塾講師アルバイト

塾講師のバイトでは、学習塾で先生として働くことになります。ある程度の学力とやる気さえあれば、未経験者でも積極的に採用してもらえます。そのため大学生のバイトデビューにもおすすめの仕事です。とくに教員を目指す人にとっては、生徒を実際に指導するという貴重な経験をすることができます。塾の指導スタイル“集団指導かどうかなど”によって勤務内容が変わってくるので、応募の際には勤務条件の確認が必須です。塾講師のバイトは、『生徒の将来を左右する』という意味で責任感の求められる仕事でもあります。その分大変なこともありますが、生徒の成長を感じる喜びや、生徒の目標を叶える達成感を得られます。真面目で責任感のある人、人に何かを教えるのが好きな人にはおすすめのバイトです。

アルバイトお役立ち情報

?仕事内容・特徴

学習塾で先生として働く塾講師のバイト。比較的短時間から勤務でき、かつ時給が高いため、忙しい学生に人気のバイトとなっています。仕事の内容は、授業のほか、テスト・宿題の採点、指導報告書の作成などがあります。このうち授業の部分は、塾によって業務内容に差が出やすいところです。学習塾にはいくつかの指導タイプがあります。どの指導タイプの塾に勤めるかによって、仕事内容や時給がかなり変わってくるのです。なかでも一番時給が高いのが、10人以上の生徒に対して授業を行う集団指導です。大人数を相手にする分、プレゼンスキルが求められるのが特徴です。また、4人以上10人以下の生徒に対して指導を行うグループ指導、3人以下の生徒に対して勉強を教える個別指導、という指導スタイルもあります。これらの指導スタイルにおいては、生徒の数が少なくなる分、生徒と先生の距離が近いのが特徴です。とくに個別指導においては、生徒と1対1で向き合うことも多いです。ひとりひとりの生徒と、じっくり関わることができます。集団指導にくらべると時給はやや低めですが、大人数を相手にしなくて済む分、初心者でも応募しやすいです。さらに自分では授業を担当せず、生徒からの質問への対応やプロ講師のアシスタント業務を行うチューター・担任助手という職種も存在しています。時給は業務の内容にもよりますが、授業を持たない分一般の事務バイトと同等か、それより若干高いといった範囲に収まる傾向があります。

?身につくスキル

塾講師は大変なことも多い仕事ではありますが、身につくスキルも多いです。まず集団指導やグループ指導では、業務の内容から、必然的に大人数の前で話をする機会が多くなります。そのため話し方や話の構成力といったプレゼン能力が磨かれます。また個別指導や、グループ指導でも少人数を相手にする場合では、プレゼン能力はあまり要求されません。しかし個人と個人の距離が近づく分、指導側のコミュニケーションスキルが大切になってきます。生徒にはさまざまなタイプの人がいるため、生徒によって柔軟に対応を変えていかなければなりません。効果的な指導を行うためにも、生徒の話によく耳を傾け、相手がどんなことを考えているのかを知る必要があります。その作業を通し、コミュニケーションスキルの基本を身につけることができます。また生徒の学力を伸ばすためには、生徒の強みや弱点を把握し、適切なアドバイスをしなければなりません。こうしたことから、相手の悩みの原因を発見し、解決に導くコーチングスキルも伸ばすことができるでしょう。この点は、生徒からの質問に応えるチューター業務でも同様です。さらにこれはどの職種にもいえることですが、塾講師のバイトでは、生徒はもちろん、保護者とも向き合うことになります。そのため電話対応や敬語の使い方、接客といったビジネスに役立つスキルが自然と得られます。とくに学生の方は敬語を使う機会があまり多くないので、ここで慣れておくと社会人になったときに役に立ちます。

?メリット・やりがい

塾講師のバイトのメリットとしては、時間の融通が利きやすいこと、さらに学生の人にとっては就活に役立つことがあげられます。まず塾のバイトでは、週に1日からの勤務からでもOKというところも多いです。夏期講習や冬期講習の時期といった繁忙期には、積極的にシフトを入れることが期待されますが、基本的には時間の融通が利きます。さらに夕方から夜にかけての勤務が多いので、昼間に用事がある人でも働くことができます。また学生は、就活のときに有利です。とくに教員志望の人は、集団指導を経験することで、生徒への指導力を面接時にアピールすることができます。もちろん一般企業を受ける人にとっても、塾のバイトは有用です。社会人スキルを身につけられますし、中高生以上を指導していた場合には、バイトで得た指導教科の知識が筆記試験対策になります。こうしたことから塾講師のバイトは、スキルアップを図りたい学生にとってはかなり魅力のあるバイトといえるでしょう。さらにこのバイトにはメリットだけではなく、やりがいもあります。ひとりひとりの生徒と真剣に向き合い、その成長を感じる喜びは、他のバイトでは味わえないものです。生徒の成長を通し、深い達成感を得ることができるでしょう。

?こういう人に向いています

塾講師はバイトではありますが、生徒から見ればプロ講師と同じ“先生”です。生徒の進路を左右し、場合によっては人生を大きく変えてしまう存在にもなりえます。そのため、いい加減な気持ちでは務まりません。責任感があり、生徒に誠実に向き合うことのできる人に向いているといえるでしょう。またクオリティの高い指導を行うためには、自分自身も担当教科を深く勉強することが必要です。したがって、勉強するのが苦痛でない人も適性があるといえます。それに加えて、小学生を相手にする場合は子どもが好き、集団指導を行う場合は人の前に立って話すのが好き、など業務の内容によっても、求められる適性は微妙に異なってきます。ただ人に何かを教えるのが基本となる仕事ですので、『人に教えることが好き』あるいは『丁寧に説明をするのが得意』という人でないと、バイトを継続するのは難しいかもしれません。適切な指導方法を提案するために、生徒の話を辛抱強く聞く能力も要求されます。さらに体質の面でも向き不向きがあります。塾講師のバイトは肉体労働が少ないです。しかし業務の特性上、生活が夜型になりがちという点もあります。勤務の時間帯にもよりますが、夜型の人の方が快適に勤務できるでしょう。

?面接の注意点

面接において重視されることとして、志望動機および指導への熱意があげられます。面接を受ける前に、『なぜ塾講師になりたいのか』『さらにどんな先生になりたいのか』ということについて具体的に考えておきましょう。また指導可能な科目や指導を希望する生徒の層、受験経験の有無や学歴、得意科目などについても必ず聞かれますので、よどみなく答えられるようにしておきたいですね。ちなみにシフトの希望もここで申告することになります。塾講師のバイトでは、ひとりひとりが“先生”として塾の看板を背負うことになります。また生徒だけではなく、保護者への対応も行います。そのため面接では、『常識があるかどうか』もチェックされます。正しく敬語を使い、丁寧に、かつ明るくはきはきと受け答えするようにしましょう。服装は男女ともにスーツが無難です。スーツを持っていない場合は、ジャケットを着用するなどきちんとした格好を心がけます。女性の化粧はナチュラルメイクの方が好印象です。またロングヘアの人はシンプルなヘアゴムなどで、髪をまとめておきましょう。なお塾講師の場合、面接と同時に筆記試験や説明会を行うことがあります。腕時計、筆記用具など必要なものは忘れずに持参しましょう。

関連するアルバイト求人!

ページトップへ