1.  > 
  2. 幼稚園教諭のバイト

幼稚園教諭バイト・アルバイト・求人

保護者の元を離れて日中を幼稚園で過ごす子どもたちを安心させながら子どもが生活に必要な習慣を学ぶサポートを行う仕事が幼稚園教諭です。たくさんの子どもたちに囲まれて一緒に遊び、学ぶ幼稚園教諭のバイトについて具体的にどのような仕事を行うのかをご案内します。また、大切な子どもたちを保護者からお預かりしながら教育を行う幼稚園教諭の仕事を通して身につけることができるスキルや仕事のメリット、やりがい、向いている人のタイプも併せてみていきましょう。具体的な仕事を知ることで自分も幼稚園教諭として働きたいと考える人もいることでしょう。そこで実際にバイトを始めたいと求人への応募を検討している人には面接の際に気をつけるべき注意点についても解説していきます。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

幼稚園教諭は満3歳から小学校入学前の年齢である子どもたちが楽しみながら心身ともに健康に成長できるよう、遊びや学びを通して教育を行う仕事です。バイトとして働く幼稚園教諭は持っている資格に合わせて正規雇用の幼稚園教諭とともに子どもたちの教育を行ったり、サポートをしたりします。具体的な仕事内容を1日の動きとともに見ていくと朝は子どもたちが来園する前に出勤し、園内の掃除や迎える準備を担当ごとに行うことが一般的です。担当によってはバスに同乗し、子どもたちの迎え入れを行うこともあるでしょう。登園時間になり子どもをお預かりして園内に迎え入れたら、今度は登園した子どもたちの出欠を確認するためのシール帳へのシール貼りを行うように促します。日中の仕事内容は幼稚園ごとの方針により異なっています。勉強を重視している幼稚園では、小学校入学前の準備となるような学びの時間として子どもそれぞれの年齢に合わせて数字や言葉、英語などの学習指導を行います。子どもの自由な感性を伸ばしたいと考えている幼稚園では、畑作業や泥遊びなど自然と触れ合う時間を過ごす体験的指導を行うことが仕事となることもあるでしょう。お昼を子どもたちと一緒にとり、食事のルールや基本的なマナーを教えることも仕事です。子どもたちの降園後は幼稚園のイベントの準備や事務的な作業を行います。また、この時間に教諭間で子どもたちの情報を共有したり、その日の反省点を話し合ったりすることもあります。

?身につくスキル

幼稚園教諭のバイトでは仕事をするなかでたくさんの子どもたちと触れ合いますが、幼稚園に通う子どもたちは、その数だけさまざまな性格を持っています。異なる性格の子どもたちひとりひとりに合わせて対応する経験を日々積むことで個性の異なる子どもに対しても柔軟に接することができるようになり、子どもに対しての適応能力が高くなることが期待できます。このようなスキルを持つことは今後子どもに関わる仕事に就きたいというときに活かすことができる経験としてアピールのひとつとなります。また、自身で子どもを持ったときや友人や親戚の子どもと接したときにも上手に対応することが可能となることでしょう。幼稚園教諭として仕事をしていると、通園する子どもたちと併せて保護者との付き合いもあります。子どもと同様に保護者にもさまざまな人がいます。登園日や保護者も参加するイベントのときなどの際に顔を合わせ、言葉を交わすことでコミュニケーション能力の向上を期待することができます。幼稚園での毎日、運動会などのイベントを行う際には、たくさんの子どもたちや保護者をまとめなければいけないシーンもあるでしょう。特に、まだ年齢の小さな子どもたちをまとめることは容易なことではありません。しかし、何度もそのようなシーンを経験していくなかで上手な指示の出し方やどのようにすればスムーズに皆をまとめることができるかといった方法なども自然に学んでいき、スキルとして培っていくことも期待できます。

?メリット・やりがい

幼稚園教諭の仕事のやりがいは子どもたちの日々の成長を近くで感じることができる点です。子どもたちひとりひとりが見せる日々の変化が毎日の仕事を新鮮にし、充実感を与えてくれます。毎日泣きながら通園していた子が楽しそうに通園するようになったり、引っ込み思案だった子にお友達ができたりなど、子どもの数だけさまざまな変化を見せてくれる幼稚園での仕事は日々、発見と感動の繰り返しです。家庭で見せる子どもたちの成長や楽しそうに通園する姿を見た保護者からの感謝の言葉もやりがいへとつながることでしょう。幼稚園では1年を通してさまざまな行事を行うことが一般的です。行事は通常、企画から準備、当日の進行まで基本的なところはすべて幼稚園教諭が中心となって作ります。イベントが開催される何カ月も前から苦労して作り上げて成功したイベントの思い出もやりがいにつながることでしょう。バイト勤務の場合、園の求人内容によっては一週間のうち数日のみや特定の時間帯のみといったライフスタイルにあった働き方を選択することも可能です。このため自分の生活を崩すことなく無理のない範囲で大好きな子どもたちに囲まれながら仕事に長く関わり続けることもできるというメリットがあります。

?こういう人に向いています

幼稚園教諭として仕事をする場合、まず何よりも子どもが好きであるということは必須条件となります。子どもとの日々の園生活のなかでは楽しいことやかわいく感じることばかりではありません。時には真っ直ぐに気持ちを表す子どもや子どもを強く想い心配する保護者からネガティブな言葉を投げかけられることもあるでしょう。しかしそのようなときにも他の子どもたちへの影響を考えて上手に気持ちの切り替えを行うことができるかどうかという点もこの仕事に適しているかのポイントのひとつとなります。保護者から大切な子どもたちを預かる幼稚園教諭の仕事は責任の重い仕事でもあります。任されたことはしっかりとやり通すことができ、責任感を強く持って実行できる人に適した仕事です。どの園児にも平等に対応するためにはすべての仕事においてひとつひとつの作業をきっちりと行う几帳面さも必要なポイントとなります。幼稚園では季節に合わせて園内を飾りつけしたり、イベントで使用するものを手作りしたりといったものを作る機会も少なくありません。また、子どもたちとの自由時間ではお絵かきや工作を一緒に行うことも。このため、細かい作業が得意な人、手先が器用な人に向いている仕事でもあります。

?面接の注意点

幼稚園教諭として仕事をしたいと応募し、無事面接となった際に気をつける点のひとつが服装です。バイトの面接であってもスーツや襟のあるシャツを着用し、きちんとした服装で仕事への誠実な気持ちをあらわしましょう。子どもの成長に大切な教育を行う仕事であるため、清潔感のある格好をするように留意する必要があります。派手な色の服やアクセサリーを着用したり、スカート丈が膝より短いものや長すぎるものを履いたりして面接に向かうことは避けましょう。派手な色や奇抜なスタイルの髪型も面接をする担当者に悪い印象を与えることがありますので注意が必要です。着用しているものに汚れやシワがないかという点も面接に向かう前にチェックしておくと安心です。面接を受けるときには、会場となる面接室への出入りの際の挨拶や面接中に質問されたことに対しての回答を明るくハキハキとした声で対応しましょう。たとえ答えにつまることがあっても、黙り込んだりせずにわかる範囲で真摯に受け答えを行えば、面接担当者に悪い印象を与えることはありません。幼稚園教諭として大切なポイントである、子どもが好きという想いと、仕事への熱意、真面目さをしっかりとアピールすると良いでしょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ