため、ひとりひとりの子どもに寄り添ったサービスを提供することができるので、保育園に預けるよりもベビーシッターに依頼する親もたくさんいます。基本的にチームでは動かず個人で活動するバイトなので、同僚がいないという点はベビーシッターの大きな特徴になります。ベビーシッターを依頼する親とのコミュニケーションを取ることが重要で、あとは人間関係のわずらわしさというものはありません。ベビーシッターはただ子どもをあやすだけではなく、子どもに勉強を教えるなど学びの提供を求められることもあります。このような場合、一般的なベビーシッターの代金よりも上乗せされた金額を受け取ることができ、バイトの中でも高時給の部類に入るベビーシッターの時給がますます高くなります。

?身につくスキル

ベビーシッターを募集する広告の多くに書かれている『子どもを育てた経験者を優遇する』という文言からもわかるように、ベビーシッターに求められるスキルや能力でまず挙げられるのは子育ての経験です。子どものあやし方や万が一のときの対応を心得ていないと、依頼者が安心して我が子を預けられません。そのため、ベビーシッターの職につくと、子どもがどういうときにむずがったり気分が良くなったりするのかを表情や仕草から読み取るスキルが磨かれます。これは日常生活においても大変役立つスキルです。自然と他者の状態をよく観察する目が養えるので、何かいつもと違う雰囲気を持っている身近な人がいたときに、一番に気遣ってあげることができるでしょう。また、おむつの変え方や哺乳瓶でのミルクの与え方など、子どもを育てるのに必要な知識や経験全般をこのバイトでは得ることができます。子育て経験者はすでに身についているスキルですが、子どもの性格はひとりとして同じではないので、柔軟に対応していかなければなりません。頭を柔らかくしてそのつど対応を変える能力もまた、ベビーシッターで養われる力のひとつです。その他にも、依頼者によっては本の読み聞かせなどを頼まれることがあります。読み聞かせと簡単にいってもただ本を読むだけではありません。子どもが興味を引くように読まなければいけないので、始終頭を使って考えながら臨機応変に行動する必要があり、物事に対してよく考えてから行動する癖がつきます。

?メリット・やりがい

一般的に時給が高く、短時間のバイトでもかなりの額を稼げるのが、ベビーシッターバイトの大きなメリットとして挙げられるでしょう。しかし、ベビーシッターのバイトは定期的にない場合が多々あります。また1回のバイト時間が短く、シフトを自分の思い通りに組めないことも多いため、場合によっては1日に大きく稼ぐことが困難なケースもあります。例えば、飲食店でのバイトが1日8時間で週4回など自ら選べるのに対して、ベビーシッターのバイトは1日2時間で不定期ということが多いのです。しかし、このような勤務形態は考えようによってはメリットがあり、フリーランサーや学生、自営業者、主婦など比較的時間に融通が効く人の副業やバイトとしてはあっています。子どもと一緒に遊んで楽しませたり、ときには子どもに注意をしたりと、人間対人間の仕事なので、相手が笑えばこちらも心が温かくなります。昨日できなかったことが今日できるようになっている子どもの成長を目の当たりにしたときの感動は、ベビーシッターをしていて良かったと実感できることの代表的な一例です。依頼者である親からも感謝される仕事なので、バイトをするたびに働くモチベーションが高くなっていくことでしょう。

?こういう人に向いています

ベビーシッターに向いているのは、子どもを育てたことがある人です。子どもの扱いに慣れているという安心感を依頼者は得ることができ、また、働いている中で子どもに何かあったときに迅速に対応できるのも、人の命を預かる仕事としてはとても重要な要素です。しかし、一方で子育ての経験がない人でも、保育士の資格を持っていたり、英語を話せたりピアノを弾けたりする技術があれば、ベビーシッターとしての需要はあります。子育てをしたことがない人が乳幼児の世話をするのは難しい側面があることでしょうが、ある程度年齢が高い子どものベビーシッターには、子どもの面倒を見ること以外に子どもに何か役立つことを教えるといった家庭教師的な面が求められることもあります。そのため、子ども好きで子どもに教えられる何かを持っているのなら、ベビーシッターの仕事に向いているといえるでしょう。また、時間にきっちりとしている人も、ベビーシッターの職に合っています。依頼者の家を訪問する時間が遅れると、依頼者が用事を済ませることができません。ミルクの時間や寝かしつける時間も、依頼者の指示どおりこなせられる責任感のある人は、優秀なベビーシッターになれる可能性が大きいでしょう。

?面接の注意点

ベビーシッターになるためには、大きく分けると2つの方法があります。ひとつは個人で契約するもので、もうひとつは派遣会社に登録する場合です。個人で募集しているベビーシッターバイトの面接をする際に気をつけなければならないことは、ベビーシッターの対象である子どもだけではなく、依頼者である親に受け入れられるような受け答えをすることです。どんなに子どもに気に入れられたとしても、親の教育方針に異議を唱えれば契約を結ぶことは難しいといえます。また、個人間での契約でも派遣会社に登録する場合でも、清潔感のある身なりをすることはとても大切になります。爪をきちんと切り髪の毛を縛っておくことは、見た目を清潔に見せるポイントです。また、服装は装飾があまりないシンプルな格好をしていくことも、子どもを扱う仕事に就く場合には重要なことです。個人契約での面接の場合、その日に面接の一環としてベビーシッターを短時間任せられることもあるかもしれません。華美な装飾品で子どもを傷つけてしまうなどの事故を起こさないためにも、仕事が決まった後だけではなく仕事が決まる前の面接の段階でも、シンプルで清潔感のある姿をしていくと、好印象を得られるでしょう。

本日のピックアップ求人
スマイルプラス合同会社 名古屋市守山区エリア ベビーシッター

給与:時給1000円
勤務地:愛知県名古屋市守山区
雇用形態:業務委託

スマイルプラス合同会社 名古屋市守山区エリア ベビーシッターのバイト
スマイルプラス合同会社 名古屋市東区エリア イベント保育スタッフ

給与:時給1000円
勤務地:愛知県名古屋市東区
雇用形態:業務委託

スマイルプラス合同会社 名古屋市東区エリア イベント保育スタッフのバイト
スマイルプラス合同会社 名古屋市東区エリア ベビーシッター

給与:時給1000円
勤務地:愛知県名古屋市東区
雇用形態:業務委託

スマイルプラス合同会社 名古屋市東区エリア ベビーシッターのバイト
スマイルプラス合同会社 名古屋市中村区エリア ベビーシッター

給与:時給1000円
勤務地:愛知県名古屋市中村区
雇用形態:業務委託

スマイルプラス合同会社 名古屋市中村区エリア ベビーシッターのバイト

採用課金型の求人広告掲載

ページトップへ