1.  > 
  2. 翻訳のバイト

翻訳バイト・アルバイト・求人

もしもあなたに豊富な語学の知識があり、言語を扱う仕事に興味があるのなら、翻訳を仕事にしてみてはいかがでしょうか。オリジナルの文章を直訳するだけではなく、ニュアンスや雰囲気までも表現する翻訳のバイトは、センスが問われる仕事でもあります。今までに読んだ本の数や学んだ語学の知識が、翻訳の仕事ではフルに生かせるでしょう。翻訳はしばしば会社に出勤するといった勤務形態を取らず、さまざまな状況や環境の人でもしやすいバイトです。現在現地に住んでいる人でもパソコンとインターネットの環境があればできる可能性がある仕事なので、近くに翻訳会社がない場合でもウェブ上で仕事を探してみましょう。良いバイト先が見つかるかもしれません。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

翻訳の仕事は、外国語で書かれた原文を日本語に訳したり、日本語の文章を外国語に訳したりするのが主な仕事内容です。どんなに語学の知識があっても、またはネイティブ並みに言葉を話すことができたとしても、翻訳は自分の意見や感情を文章に込めることはせず、あくまで忠実にオリジナルの文章を別の言語に置き換える能力が必要とされます。そのため、知っている単語であっても丁寧に辞書を引いて、文脈や文章全体の雰囲気からぴったりの一語を見つけ出さなくてはなりません。翻訳の仕事とひと口にいっても、メールや手紙など比較的短く簡単な文章を訳したり、機械の取扱説明書など専門用語が多用されているものを扱ったり、または難解な文学小説を一冊丸ごと訳したりと、ボリュームも難易度もピンキリです。自分の翻訳能力をよく見極めて、どの分野の翻訳が適しているのかを応募する前によく考える必要があるといえます。語学以外にも通じている分野があるのなら、それは翻訳バイトをする上での強みとなるでしょう。翻訳は語学の専門知識が要求される仕事なので、一般的に翻訳の給料はその他のバイトと比べて高い傾向があります。即日納入などスケジュールがきつい翻訳の場合はさらにボーナスがつくケースが多く、今まで培ってきた知識を生かしてがっつりとお金を稼ぐことができるでしょう。また、学術論文など専門的な文章の翻訳をする場合も、通常の翻訳よりも時給や単価が高くなる可能性があります。

?身につくスキル

基本的に語学の知識がすでにある状態で始めるのが翻訳の仕事ですが、バイトを続けていくことでも語学の知識を深めていくことができます。翻訳の仕事をしていると、知らない単語に出会ったり日本語には置き換えられない表現を見つけたりと、日々勉強の連続です。未知の言葉に出会ったときはすぐに辞書を引いて調べなければいけないので、仕事をしていくうちにさらに語学のスキルを磨けるのが翻訳バイトの魅力でもあります。また、翻訳は常に自分が興味のある分野の担当をするわけではなく、時には思いもよらないテーマのテキストを訳すこともあります。そのため、自分の知らなかった世界を垣間見ることができ、語学の知識だけではなく、広く世の中に対する見識を深めていけることでしょう。翻訳を完成させるには多くの時間を費やすため、ひと仕事終えると訳した文章の分野に少し詳しくなっているはずです。その知識は次の翻訳の仕事にも生かせるので、翻訳できる分野がどんどん広がっていきます。翻訳のバイトを長く続けていくと、同じような言い回しに出会う機会が多くなることでしょう。以前は辞書を引いていたものでも、慣れてくると感覚で訳せるようになり、翻訳スピードは向上します。パソコンで作業する場合はタイピングの速度も徐々に上がってくるため、全体的にひとつの文章を訳す時間が短くなってくることを実感できます。時給制ではなく単価で報酬を受け取る場合、いつの間にか稼ぎが多くなっていることに気がつくことでしょう。

?メリット・やりがい

自分が担当した翻訳が完成するとき、大きな達成感と充実感を味わうことができます。何度調べても意味がしっくりこなかったり、文章の雰囲気をうまく再現できなかったりと苦労することも多いバイトですが、苦労した分だけ納品した後に感じる達成感は次の仕事へのやりがいへと変化していくことでしょう。バイトで覚えた単語やフレーズは、外国人と接するときに使えるので、仕事をしながら勉強もできるというメリットがあります。文学部の大学生にとって翻訳バイトは勉強にもなり、留学経験がある人にとっては外国語を忘れないようにするために活用もできます。高い報酬もバイトをする上でやりがいにつながります。仕事をこなしていくごとに徐々に報酬は増えていくことが多いので、ベテランになると時給に換算して数千円となることも珍しくありません。勉強もできてしっかりとお金も貯まる翻訳バイトは、語学に自信がある人なら挑戦してみるべき仕事なのかもしれません。翻訳のバイトは会社によっては在宅でもできるので、主婦や自営業者などでも簡単に始められます。地方に住んでいる人でも在宅の翻訳バイトはしやすく、場合によっては地元の時給では考えられないほどの高時給で仕事ができる可能性があります。

?こういう人に向いています

翻訳のバイトは直接依頼主と接することは少なく、中でコツコツと進めていく作業です。そのため、あまり人と接することがないので、静かな環境で集中して仕事をしたい人には向いている仕事といえます。在宅の場合は職場もないので、人間関係にわずらわされることなく働きたい人にはピッタリです。翻訳には納期があるので、責任感がある人もまた翻訳バイトでは信用されます。読み手が意味をきちんと理解できるかを常に考え、必要な場合は1度訳した文章でも何度も読み直して校正することがこの仕事にとって大切となります。そのため、丁寧に隅々まで気配りができる人や、他人の目線になって自分の訳した文章を読むことができる人は、良い翻訳家になれることでしょう。翻訳する文章は毎回内容が変わるので、常に新鮮な気持ちで仕事をすることができます。仕事にメリハリがあるため退屈しないという特徴があり、飽き性の人や単純作業が苦手な人も、翻訳の仕事なら楽しみながら続けていけるかもしれません。翻訳には持久力が大切で、頭だけではなく体力も消耗します。何時間もイスに座っていることが多いので、集中力を持続させるためにも健康に気をつけて生活することは必要不可欠な要素です。

?面接の注意点

接客業ではないので、バイトの面接にいくときは特に外見に気を使う必要はありません。最低限清潔感がある格好をしていけば、相手からの印象が悪くなることはないでしょう。外見よりも、専門職である翻訳バイトでは、面接者の翻訳能力に関心があります。どんなに翻訳能力が高いと主張しても無資格では疑われてしまうので、英語の場合は英検準1級以上やTOEICスコア900以上を得ておきましょう。履歴書のスキル欄には検定に合格していることを書いてアピールしておくことが大切です。以前取った語学の資格が古い場合は、新たに試験を受け直し合格することで、面接官からの信用度が高まります。一方、多くの翻訳会社では、独自の語学試験を用意していることもあります。もちろん会社の規定合格ラインに達していなければ採用されることは難しく、難しい検定に合格していたとしても翻訳の仕事につけない可能性もあります。資格を取って終わりではなく、面接直前まで自分の語学スキルを高めておくことが重要です。面接にはいうまでもなく、時間に遅れていってはいけません。納期が重要になる翻訳バイトでは、時間にルーズな印象を持たれることはマイナスです。面接には余裕を持って家を出るようにしましょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

営業・オフィス系

ページトップへ