1.  > 
  2. 工場のバイト

工場バイト・アルバイト・求人

私たちの身の回りには、さまざまな製品があふれています。それらの多くは工場で製造されています。工場の仕事というと、ベルトコンベアの前で、多くの人が作業をしている光景をイメージするのではないでしょうか。しかし具体的な仕事内容については、よく分からないという人もいるでしょう。工場の仕事には多くの種類や行程があります。仕事を続けることで、身につけられるスキルもさまざまです。工場によって異なる点が多いので、具体的なイメージを持ちにくいと考えられます。仕事内容をイメージできなくて応募を躊躇している人もいるでしょう。そこで今回は、工場の仕事について詳しく説明します。やりがいやメリットなども紹介するので、ぜひ参考にして応募を検討してみてください。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

工場のバイトで行う仕事内容はさまざまです。修理やクリーニングなどを専門とする工場もありますが、最も多いのは製造を行う工場です。材料を加工して部品や製品を製造するのですが、具体的な製造方法は分野やメーカーによって異なります。たとえば弁当工場とバイク工場とでは、使用する材料や機械などはまったく違います。弁当工場では調理に関する作業がメインです。食材のカットや味付けなどを行います。調理が済んだら、焼き加減のチェックなどを行い、容器に盛り付けていきます。衛生面を考慮して徹底的に消毒を行うことも重要な作業のひとつです。バイク工場ではそのような作業はなく、金属を加工する作業などが中心となります。装置のオペレーションを行う機会が多いです。プレスを行うのであれば、プレス機に材料の金属をセットして作動させます。他にも溶接や組立の作業などがあります。また同じ種類の製品であっても、メーカーによって製造方法が異なるのが一般的です。手作業を中心とする工場や機械加工を中心とする工場など、メーカーによって工場の方針が異なります。このように仕事内容は多岐にわたりますが、多くの工場で共通している特徴があります。それは流れ作業という作業方式です。効率よく製造を行うために、多くの工場が流れ作業を採用しています。個人が複数の作業を担当するのではなく、複数の人で作業を分担しているのです。担当する工程が決められており、その作業を繰り返し行うことになります。

?身につくスキル

同じ作業を繰り返し行うので、スキルが身につきやすいです。身につくスキルは担当する工程によって大きく異なります。作業の難易度が違うので、すぐに身につくこともあれば、時間がかかることもあります。専門性が高くない作業であれば、スキルの習得は難しくありません。組立やはんだ付けのように、学校の工作でも体験するような作業はすぐに習得できるでしょう。日ごろから料理をしている人であれば、食品工場で使用する調理スキルの習得に時間はかかりません。一方で専門性の高い作業の場合は、習得までに時間がかかります。たとえば手作業による塗装など、感性が重要なスキルは習得に時間がかかりやすいです。生産管理や品質管理のスキルも状況判断の要素が大きいため、経験を積む必要があります。しかし習得後は貴重な人材として扱われることになるでしょう。また工場でバイトを続けていれば、最初に習得したスキルより一段上のスキルを身につけることも可能です。たとえば金属加工の担当を続けていれば、加工スキルだけでなく、加工後の異常を見抜くスキルも身につきます。使用する機材の劣化などにより、加工にわずかなズレが生じるケースがあります。加工後の部品や製品の手触りなどで、そのズレを発見できるようになるのです。このようにスキルが磨かれていくことにより、熟練の職人のような作業者になる人も珍しくありません。また、担当する工程の変更を希望して認められれば、習得するスキルの幅を広げられます。

?メリット・やりがい

工場のバイトでは、基本的にひとりで作業を行うことになります。担当場所で黙々と作業を続けるのが一般的な工場の光景です。そのためコミュニケーションが苦手な人でも、作業しやすいというメリットがあります。人間関係が親密になりにくいので、人付き合いを好まない人でも気楽に続けられます。また、多くの作業を覚えなくて良いことも大きなメリットです。基本的には、自分が担当する工程の作業方法を覚えるだけで済みます。そのため、物覚えに自信がない人でも働きやすいです。長く働いていると2つ以上の工程を経験することもありますが、1度に担当する工程は1つずつなので困ることはないでしょう。工場のバイトには、ものづくりでしか得られないやりがいがあります。自分の工場で製造した製品が、多くの人の役に立つと思うとうれしくなります。製品が店頭に並んでいるのを見ると、自分の仕事の成果として誇らしい気持ちになるでしょう。日本を『ものづくり大国』と呼ぶことがあるのをご存じでしょうか。日本は資源が非常に少ない国なので、ものづくりを主要産業としています。それに欠かせないのが工場なのです。日本を支える産業に関わっていることに、やりがいを感じられるでしょう。

?こういう人に向いています

工場ではたくさんの人が働いています。それぞれ担当している工程があり、ひとつでもかけると大きな支障が出てしまいます。急に休んだり遅刻をしたりすると、多くの人に迷惑をかけることになってしまうでしょう。工場でバイトをするなら、そのような事態を引き起こさないように注意しなければなりません。そのため責任感を持って働ける人が向いているといえます。また手際が良い人にも工場のバイトは向いています。工場での作業は流れ作業であるため、手際よく行わなければなりません。自分の工程で遅れが出ると、製品の完成も遅れてしまうからです。バイト中は基本的に立ち作業を続けることになります。そのため体力がある人の方が無理なく続けられるでしょう。夏場などは工場内がとても暑くなることがあります。体調を崩しやすくなるので注意しなければなりません。体調が悪い状態で働くと集中力が持続せず、ケガや事故が起こりやすくなってしまいます。日ごろからしっかり体調管理をできている人の方が働きやすいでしょう。また、シフトによっては夜勤が続くこともあります。夜勤の場合は日中に睡眠をとるなど、ライフスタイルが普段と異なってしまいますので、生活環境の変化に強い人が向いています。

?面接の注意点

工場のバイトは時間厳守です。そのため時間にルーズな人物だと判断されると、採用してもらえない可能性が高いです。もし面接に遅れてしまうと、そのような人物だと思われてしまいます。必ず面接の時刻前に到着するように家を出ましょう。遅れるのが確実な場合は、できるだけ早く連絡してください。遅れてしまう可能性がある場合も、念のために連絡しておいた方が良いです。工場の仕事は単独作業になることが多いですが、面接ではしっかり話さないといけません。仕事中に話す機会が少ないといっても、皆無というわけではないからです。重い機材を扱う場合は協力することもありますし、問題を発見した場合は報告する必要もあります。そのようなコミュニケーションが可能であることを示しておきましょう。工場の仕事は種類が多いので、自分の適性に合った作業を担当させてもらうことがポイントです。自分の適性を把握してもらうつもりで、面接に臨むことを心がけてください。バイトを始める前に、具体的な作業内容を知りたい人もいるでしょう。その場合は、見学したいことを事前に伝えておくと良いです。工場によって対応は異なりますが、面接前や面接後に見学させてもらえる可能性があります。

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

警備・製造・軽作業系

ページトップへ