1.  > 
  2. フィットネスのバイト

フィットネスバイト・アルバイト・求人

一見敷居の高そうなフィットネスのバイトですが、実はフィットネス未経験の人でも積極的にチャレンジできる仕事です。募集されている職種には、ジムエリアなどを担当するフィットネススタッフのほかに、フロントやショップを担当するサービス部門のスタッフ、清掃を担当するアメニティ部門のスタッフがあります。基本は接客業になるので、明るく話好きな人に向いているバイトです。さまざまな人と出会うことができるため、社会勉強をすることができます。特に体を動かすのが好きな人や将来フィットネス業界で働きたい人は、興味を持って働くことができるでしょう。ちなみに施設によっては、スタッフの特典として、勤務時間外にマシンなどの利用を許可しているところもあります。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

フィットネスクラブなどでスタッフとして働くバイトです。資格のない初心者の場合、主に3つの職種が考えられます。1つ目は、『フィットネススタッフ』です。フィットネススタッフはジムなどに常駐しているスタッフで、事故などが起こらないようジムなどを監視し、マシンの使い方などを会員に指導するのが主な仕事になります。施設によってはトレーニングメニューの作成を行うこともあります。社内研修の受講やテストに合格することで、インストラクターとしてスタジオのクラスを受け持つことが許されるケースも多いです。2つ目は、『サービス部門のスタッフ』です。フロントでチェックインやチェックアウト、入退会の受付、電話対応などの事務作業も行います。また多くのフィットネスクラブやスタジオでは、ウェアやサプリメントなどを販売しているコーナーがあります。そちらのショップスタッフとして、販売や棚卸しなどを担当するのもサービス部門の仕事です。3つ目は『アメニティ部門のスタッフ』です。更衣室やお風呂、トイレなど館内の清掃や、電球の交換といった館内設備の整備を担当しています。開館前に業務を行うことが多いため、早朝のみの勤務もできるという特徴があります。ほかの職種に比べると、年配の人が多く働いている傾向があります。もっとも規模が小さい施設などでは、フィットネススタッフがほかの部門の業務も兼ねるようなこともあります。応募の際には、業務内容をよく確認しておきましょう。

?身につくスキル

フィットネスのバイトは、基本的にはサービス業になります。特に人と接する機会の多い、フィットネススタッフやサービス部門のスタッフでは、敬語の使い方や礼儀正しい応対といった接客スキルが磨かれるでしょう。加えてフィットネススタッフとして働く場合は、エクササイズやダイエットに関して専門的な知識を得ることができます。自分から主体的に勉強することが必要になりますが、正しく深い知識を身につけることができれば、会員からも信用が得られますし、将来のキャリアにつながる可能性もあります。現場で経験を積みながら資格を取り、プロのパーソナルトレーナーやインストラクターなどを目指す人もいます。サービス部門のスタッフとして働く場合には、金銭関係の処理など経理に関する能力や、電話応対などビジネス一般に応用できるスキルが身につきます。書類の処理やパソコンのスキルといった事務処理能力も向上するでしょう。棚卸しや商品の発注など販売に必要な知識も得られます。今後事務員やショップスタッフとして働きたい人にとって、有意義な経験が可能です。アメニティ部門のスタッフとして働く場合は、ほかの部門で働くスタッフとは違い、接客をする機会は少ないかもしれません。しかし広い館内を手際よく清掃・整備しなければならないため、やはりスキルは必要です。日々の業務をこなすうちに、手早く正確に仕事をこなすスキルや、物事の段取りをつける力が身についてくるはずです。

?メリット・やりがい

フィットネスバイトのメリットの1つに、施設の設備が使えるということがあります。フィットネスクラブによっては、開館時間もしくは勤務時間外に、スタッフに施設内の設備やマシンを使わせてくれるところもあります。身体を動かすのが好きな人にとっては、大きなメリットといえるでしょう。また将来スポーツに関わる仕事を本業にしたい人にとって、このバイトは業界をのぞける貴重な機会です。特にフィットネススタッフとして勤務する場合、先輩やその道のプロから刺激を受けることも多いでしょう。さらにフィットネスバイトの現場でも、フィットネスクラブでは、老若男女を問わず、さまざまな年代や職業の方が会員として出入りしています。スタッフとして働いているうちに、いろいろなタイプの人と出会うことができるでしょう。比較的会員と言葉を交わす機会も多いため、社会勉強にもなります。フィットネスに通う会員は、目標を持っている人や、エクササイズ自体を楽しみに通っている人が多いです。そのため職場の雰囲気も明るい場合がほとんどです。そのため、種々のサポートを通し人の役に立つというやりがいと、気持ちよく働けるというメリットを同時に得ることができるでしょう。

?こういう人に向いています

フィットネスのバイトに、専門の資格の有無などは関係ありません。これまでまったくスポーツの経験がない人が、フィットネススタッフとして採用されることもあります。その代わり重視されるのが、コミュニケーションスキルの有無です。フィットネススタッフやサービス部門で働く場合は、サービス業としての側面が強くなります。そのため明るく話し好きで、人と接するのが好きな人に向いているでしょう。さらにフィットネススタッフとして働く場合には、勉強熱心さや親切さが求められます。知識が豊富で、指導が丁寧なフィットネススタッフは会員からも頼りにされます。たとえフィットネス未経験の人であっても、自分の業務内容に興味を持ち、向学心がある人には適性があるといえるでしょう。またサービス部門で働く場合は、会費の管理や販売などお金に関わる仕事をすることが多くなります。明るく丁寧な接客ができることに加え、几帳面さも求められる職種です。アメニティ部門を希望する場合には、接客する機会は少なくなりますが、その分与えられた仕事をてきぱきとこなす能力が求められます。細かいところまで目が行き届き、こつこつと仕事をするのが好きな人に向いています。

?面接の注意点

基本はサービス業なので、最低限の社会的な常識やマナーを身につけているかどうか、および明るく丁寧な応対ができるかどうかが見られます。敬語が正しく使えるかどうかも重要なポイントです。明るく元気に、しかし丁寧さは忘れずに受け答えをしましょう。また面接では、必ず志望動機やシフトの希望を尋ねられます。まず志望動機については、今の自分の専門分野などと絡めて具体的に述べられるのであれば、それはベストです。『ジムの設備を無料で利用できる』という点に惹かれてこのバイトに応募する人もいるかもしれませんが、あまり印象の良い志望動機とはいえません。『人と話すのが好きだから』などほかの理由を考えるようにしましょう。なぜこの業界で働こうと思ったのか、なぜこの職場を選んだのか、という点について、具体的に答えられるとベターです。またシフトについては、長期間・長時間入れる人が優遇されやすいです。とりあえず入れそうな時間はすべて希望シフトとして申告しておきましょう。最後に面接時の服装についてですが、フィットネス関係という職場にふさわしい、さわやかで清潔感のある見た目が求められます。なるべくならスーツが無難です。そうでなくてもきちんとした格好を心がけるようにしましょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ