1.  > 
  2. 運転代行のバイト

運転代行バイト・アルバイト・求人

ダブルワークで収入を増やしたい、昼間は忙しいのでできれば夜にアルバイトをしたい、そんな条件にぴったりのアルバイトがあります。それは、飲酒した人の運転代行のアルバイトです。運転代行のアルバイトは、時給1,000円以上の案件も多く、運転免許さえもっていれば短期間でまとまった収入を得ることも十分に可能です。一方で、お客さんを安全に家まで送り届けるという責任重大な仕事でもあり、自分に務まるかどうか不安に感じている人もいるでしょう。そこで、運転代行の仕事の詳細や、メリット、やりがいについてまとめてみました。ふだん、あまり気にすることのなかった運転代行という仕事について詳しく学んでから応募されることをおすすめします。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

運転代行の仕事は主に、飲酒した人や体調不良に陥った人など、自分で運転することが不可能になった人の代わりに運転して家まで送り届けることです。運転代行の仕事は需要が高まっている傾向にありますが、その背景には飲酒運転の取締強化が挙げられます。少し前までは飲酒をしても、どうせ見つからないだろうという思いから車を運転して帰る人が後を絶ちませんでした。しかし、飲酒運転を原因とした事故が多発したため、最近では警察も飲酒運転に厳しい目を向けるようになりました。今ではたとえ事故を起こさなくても、発覚すれば高い罰金を払わされてしまう飲酒運転を、ほとんどの人が避けるようになっています。しかし、自動車で移動していてもうっかりお酒を飲んでしまうこともあるでしょう。そのため、運転代行の仕事の出番が増えたという流れがあるのです。運転代行は基本的に2人1組で仕事をします。ひとりがお客さんの車を運転して家まで車を走らせます。そして、もうひとりが誘導車、あるいは付随車として会社の車を走らせます。アルバイトに任せられるのは会社の車の運転が中心ですが、第2種運転免許をもっている人ならば、お客さんの車を運転することも可能です。飲酒のお客さんをターゲットとしているため、20時以降から早朝にかけては仕事のピークとなる時間帯です。昼間に学校や他の仕事がある人でも、上手にスケジュールを組めばダブルワークで回せるために、人気のアルバイトになっているのです。

?身につくスキル

運転代行の仕事で身につくスキルは、道路の知識です。なぜなら、運転代行のアルバイトが任せられるのは主に車の誘導だからです。もちろん、ほとんどの場合は会社の車にナビが搭載されているために、自分で調べるケースはほとんどありません。ナビの指示通りに運転することさえできれば、問題なく仕事をやり遂げることができます。そして、その過程で今まで知らなかった交通情報や、近道を知ることができます。こうした情報は、他の仕事に就職したときにも十分活かせるでしょう。たとえば、営業職に就いて外回りにいくときでも、渋滞が起こりにくい道を選ぶことができます。タクシードライバーや運送トラックのドライバーになったときも同様に、近道をたどって目的地に迎えるようになるでしょう。こうした地理の情報のほか、成長するのは責任感への意識です。先述したように、運転代行の仕事は他人の安全に関わっているため、非常に責任感が問われます。また、会社の車はもちろんですがお客さんの車を運転するときは傷ひとつつけないことが大前提です。安全かつ正確な運転をするには深夜の仕事であっても居眠りなどもってのほかです。わずかな気の緩みが命取りになるため、常に気を張っている必要があります。そんな態度で仕事にのぞんでいると、自然と仕事に取り組む姿勢が引き締まっていくことでしょう。社会人としての心構えを磨く意味でも、運転代行のアルバイトが教えてくれることは大きいのです。

?メリット・やりがい

運転代行のアルバイトを続けるメリットは、車や運転が好きな人にとっては苦にならない内容だという点です。忘年会や新年会のシーズンであれば、運転代行は繁忙期になります。就業時間の間は休憩する暇もないほどに忙しくなるということもしばしばです。しかし、運転が好きな人なら、そんな状況もむしろ楽しめるのではないでしょうか。また長時間の勤務であっても車の座席という楽な場所にいられるのもメリットです。姿勢が固定されるつらさこそありますが、体力が削られることはほとんどないので、もともとの体力や年齢を問われずに仕事ができます。誘導車の運転であれば、仕事中はほとんどひとりであり、同僚やお客さんと余計な会話をしなくて済みます。人間関係をわずらわしく感じる人にはおすすめだといえます。また金銭面でも、運転代行は高額を稼ぎやすいアルバイトです。特に歩合制を採用している会社では頑張りがダイレクトに還元されるので、モチベーションが高まります。やりがいとしては、人に喜んでもらえる仕事だという点です。ほとんどのお客さんが、家に着いたときには『ありがとう』という感謝のひと声をかけてくれるでしょう。他人から感謝されることで、モチベーションもアップし心が温まる貴重なアルバイトです。

?こういう人に向いています

運転代行に向いている人の特徴としては、車を運転しなれていることです。お客さんを快適な気分で送り届けられるだけの技術が必要です。また、運転代行は事故を起こすことが許されないアルバイトです。お客さんの車を傷つけたり、生命を危険にさらしたりすることは問題外ですが、会社の車を傷つける瞬間をお客さんに見られたら信用に関わってしまうからです。また、道に迷ったり、標識を誤読してしまったりするのもお客さんに悪い印象を与えてしまいます。そのため、運転に慣れていて、お客さんに安心感を与えられる人が採用側からも喜ばれるのです。性格的には、『空気を読む』能力が重要です。お客さんの大半は飲酒しているので、判断力が低下しがちです。そんなお客さんとコミュニケーションをとるときには、態度に気をつけることが大切です。話しかけただけで怒られたり、何気ない言葉につっかかられたりすることも多いのです。自分からトラブルを引き寄せるのではなく、社内の空気を読みながらお客さんを刺激しないように運転できる能力が求められるのです。そのため、酔っ払ったお客さんと一緒になって盛り上がってしまう人よりも、真面目で淡々と職務をこなせる人のほうが、向いているアルバイトでしょう。

?面接の注意点

運転代行のアルバイトに応募したなら、面接時にどんなことを注意すればいいのでしょうか。まず、運転能力についてのアピールを心がけましょう。どれだけ頻繁に車に乗っているか、道路の知識があるかを説明できるように準備することが大切です。過去、運転に関わる仕事に就いていた人は面接官からポジティブな評価を受けやすくなります。履歴書の経歴欄にしっかりと書き込むなど、興味を引く工夫をしておきましょう。優遇されやすい資格として、第2種運転免許があります。第2種運転免許を取得しているとお客さんの車を運転できるなど、任せられる仕事の幅が広がるからです。そのうえで、真面目な人柄を印象づけることをおすすめします。面接官が不安に思うのは、ドライバーとお客さんがトラブルを起こさないかどうかです。飲酒したお客さんのなかには感情的になりやすいタイプもいるので、ドライバーのちょっとした言動がトラブルへと進展する可能性があります。そのため、面接官は話していて気持ちのいい人物を採用したいと考えています。面接では無理に明るく振舞ってしまう人もいますが、それよりも誠実で安心感のある人間だと思われるように落ち着いた態度でのぞみましょう。

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

配送・引越・ドライバー系

ページトップへ