1.  > 
  2. 音楽講師のバイト

音楽講師バイト・アルバイト・求人

“歌を歌うことや楽器を演奏することが大好き”そんな人におすすめのアルバイトが音楽講師です。音楽講師にはさまざまな形態がありますが、ここでは音楽教室で生徒を指導する音楽講師について紹介します。音楽講師には特別な資格は必要なく、未経験者も歓迎している教室も多いため、音楽を愛する人たちには人気のアルバイトになっています。もちろん、プロの音楽家でなくても、採用される可能性があります。歌や演奏に関わりながらお金を稼げる空間は、きっと毎日に充実感を与えてくれることでしょう。具体的に音楽講師はどんな仕事をするのでしょうか。ここでは仕事内容から、メリット、やりがい、面接時の注意点にいたるまでをまとめてみました。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

音楽講師の主な仕事は、生徒に音楽を教えることです。しかし、どんな生徒にも同じ内容のレッスンを行うわけではなく、生徒のキャリアや能力に合わせた指導を行う必要があります。『そんなこと、自分にできるだろうか?』と不安になる人も大丈夫です。なぜなら、多くの音楽教室ではカリキュラムやテキストを定めており、音楽講師はそれらに沿ってレッスンを行っていけばいいからです。逆に、音楽講師の考えによって指導方法を変えるような音楽教室はほとんどなく、講師には教室のコンセプトを理解して、そこから脱線しないように生徒を指導していく能力が求められます。ただし、慣れてくるに従って、講師の方からも『こんなレッスンをしてみてはどうか』と提案してみるとやりがいが生まれるでしょう。レッスンにもさまざまな形式があり、楽譜の読み方や楽器の構造について教える音楽理論や、実際に歌唱や演奏を行ってもらう実践などに分けられます。また、生徒ひとりひとりにつきっきりで長所を伸ばしていく個別指導、集団をいっせいに見る集団指導など、教える人数もいろいろです。いずれも、音楽教室の計画に合わせてレッスンが組み込まれているため、講師には臨機応変な対応力が求められます。注意したいのは小さい子どもへの指導です。楽器を振り回してケガをしたり、レッスン中に教室を抜け出したりなどのトラブルが起きることもしばしばで、講師には音楽の指導だけでなく、子どもを保護する役目もゆだねられます。

?身につくスキル

音楽講師のアルバイトを通して身につくスキルとしては、何よりも『伝達力』の上達でしょう。どんなに歌がうまい人でも、どんなに音楽理論を深く理解している人でも、それを人に伝えるとなると難しいものです。音楽は感覚にゆだねられている部分も多く、感覚を言葉にして伝えるのは簡単な行為ではないのです。相手が音楽の初心者や子どもであれば、難しさはなおさら上がるでしょう。テキスト通りに説明すれば理解してもらえるというわけでもなく、生徒が楽しみながら集中できるようにレッスンを工夫しながら、しっかりと正しい音楽理論を教えなければいけないのです。アルバイトを続けていけば、トークスキルや物事を理論的に考える力は自然と身についていくでしょう。また、人前に出ることに慣れていくのも大きなスキルアップだといえます。音楽講師は、生徒の手本になるべき存在です。歌唱にせよ演奏にせよ、生徒は講師をお手本にして学んでいきます。一挙一動が注目されているプレッシャーは、内気な人にはつらいと感じることもあるでしょう。しかし、経験を積むに従って精神力が鍛えられていきます。音楽家を目指している人はもちろんですが、あらゆる職業においても、人前に出ることに慣れると役立つ場面に出会うことでしょう。また、音楽好きの人にとっては音楽を専門的に学びなおす貴重な機会でもあります。生徒に教える前に自分が予習することで、趣味だった音楽の楽しみ方が広がるのではないでしょうか。

?メリット・やりがい

音楽講師として働くメリットとしては、第一に『音楽に触れ続けられること』が挙げられます。どんなジャンルであれ、好きなものを仕事にできる喜びはかえがたいものがあるでしょう。もしも音楽家を目指している人ならば、アルバイトの時間にも音楽のことを考えられるのは非常に大きいのではないでしょうか。お金を稼ぐために音楽以外の仕事やアルバイトをしてしまうと、音楽に関わる時間を大幅に削られてしまいます。しかし、音楽講師として日常的に歌や楽器に関わっていると、音楽への意欲や感性がなまってしまう心配がなくなるのです。音楽講師のやりがいとしては、生徒の成長に関わっていけることが挙げられます。音楽の初心者たちが、あなたの指導によって上達していく様子を見守っていくのは、感動的な経験になることでしょう。特に、子どもの成長には目を見張るものがあります。まるで保護者のような気持ちで、子どもが音楽に目覚めていく様子をそばで見守るのはうれしい体験だといえます。また、音楽教室にはさまざまな人たちが集まってきます。子どもから高齢者まで、ふだん関わりにならないようなタイプの人とも接点を持つことになるのです。多くの人々を結びつける音楽の素晴らしさを実感できるチャンスだといえるでしょう。

?こういう人に向いています

音楽講師に向いている人は、まず音楽的才能のある人です。もちろん、先述したように専門的な経験がなくても音楽講師になることはできます。しかし、生徒に指導する以上、本人に歌唱力や演奏力が備わっていることは大きな採用条件となります。多くの音楽教室では採用に当たって実技テストも実施しているため、歌唱力に自信がある人、楽器の演奏経験が長い人のほうが、採用の確率は高くなります。歌唱力についてはカラオケボックスで歌うような鼻歌の延長ではなく、専門的な発声法で歌えるかどうかがチェックポイントになります。腹式呼吸が身についているか、喉からではなく体から発声できているかなど、声楽的に正しい歌唱力がある人は、音楽講師に向いているでしょう。性格面では、コミュニケーション能力の高い人が歓迎されます。生徒からすると、レッスンを続ける重要な要素は講師との相性です。どんなに理論としては正しくても、つまらないレッスンに時間とお金をつぎこんでくれる人はいないでしょう。生徒と良好な関係を築き、わかりやすいレッスンを行える人材を教室側は求めています。もちろん、根気強く生徒にレッスンを行えるほどに音楽を愛している人にこそぴったりのアルバイトなのは前提です。

?面接の注意点

音楽講師のアルバイトに応募する人は、面接時にどんな注意をするべきでしょうか。まず、音楽的才能があれば、必ず採用されるだろうと思っているなら、それは間違いです。音楽家としての能力と指導者としての能力は比例するものではなく、どんなに自分の才能に自信がある人でも謙虚な態度で面接に挑みましょう。そのうえで、音楽の経験があれば具体的にアピールすることをおすすめします。音楽学校や楽団、事務所での活動などを実績と共に紹介すると、面接官の心を動かすことができます。特に音楽学校出身者は専門的な音楽理論を教わっているため、音楽教室での仕事にもいち早く対応できると予想されます。大きな音楽経験がない人でも、音楽との関わりをエピソードまじりに語ると情熱を認められることでしょう。そして、面接官とのコミュニケーションを成立させることが大切です。一方的に言葉をまくし立てるのではなく、相手と言葉のキャッチボールをするように心がけましょう。人を教える仕事に応募しているわけですから、面接官は『生徒ならどう思うか』という視点であなたを評価します。分かりやすく、丁寧な話し方で面接官に接すると、面接官も安心してあなたにレッスンを任せようと考えてくれるでしょう。

ページトップへ