1.  > 
  2. 倉庫のバイト

倉庫バイト・アルバイト・求人

さまざまな人が分け隔てなく働けるバイトを探しているのなら、倉庫系の仕事を選んでみてはいかがでしょうか。倉庫のバイトと聞くと肉体労働を連想する人も多いかもしれませんが、実際は軽作業も多く、老若男女問わず働くことができます。体力に自信がない人も、年齢が気になる人も、倉庫バイトなら仕事を始めやすく、また続けていきやすいことでしょう。静かな環境で黙々と働けるバイトなので、人と接することが苦手な人や、集中して働きたい人にはぴったりです。倉庫バイトは地味な側面もありますが、日本の流通を支える縁の下の力持ち的役割を果たしており、なくてはならない存在なのです。それでは早速、倉庫バイトの仕事内容や魅力について、一緒に見ていきましょう。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

倉庫バイトとは倉庫内で行う作業全般を指しますが、なかでも倉庫内軽作業と呼ばれる仕事は商品を検品したり梱包したりする作業のことで、重いものを持ち運ぶような肉体労働ではないので、女性や年配の方も多く仕事に従事しています。倉庫バイトは接客業などお客様と直接コミュニケーションをとる仕事ではありませんが、たいていの場合チームで動くので、チームワークが必要不可欠となってきます。つまり、棚卸しから検品、梱包などをすべて1人でやるのではなく、チームの中で担当が決められていて自分が担当する部分に責任を持って素早くこなすことが求められるのです。自分の担当部分でつまずいてしまうと後の人達に迷惑がかかるので、正確に要領よく仕事をする必要があります。チーム内で自分ができることを最大限発揮することが重要なのです。倉庫の種類によっては、生鮮食品や冷凍食品を扱うこともあります。そのような場合は真夏でも温度の低い倉庫で作業をする必要があるため、体調に気をつけなければなりません。また、広い倉庫内を移動するケースも多々あるので、最低限は体力はつけておいたほうが良いでしょう。倉庫バイトにはさまざまな年代の人が働いているので、自分は若すぎるとか年を取りすぎているなどと心配する必要はありません。様々な年代の方と仕事をすることで学べることも多いのではないでしょうか。どの年代層でも受け入れてくれるのが、倉庫バイトの良いところなのです。

?身につくスキル

倉庫の仕事のなかには、検品というものがあります。検品は倉庫内の商品の質や量を検査する仕事で、検品を続けていると物のクオリティがわかるようになります。特に食品関係の倉庫バイトでは、どのくらい日数が経ったら廃棄するべきかが学べるため、日常生活にも知識を活かせるようになるでしょう。梱包作業で学べるスキルも、日常で役立つもののひとつです。梱包作業はいかに早く頑丈に商品を梱包できるかが大切になるため、手先が器用になっていきます。また、いかにムダをなくして素早く最短の道を行けるかを普段から考えられるようになります。例えば家事で皿洗いをしているとき、どの食器から洗った方が効率的かなどを考えて実践するようになることでしょう。倉庫バイトではチームワークが重要となりますが、仕事をしているうちに協調性を磨くことで作業がやりやすくなることを実感していきます。協調性も普段人と接するときに役立つ能力で、高い協調性を持っていると人と意見が違ったときでも争うことなく話し合いで穏やかに解決できるようになることでしょう。人間性もレベルアップできるので、魅力的な人として周りから認識されるかもしれません。倉庫バイトでは、自分が犯したミスは自分だけが痛い目を見るのではなく、チーム全体、ひいては会社に大きく迷惑をかけたり損害を与えたりすることがあります。そのため慎重にならざるをえなくなるため、必然的に注意深くなり、仕事に対する責任感が養われます。

?メリット・やりがい

初めて倉庫バイトに応募する人も多いことでしょう。倉庫の作業は基本的に特別な資格やスキルを持っていなくても始められるので、働いているうちに仕事のいろはを学ぶことができます。倉庫バイトは場合によっては長期の仕事だけではなく、短期のものも多く募集がかけられているので、夏休みや冬休みの間だけ働きたい学生や、仕事の予定がない数日間だけ稼ぎたい自営業者なども気軽にバイトをすることができます。短期の倉庫バイトはその日の仕事終わりにすぐに給料をもらえることもあるので、フレキシブルに働けてお金が今すぐに欲しい人にはメリットの多い仕事といえます。倉庫バイトの仕事の成果はなかなか目に見えにくいものですが、自分たちが検品したり発送したりした商品が無事にお店や個人のお客様の元に届くことは、倉庫の仕事に携わる人がいてこそ。インターネットを使ったショッピングが増えるなか、倉庫バイトの需要も徐々に高まってきています。人々がオンライン上での買い物を気軽にできるのは、倉庫バイトの存在があるからに他なりません。日本の流通が盛んになり、世の中がますます便利になっていくことで、倉庫系の仕事の従事者は自分たちの労働が世間に求められていると知ることができ、大きなやりがいを感じるのです。

?こういう人に向いています

フットワークが軽く、テキパキと動くことができる人は、倉庫の仕事に向いています。倉庫バイトは効率的に動くことが求められるので、のんびりしている暇はありません。常に先を考えて動くことで、作業効率は高くなります。倉庫バイトは軽作業が多く肉体を酷使するものではありませんが、立ち仕事や倉庫内を移動することが多いため、体力がある人が好まれます。このため、女性で力がない人でも1日中動き回れるスタミナがあるのなら、倉庫バイトに応募してみましょう。検品もする倉庫の仕事では、大雑把な人よりは神経質や心配性などの性格の人の方が適性が高いかもしれません。チームワークが基本なので、自分の失敗は他の人にも影響を与えます。違和感を覚えたら何度も確認して納得するまで突き詰めていける人は、チームメイトからも信頼されていきます。接客業が苦手な人も、倉庫のバイトに応募してみてはいかがでしょうか。倉庫内という閉じられた世界で仕事をするので、ほとんど特定の人としかコミュニケーションをとりません。協調性は求められるものの倉庫のバイトではコミュニケーション能力まではあまり求められないので、人と接するのが好きではない人も働きやすい環境となっています。

?面接の注意点

倉庫バイトの面接では、一般的な面接と同じように、遅刻したり汚い格好をしたりしては面接官の印象が悪くなります。特に遅刻は避けるべき失敗で、仕事に対する責任感がないと思われる可能性があります。倉庫で取り扱う商品によっては、汚らしい身なりで面接に行くと不合格になる可能性が高くなります。特に食品関係では衛生面に気を使っているので、ボサボサの髪の毛や伸びた爪、汚れた服などはマイナス要素です。女性の場合は派手なメイクも避けた方が無難で、面接時には最低限清潔感がある格好をしていくようにしましょう。倉庫のバイトではコミュニケーション能力はあまり必要ないため、面接で何か気の利いたことをいったり、話が上手なアピールをしたりする必要はありませんが、論理的思考に基づいた受け答えは面接官に好印象を与えます。仕事の効率を重んじる倉庫の仕事では、与えられた作業を1~10まできちんとこなす人を雇いたいと考えています。そのため、話に起承転結がなく、いきなり話しているテーマから飛躍してしまい関係のないことを話し始めるなどは、面接官に良いと思われないことでしょう。協調性も必要となる倉庫の仕事では、相手の話をよく聞いて理解することがとても重要なポイントとなります。

関連するバイト・アルバイト・求人!

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

警備・製造・軽作業系

ページトップへ