1.  > 
  2. 添削のバイト

添削バイト・アルバイト・求人

添削のバイトは、生徒や受講生から提出される多くの回答用紙を採点し、必要に応じてコメントすることです。そのため素早く正確に採点する事務能力と的確なコメントを書く文章能力が求められます。添削のバイトをすることで、文章を書く能力がアップしたり、その分野の知識が深まったりします。また、生徒などの反応でやる気をもらったり、受講生の理解の向上に役立てることでやりがいを感じたりもできるでしょう。添削のバイトは、比較的単純作業である採点を素早く正確に納期までに終えられる人や理解の向上に役立つ的確なコメントができる文章力がある人に向いています。バイトの採用面接がある場合は、納期を守ることができる信頼性と文章能力をアピールするとよいでしょう。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

添削のバイトは、塾や資格学校、研修会社などが用意したテストに生徒や受講者が回答した内容について採点し、必要に応じコメントをすることが主な仕事です。採点をする場合に必要になる解答は与えられますので、4肢択一問題や正誤問題の場合は採点自体それほど難しい作業ではないでしょう。文章で解答する問題の場合は、加点対象となるキーワードが明示されている場合が多いですが、ひとりひとりの文章を読んで判断することになりますので手間はかかります。採点者のコメントが求められる場合は、生徒や受講者のでき具合を見ながら、誤った内容に関する正解の導き方のアドバイスや今後の勉強方法などについて記入するのが一般的です。添削作業をする場所は、その会社の事務所などを指定される場合もありますが、郵送でやりとりして自宅で作業するケースも多いです。添削のバイトの特徴は、納期が比較的短いことです。受講生や生徒にはできるだけ早くフィードバックをかけることが望ましいため、日程的にはあまり猶予がないケースが多いです。添削のバイトをする場合は、あらかじめスケジュールを調整し、添削作業時間を確保しておくことが大切です。ただし、納期を守ることができるのであれば、作業する時間帯はある程度自由がききますので、自分のペースで仕事をすることは可能でしょう。添削結果が生徒や受講生の成績向上や進路決定などを左右する場合もありますので、間違いないように作業する必要があります。

?身につくスキル

添削のバイトは、作業をしてお金がもらえるだけでなく一定のスキルを身につけることにもつながります。添削で身につくスキルは主に3つあげられます。1つ目は、採点のようなルーチンワークを確実にこなすスキルを向上させることができることです。同じ作業の繰り返しだとあなどっていると採点ミスを犯すことにつながる可能性があります。採点ミスは、生徒や受講生を不快にさせたり混乱させたりしてしまい、結果的に依頼された会社に迷惑がかかることになります。最悪の場合はバイトを辞めざるを得ないこともあり得ます。正確かつ素早く作業ができる能力が自然と身につくでしょう。2つ目は文章を書くスキルを向上させられることです。同じような文章を何度書いても書くスキルはなかなか向上しないものですが、添削のバイトをするとひとりひとりそれぞれに適した文章を短い時間で考えて書く必要に迫られます。結果的に、的を射た文章を短時間で書くスキルを身につけることができるようになるでしょう。3つ目は、添削を担当する分野に関する知識レベルがあがることです。依頼された会社から受け取る解答などの資料で最低限の添削作業はできますが、添削する分野に関しての知識があった方がより役に立つコメントを書くことができます。そのため、レベルの高い仕事をしようと思ったら、その分野について自分も勉強することになるはずです。その結果、その分野に関する知識が以前よりも深くなり、自分自身のためにもなるでしょう。

?メリット・やりがい

添削のバイトは、短時間で数多くの回答用紙に目を通した上で、ひとりひとりの理解度を考慮しながらコメントする必要がある仕事ですので、知識量や文章のスキル、そして集中力が求められます。さらに、頭も使うことになりますので楽なバイトではないかもしれません。しかし、添削のバイトをすることによるやりがいやメリットもあります。メリットとしては、字がきれいに書けるようになることがあげられます。ビジネスの世界ではパソコンで文章を作成することが多く、手書きの文章を人に見せる機会は減っています。そのため、読みやすくきれいな字を書くのが苦手だという人も多いようです。添削のバイトをすることで、人に見られる文章を手書きで書くことになりますので、自然に読みやすくきれいな字が書けるようになるでしょう。やりがいは、添削することで生徒や受講生の役に立てることでしょう。担当の生徒や受講生が決まっている場合は、『わかりやすい解説だった』『おかげで理解できた』などのコメントを受け取ることもあり、励みになりモチベーションもあがります。そういった反応がわからない場合でも、常に真剣にコメントを書くことで生徒や受講生の理解の助けになれるという思いがやりがいにつながるでしょう。

?こういう人に向いています

添削のバイトには向いている人と向いていない人がいますが、向いているのはどんな人でしょう?添削のバイトには2つの面があります。1つは採点作業のように、早く正確に決められた作業をこなす能力が求められる面、もう1つはひとりひとりの理解度を把握して的確なコメントを記入する能力が求められる面です。前者については、1つのことを繰り返しやっても、あきずに正確にできる集中力が保てるタイプの人が向いているといえるでしょう。採点ミスが多いと仕事を任せてもらうことはできません。責任を持って正確に作業できる人が向いています。また、後者については、的確なコメントを書く前提となる採点対象分野に関する知識と文章能力がある人が向いています。的確なアドバイスを含むコメントを書くためには、相手の理解度を把握する必要がありますので、相手の知識レベルだけでなく心理状態を想像することも大切です。そのため、相手の立場に立って考えることができる人は、良いコメントが書けるでしょう。さらに、添削のバイトは、納期さえ守ることができれば、時間配分は自分で決められることができるのが一般的です。自分のペースで仕事をしたい人に向いている仕事といえるでしょう。

?面接の注意点

添削の仕事は、講師など他の仕事に付随して依頼されることもありますが、添削のバイトとして募集されることも多いです。バイトの募集をした結果、応募者多数となれば、書類審査だけでなく実際に会って面接を受けることもあります。添削のバイトの面接を受ける場合の注意点は主に3つあります。1つは、納期を守ることができる人だと思ってもらうことです。添削の納期厳守に関する心構えを理解してもらうことはもちろん、添削の仕事のためにどのようにスケジュールを確保する体制を整えているかについてもアピールするとよいでしょう。2つ目は、添削する分野に関する確かな知識があることを伝えることです。その分野に関する資格があれば、客観的な証拠として説得力が増し、他のバイト応募者と比較して有利になるでしょう。3つ目は、文章を書くスキルに関してアピールすることです。まったく文章を書いたことがない人に添削者のコメントを含む仕事を依頼するのはリスクがあります。そのため、面接官に安心してもらうために、これまでの自分の文章作成経験をまとめておくとよいでしょう。これら3つの注意点を守ることで、添削バイトの面接にパスして採用されやすくなるはずです。

関連するバイト・アルバイト・求人!

ページトップへ