1.  > 
  2. 広報のバイト

広報バイト・アルバイト・求人

企業のブランドイメージを高めて、自社商品やサービスを広める広報は、『企業の顔』といわれるほど重要な役割を担っています。常にメディアと関わりながら、いろいろな企画をかたちにしていくやりがいのある職業として高い人気を誇っています。広報は広く世間に情報を発信していくために、テレビや新聞などのメディアに向けてプレスリリースを作成するのが主な仕事です。また、事故や不祥事といったトラブルが発生した際は、窓口となって対応する必要があります。正社員以外にアルバイトや契約社員、派遣社員としての勤務も可能ですので、自分のライフスタイルに合わせて働くことができるメリットがあります。そんな広報の仕事の内容をみていきます。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

広報は、一般企業などが自社や商品、サービスの認知度とブランドイメージを向上させる目的で、PR活動を行う仕事です。PRは“Public Relations”の略で、世間と企業をつなぐという意味合いがあります。一定の規模を超える企業では、広報部門や広報担当が置かれていることが多いです。広報の仕事は、大きく『社外広報』と『社内広報』の2つに分けられます。社外広報は、外部に向けた情報発信や自社と外部の関係性の構築を目的としています。主な仕事に、自社の取り組みを発信するためのプレスリリースや会社案内の作成、テレビや新聞、雑誌などのメディア対応などがあります。また、リコールや情報漏えいなど、企業のブランドイメージを損なわせる事態に対応することも重要な業務です。一方、社内広報は、社内に向けてPR活動を行うことをいいます。これは、社員に対して広報の意識を上げて、自社の情報を共有し、企業としての一体感を創出することを目的としています。社内広報の活動としては、社内報の配布や社内でのイベント開催などがあります。広報と関連する業務として、『宣伝』や『IR』があります。宣伝は、広告戦略を練って予算を立て、テレビや新聞、ラジオなどのメディアに掲載枠を購入して広告を出します。IRは“Investor Relations”の略です。自社と投資家との関係性の構築を意味します。投資家や株主に対して、企業の経営状況などの情報を発信することが業務になります。

?身につくスキル

広報は企業の顔として、自社のブランドイメージを向上させなくてはなりません。そのため、事故や不祥事などが発生した場合の危機管理対応が非常に重要となってきます。対応1つでブランドイメージが大きく変わる恐れがありますので、正確な情報を発信することで誠実な対応をとる必要があります。時には消費者から激しいクレームが来ることもあります。たとえ自分に非がなくても、誠心誠意で謝罪をしなければなりません。そのような場面でも、冷静に忍耐強く対応する必要がありますので、精神的にタフになるでしょう。自社商品やサービスをメディアに伝えるプレスリリースの作成は、広報の重要な業務です。プレスリリースをメディアに取り上げてもらえれば、企業のブランドイメージが一気に高まり、商品の売り上げを伸ばすことができます。メディア関係者は、毎日のように各企業から大量のプレスリリースを受け取っています。メディア関係者の目を引くような斬新なプレスリリースを提出できなければ、取り上げてもらうことは難しくなります。広報は、いかに魅力的なプレスリリースを作成するかで、日々知恵を絞らなくてはなりません。メディア関係者の目に留まるような魅力的な文章を作成するための創意工夫をする習慣が身につくようになります。広報は、時に社内からの指示とメディアからの要望の間で板ばさみ状態になることもあります。どちらの意見も立てなければならないため、臨機応変に対応できる柔軟性が養われるでしょう。

?メリット・やりがい

広報は、企業のブランドイメージを左右する重要な業務です。広報の努力次第でブランドイメージが向上したり、自社商品の売れ行きが伸びたりします。自分のプレスリリースが採用されて、メディアで発信してもらえたら、よりいっそうのやりがいを感じられるでしょう。自分の企画が世間のニーズとマッチしてヒット商品につながれば、大きな達成感が得られます。メディア関係者と毎日のように関わることで、メディアの裏側をのぞけることも広報の仕事の醍醐味です。テレビ局の関係者や新聞記者などとの付き合いを大事にして、太いパイプをつくることができるというメリットもあります。広報の仕事をしていると、自社に対する評判が外部から入ってくる機会が少なくありません。『優良企業だ』『商品がすばらしい』などと高評価をいただけると、大きな喜びとなるでしょう。不祥事などの危機管理対応の際、消費者からのクレームに対して冷静で誠実な対応をとることで事態を丸く収めることができれば、信用が高まり、評価が得られます。広報は正社員以外に、アルバイトや契約社員、派遣社員としての勤務も可能です。自分の都合に合わせて勤務スタイルが選べるのもメリットのひとつといえるでしょう。

?こういう人に向いています

広報の仕事は、メディアからの取材を待っているだけではなく、積極的に外部へ情報を発信していくことが大切です。受け身の姿勢ではいけません。能動的にメディアと関わりを持とうとする意識の高い人が向いているといえます。ひとりパソコンに向きあう単調なデスクワークよりも、人と関わるのが好き、話をするのが好きという人にも向いているでしょう。広報は、メディア関係者だけではなく、株主や投資家、消費者などへの対応をそつなくこなさなければなりません。そのため、コミュニケーション能力の高い人は広報としての適性があるといえます。企業の窓口となる広報の対応は、ブランドイメージを決定するほどの影響力があるといっても過言ではありません。クレームに対しても誠実に対応できる、明るくさっぱりとした性格であることも望ましいです。広報は、自社商品を世間に広めるための戦略を立てなければいけません。そのためのアイデアを考えるのが得意という人でしたら、企画・実行も苦にならないはずです。また、広報の仕事には、電話やメールでの頻繁なやりとりや情報の収集・分類などの作業もあります。そのような地味な作業を手際よくさばける人も広報の適性があるといえるでしょう。

?面接の注意点

企業によってブランドイメージや商品、サービスは異なります。面接では、ただ単に広報に興味があるという理由だけではなく、なぜその企業で広報をやりたいのかという志望動機を明確にいえることが大切です。就職を希望する企業の事業内容をよく理解したうえで、志望動機を考えましょう。広報の仕事をするうえで、世間で流行っていることやいま消費者が何を欲しがっているかを把握することは欠かせません。面接では、世間の動向に関心があるかについて問われることがあります。常日ごろから、テレビやインターネットなどでニュースを欠かさずチェックして、最新トレンドをキャッチしておくことが望ましいでしょう。面接時の服装ですが、通常のリクルートスーツで問題ありません。スーツはきちんとプレスされていることが大事です。ネクタイも派手な柄は避けて地味目のものを選びましょう。髪型は、男性は短め、女性は長い髪はまとめるなど、すっきりとした髪型が好ましいです。特に男性は、ヒゲをきちんと剃って、爪をきれいに切ることが大事です。女性は、派手なマニキュアやメイクは避けましょう。第一印象は非常に重要です。清潔感に気をつけて、面接官に好印象を与えるように心がけましょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

営業・オフィス系

ページトップへ