1.  > 
  2. 採点のバイト

採点バイト・アルバイト・求人

採点バイトでは、試験や通信教育の課題の採点・添削を行うのが仕事になります。時間の融通がききやすいため、忙しい人でもチャレンジしやすいのが特徴です。採用された会社によっては、塾や採点会場に出勤して仕事をするのではなく、在宅で仕事ができることもあります。そのため事情があって外で働きにいけない人にもおすすめです。仕事に必要なスキルについては、期限内にたくさんの答案を採点することから、集中力が求められます。また採点・添削という業務内容から、採点者自身にもある程度の学力が必要です。そのため採用試験では、面接とともに学力テストが課されることが多いです。なお手書きで採点・添削を行う場合には、字のきれいさも重視されます。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

添削バイトは、試験の答案や通信添削の課題の採点あるいは添削をするバイトです。小学生から高校生までの生徒が書いた模試の答案を採点して点数をつけたり、提出された課題の添削を行ったりします。予備校や塾、あるいは通信教育の会社の求人を見て応募することが一般的です。添削のバイトの特徴は、2種類の勤務形態が考えられることです。1つは採点会場におもむき、そこで採点・添削を行うパターンです。大手予備校や個人塾で採用されたときには、この勤務形態になることが多いです。予備校のように採点会場に採点者を集めていっせいに採点を行う場合と、個人塾などで見られるように塾で採点を行う場合があります。給料は時給制が一般的です。2つめは在宅で採点・添削を行うパターンです。自宅に送られてきた、通信添削の課題や試験の答案を、採点・添削して会社に返送します。在宅で添削バイトをする場合、給料は出来高制が一般的です。添削バイトでは、勤務形態にかかわらず数百枚単位で答案や課題の添削を行います。そのため作業にはスピードが要求されます。さらに模範解答と照らし合わせて丸つけをするだけといった単純作業だけではなく、解説やコメントを答案に書きこんだり、部分点を与えるかどうかの判断をしたり、といった頭脳労働をすることも多いです。特に通信教育の添削を行う場合や、模試でも記述式の問題や小論文・作文の採点をしたりする場合には、こうした頭を使う作業が増えてくるでしょう。

?身につくスキル

添削のバイトで身につくスキルはいくつも存在します。1つ目は集中力です。添削バイトでは限られた時間で大量の答案を処理していかなければなりません。同じような解答の採点が続くこともあるため、集中力を保つのが大変なときもありますが、ここで飽きてしまっては作業が終わらなくなってしまいます。採点バイトには、目の前の作業を集中して終わらせる能力が必要なのです。そのため採点バイトは、集中力を養うのに最適なバイトといえます。2つ目は、美しい字を書く能力です。特に通信教育の添削では、たくさんの答案にコメントや解説を、自筆で書きこんでいくことになります。読みやすく、丁寧な字を書くことが要求されますので、意識して文字を書いているうちに、きれいな字をすばやく書けるようになってきます。3つ目は、担当教科に対する深い知識です。採点基準が難しい、記述式の答案などを採点・添削するときには、採点者にも実力が求められます。場合によっては、調べ物が必要になることもあるかもしれません。こうした作業を通し、担当教科に対する理解を深めていくことができるでしょう。とりわけ担当教科にもともと興味がある人、あるいは教員志望の人にとっては、自分の専門分野を極めたり、好奇心を満たしたりすることができます。4つ目は事務処理能力です。仕事の量が多い採点バイトでは事務処理能力が必要になります。このことから多くのタスクを効率よく片付けるのに必要な力が身につきます。

?メリット・やりがい

採点バイトは直接人と接する仕事ではありません。しかし採点者の解説やコメントを、答案の提出者である生徒たちは楽しみに待ってくれています。自分の書いたコメントに生徒という読者がついていること、さらに答案添削を通して彼らの成長を手助けできることは、採点者にとって大きなやりがいになります。さらに採点バイトにはやりがいのほかに、大きなメリットがあります。それは勤務形態が選べるということです。採点会場におもむくほか、在宅で仕事をするという道もあります。そのため子育て中の方など外に働きに出られない人でも仕事を受けることができます。また『バイトはしたいけど、事情があってまとまった勤務時間がとれない』という人も、空き時間を使って仕事ができます。このようにほかのバイトやパートをするのが難しいという人でも、在宅の採点バイトであれば働くことが可能です。なお教員志望の人に関しては、将来の業務内容を体験できるというメリットもあります。学校の先生にとって、試験の採点は仕事の一環です。教員採用試験に合格する前に、採点バイトを経験し、採点や添削作業に慣れておけば、のちのち先生になったあと仕事が楽になります。

?こういう人に向いています

採点バイトに向いているのは、こつこつと真面目に作業ができる人です。採点・添削の仕事の中でも、コンピューターを使った採点や、記述試験以外の問題の採点は単純作業になりがちです。そうした作業でも集中してこなしていける人は、このバイトを長く続けることができるでしょう。加えて自宅で採点バイトをする場合には、だらけずに仕事を行う自己管理能力も必要になってきます。また採点バイトは、対象となる生徒の年齢や、採点・添削する答案の内容によって、仕事の難易度が大きく変わってきます。しかしいずれの場合にしても、採点者にも学力が要求されることに変わりはありません。特に採点・添削が難しい記述式の答案では、その教科に関してかなりの実力が要求されるでしょう。こうしたことから、採点バイトには、勉強が好き、もしくは得意という人が向いています。得意教科に関して自信があり、的確な採点・添削ができる人は、採点者として経験を積んでいくうちに、採点の難しい記述式の答案の採点や添削を任せてもらえるようになるでしょう。こうした答案は採点が難しい分、単価も高くなります。添削・採点のしがいもありますし、収入アップにもつながりますよ。

?面接の注意点

採点バイトは時間の融通がきくことから、学生社会人問わず人気のあるバイトです。求人数も少ないので、競争率も相当なもの。採用されるのはかなり厳しいものだということをまず知っておきましょう。学力が要求される採点バイトの面接は、ほかのバイトと比べて特殊です。なぜなら普通の面接に加え、学力テストがあることがほとんどだからです。まず面接では、志望動機や自己PRなど、一般的なバイトの面接でもきかれそうなことがよく問われます。具体的に、きちんと答えられるように、あらかじめ準備しておいたほうがよいでしょう。服装はできればスーツが無難です。教育関係の仕事ですので、真面目な格好でいくようにしましょう。次にテストについてですが、これは採用不採用を左右する重大ポイントになります。もちろん得点が高いほうが合格する可能性は高いです。特に、解答者の実力が出やすい問題“国語の読解問題や小論文、数学の記述問題など”の出来不出来は、採点の際に重視されやすいです。また手書きで採点する場合には、文字のきれいさもあわせてチェックされています。採点バイトの面接を受ける人は、教科の勉強に加え、字の練習にも力を入れたほうがいいでしょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ