1.  > 
  2. 家庭教師のバイト

家庭教師バイト・アルバイト・求人

家庭教師は大学生を中心とした若者に人気のアルバイトです。まだ高校までの学力が衰えていないうちに役立てることができて、年の近い生徒を相手に楽しく働けそう、という印象があるからでしょう。確かに、生徒と仲良くなったら学校の話題を聞き出せたり、最近の子供たちの流行を教えてもらったりと楽しそうな毎日が待っていることでしょう。一方で、家庭教師には「生徒の成績を上げる」というシビアな使命も存在します。楽しいだけではなく、ストイックに生徒のためを思って行動する必要もある仕事です。そんな家庭教師とは具体的に何をするのでしょうか。そして、どんな人が家庭教師に向いているのでしょうか。ここでは家庭教師のアルバイトについて詳細をまとめました。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

家庭教師の仕事内容はもちろん、人に勉強を教えることです。そして、多くの場合、小学生から高校生までの学生に、学校の勉強や受験対策を目的として指導を行っていきます。個人で家庭教師を請け負っている人もいますが、多くの家庭教師は会社に登録し、条件に合う家庭へと派遣されることになります。しかし、生徒によってその目的はさまざまなので、それぞれに合ったカリキュラムと態度で指導にのぞむことが必要です。例えば、受験を目的としている場合、現在能力や試験までの期間から合格に至るまでのプランを設計する必要があります。不足している学力を正しく補い、合格に近づけていきます。一方、中々学校の授業についていけず、塾のような集団学習でも上手くいかず、じっくりと個別指導で学習ができる家庭教師を選んだ生徒(保護者)もいます。こうしたケースでは、学校の授業の復習を中心に、生徒の理解がきちんとなされるまで丁寧に指導していくことを心がけます。生徒の望むこと、目的は十人十色であり、実際に授業を開始する前に保護者を交えてヒアリングを行うことで、授業の方針を決めていきます。そして、生徒のレベルに合わせ、会社によって定められたテキストと指導要綱に沿って授業を消化していきます。

?身につくスキル

家庭教師の仕事で身につくスキルとしては、まず「人にものを教えることが上手くなる」ことです。生徒の大半は自分よりも年下の若年層のため、難しい言葉で説明しても伝わりません。かといって、簡単に説明しすぎると理解が浅くなり、スムーズに授業が進まないことがあります。単にテキストを読み上げるだけではなく、平易な言葉で本質を伝えるのは高度なテクニックが必要とされます。こうした話のスキルは人との円滑なコミュニケーションやプレゼンテーション能力として大いに活かされます。家庭教師として訪問する生徒たちは性格も学力も生い立ちも様々です。理解が早い生徒もいれば、勉強が嫌いな生徒もいるでしょう。そうした様々な生徒のモチベーションを上げつつ、成績を伸ばしていくには、真面目に授業を行うだけではなく生徒との信頼関係を構築する必要があり、ときには雑談も交えながら生徒の集中力を持続させ、「この先生といると楽しい」「勉強することが楽しい」と思わせるのです。話術とコミュニケーション力という、社会人にとって非常に重要なスキルが磨かれることは、家庭教師という仕事の大きな魅力ではないでしょうか。

?メリット・やりがい

家庭教師の仕事を通して得られるメリットとしてはまず、「勉強ができるようになる」ことです。大人になってから中学や高校の教科書を開けてみると、載っている内容を忘れていてまったく理解できないことがあるでしょう。多くの人はそうやって学校で習ったことの大半を忘れてしまいます。しかし、家庭教師になって学生時代の勉強を振り返ることで内容を思い出し、人に説明することでより理解を深めることができます。知識が身につくことはさまざまな場面で役に立つのみならず、自分に子どもが生まれたときには勉強のサポートをしてあげることもできるのです。また、家庭教師は学校や塾の先生よりも生徒との距離も近く、若い先生であれば友達のように接することができます。気の合う生徒であれば、きびしい仕事の感覚ではなく楽しい気持ちで過ごすことができるでしょう。やりがいとしては、何よりも生徒の成績が上がっていくことです。テストの点や偏差値という分かりやすい数字で授業の結果は表れるので、教師側のモチベーションが保ちやすい仕事です。あまり成績のよくなかった生徒が自分の授業を通して成績を上げて行ったときは、たまらない喜びを感じられることでしょう。

?こういう人に向いています

家庭教師の仕事に向いている人は、何よりも子ども好きな人や人とのコミュニケーションが好きな人です。「教師」というからには学力が高く、勉強が好きな人が向いていると思っている人も多いでしょう。しかし、ある程度の学力は必要ですが、授業には詳細な説明が掲載されたテキストを使用するので、実は家庭教師側が完璧に理解していなくても、準備さえ怠らなければ授業を消化することは簡単なのです。そのため、学力以上に生徒としっかりと向き合う力が大切です。また、人間観察に長けている人も適性があります。小さな子どもほど、感情の変化が成績につながりやすいものです。友だちと喧嘩したり、部活が上手くいかなかったり、そういった大人からすれば些細とも思えるトラブルで、勉強が停滞してしまうケースもあります。そんなとき、生徒の僅かな変化に気づけるかどうかが成績浮沈の鍵を握っている可能性があります。相談に乗るまでの行動は過干渉になるおそれがありますが、保護者に「今日、様子がおかしかったですね」と報告するだけで、子どもの問題を解決できるきっかけになることもあります。広い意味で「人間に興味がある」人が家庭教師に適しているといえるでしょう。

?面接の注意点

家庭教師のアルバイトをしたいなら、サイトで登録して連絡を待つ、という風に簡単にはいきません。保護者からすれば、大切な子供を預けるわけですから、一定の人格者でなくてはなりません。そういった人格や能力を見極めるために、登録会社との面接がほぼ確実に行われます。面接時のアピールポイントとして、「教師」という響きに惑わされて、学歴や学力をひけらかすのは控えておきましょう。先述したように、授業の進行と教師の学力にはあまり関係がないため、面接官は学力よりも人間力を見ています。学歴アピールが鼻につくようなら、不採用になってしまう可能性もあるのです。それよりも真面目で忍耐強く、社交的なイメージを与えることが重要です。面接に着ていく服装も、短パンなどのラフすぎるものではなく、落ち着いた印象のものを選ぶといいでしょう。また、学力以上に面接官へのアピールポイントになる要素があります。それは「車」です。公共機関では行きづらい生徒の家に訪問する際、車があることは大きなメリットになります。会社からしても交通費を節減できるため、車のある家庭教師は重宝される傾向があります。運転免許証を持っていて、車を所有している人は必ず履歴書にその旨を記入しておきましょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ