1.  > 
  2. 資材搬入のバイト

資材搬入バイト・アルバイト・求人

働いたその日のうちに給料をもらいたかったり、短期間だけのバイトを探したりしているのなら、資材搬入のバイトに挑戦してみてはいかがでしょうか。資材搬入のバイトは比較的柔軟な雇用形態となっていることが多いので、思い立ったらすぐに仕事を始められるという特徴があります。資材搬入のバイトは力仕事であり、体をしょっちゅう動かすものなので、体力に自信がある人には特におすすめできます。その日によって向かう現場が違うことが多いのでさまざまな場所に足を運ぶことができ、毎日新鮮な気持ちで仕事に励めることでしょう。もちろんお金もガッツリ稼げます。それでは早速、競争倍率が高く人気のある資材搬入のバイトについて、一緒に詳しく見ていきましょう。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

資材が必要な現場に資材を届け、指定された位置まで運び入れることが資材搬入の仕事の基本的な作業内容です。現場と聞くと建築現場をイメージしやすいですが、それだけではなく、イベント会場へ設営に必要な資材や楽器などを搬入したり、医療現場へ医療品や医療機器を運んだり、または店舗などにディスプレイの材料を搬入したりすることもあります。どの現場に何を運ぶのかはその日によって違いがあるので、働くたびにさまざまな現場を訪れることができます。現場によっては作業の大変さに違いがあり、場所によってはエレベーターがないビルの上の階に重いものを搬入しなければなりません。基本的にスキルや経験がない未経験者でも始められる仕事なのですが、体力に自信がある人ではないと、場合によっては働き続けられないかもしれません。資材搬入のバイトは毎回違う現場に資材を運び入れることから、仕事仲間も毎回変わっていくことが多いという特徴があります。同僚などはできづらい仕事ですが、言い換えれば人間関係のわずらわしさがない職業です。資材搬入のバイトの時給は他の一般的なバイトの時給に比べて高く、1日フルに働けば10,000円以上稼ぐことも夢ではありません。賃金がその日のうちに手に入るケースも多くあるので、すぐにお金が欲しい人には最適なバイトといえるでしょう。1日だけの単発でも週5回でも自由に選べるので、隙間時間を見つけてお金を稼いでみてはいかがでしょうか。

?身につくスキル

資材搬入のバイトを始める時点ですでにスタミナに自信があり、力仕事を何時間もこなせる人ではないと働くのは難しいのですが、初めの数日はつらくてもバイトを続けていくうちに次第に体が慣れてきて、体力や力がついてくることでしょう。資材は一般的に重いものが多く、仕事を続けていくことで足腰が鍛えられていきます。重いものの持ち上げ方や運び方もだんだんとわかってくるので、バイトをしていくうちに疲れを徐々に感じなくなっていくことも多いです。資材搬入の仕事は1人で動くものではなく、基本的に小規模のチームを組んで動くものなので、協調性や団結力も養われていきます。特に建築現場に運ぶ資材の中には、重いだけではなく、大きかったり長かったりして1人では運べないものも多々あります。そのようなときは複数人で一緒に運ぶ必要があるので、周りと協力していくスキルが磨かれることでしょう。また、重い資材を運搬する仕事なので、不注意で事故が起こる可能性があります。特に複数人で資材を搬入している場合に気を抜いてしまうと、自分だけではなく他人にケガをさせてしまう恐れが否定できません。そのため、資材搬入の仕事を通して、常に事故が起こらないように警戒したり、危険を察知したりする力が身についていきます。この能力は日常生活においても大変役立つものであり、資材搬入の仕事をすることで、自分勝手な行動を避け、周りをよく観察する癖がついてくることでしょう。

?メリット・やりがい

時給が高く、働き終わった後すぐに給料がもらえるのは、資材搬入の仕事のモチベーション向上につながることでしょう。得られた賃金ですぐに自分が欲しかったものも手に入れられるので、自分の労働をわかりやすく形にすることができます。接客業ではない仕事の多くは直接的に誰かから感謝の言葉をかけられることは少ないのですが、資材搬入の仕事は現場の人から資材を届けたことに対する感謝の言葉を受け取ることがあります。『ありがとう』のひとことで、また新たな仕事へ対するやる気が起こってくることでしょう。資材搬入のバイトの場合、その日の仕事の内容によっては短時間で作業が終わることがあります。がっつり稼ぎたい人は複数の現場を回ることができ、短時間で仕事を切り上げたい人は帰宅することが可能な柔軟性があるバイトなので、自分の生活を好きなように調整できるのも、資材搬入のバイトのメリットのひとつです。仕事の作業内容は現場にものを届けるというシンプルなものであり、物事をあまり複雑に考えずに仕事ができるのも、この仕事の魅力的な側面といえるでしょう。また、動きやすい服を着る必要はあるものの、服装や身だしなみの規定がほとんどないので、自分の個性を生かした格好ができます。

?こういう人に向いています

資材搬入の仕事は大雑把な性格の人でもできなくはありませんが、頼まれたものをきちんと届ける仕事なので、乱雑に資材を扱うことは好まれません。重い資材を置くときでも投げるように置かず、できるだけ丁寧に取り扱える繊細な感覚を持っている人は、この仕事に適しているといえるでしょう。また、繊細な感覚は資材に対してだけではなく、仕事仲間に対しても発揮されるべきでしょう。チームを組むことがほとんどである資材搬入の作業では、独りよがりでわがままな行動は事故の元です。周りに対する気配りや気遣いができ、協調性を重んじ上司の指示にきちんと従える人は、資材搬入のバイトに向いています。定められた時間内に資材をきちんと届けるという責任感が強い性格も、資材搬入に求められる能力です。一方、体力勝負の側面が強い資材搬入のバイトですが、力仕事にあまり自信がない場合でも、フォークリフト運転免許や小型移動式クレーン免許を持っている人は重宝される傾向があります。また、玉掛け技能講習も、資材搬入の仕事を続けていきたい人は取っておくと良いでしょう。すでにこれらの免許や知識を持っている人は、資材搬入のバイトでその技能を生かしてみてはいかがでしょうか。

?面接の注意点

資材搬入のバイトの性格上、服装や髪型など外見で人材を判断しない傾向があります。そのため、常識の範囲内の格好であれば、面接時にマイナスになる可能性は少ないといえます。また、学歴や経験は不問の場合が多く、履歴書の内容でバイトの合否が判断されることは少ないですが、免許や講習を受けた経験がある場合は忘れず記載しておきましょう。場合によっては免許を持っていない人よりも良い待遇で働くことができるかもしれません。資材搬入という仕事は、決められた時間内に資材を搬入し終えなければなりません。服装や話し方には比較的寛容であっても、時間に対しては厳しい感覚を持っているので、くれぐれも面接時に遅刻していくことがないように心がけましょう。遅刻をすると責任感がない人と思われるだけではなく、雇った場合に会社にリスクをもたらすと判断される可能性があり、かなりマイナス要素となってしまいます。また、資材搬入ではテキパキと行動する人が求められているので、面接官の質問に元気よくハキハキと受け答えすることも大切なポイントです。ぼーっとして面接官からの質問を聞き流してしまわないように、相手の言っていることを注意深く聞くように努めましょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

警備・製造・軽作業系

ページトップへ