1.  > 
  2. 新聞配達のバイト

新聞配達バイト・アルバイト・求人

新聞配達のバイトでメインとなるのは朝刊の配達です。不配達や誤配達がないように個々の家へしっかりと新聞を届けるのが最も大切な使命ですが、新聞代の集金や折り込みチラシを新聞に差し込む作業など、配達だけではなく業務は多岐に渡ります。配達員として働けば早起きが日課となるので時間を有効に使えるのはもちろん、地域の人々ともコミュニケーションをとることもでき、自分の住む地域を深く知ることができるメリットもあります。朝の家事前から積極的に動きたい主婦の方々や、昼間は学業に専念したい学生の方などに向いているアルバイトです。早朝の仕事なので、面接では規則正しい生活をしていて遅刻をせず仕事を続けられる一面があることをアピールしましょう。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

新聞配達員のメインとなる仕事は、日が明ける前までに朝刊を配り終えることです。配達員として最初に覚えなければならないのは、購読者の住所でしょう。配達員はそれぞれ担当する配達エリアを受け持ち、地図を手に配達がてら購読者の家を回りながら記憶するところから始まります。もちろん、いきなりエリアを受け持つのではなく、エリアを熟知している先輩の後をついていくことから始めて、徐々に独り立ちを目指します。購読者によっては専用の新聞受けがあったり、ポストに差し込んだりと細かい注文がある家もありますので、それらの要望にも答えていかなければなりません。新聞配達で最も大事なのは、素早い配達を心がけながらも不配達や誤配達をゼロにすることです。購読者が朝起きて目を通すはずの新聞が届いていないとなると、読者から新聞店にクレームの電話が届くでしょう。商品が届かないという事態は信用問題にもつながりかねないため、最初のうちは遅くてもいいから慎重に、正確な配達を心がけましょう。毎日配達をするうちに購読者の住所やポストの位置などは地図を見なくても体で覚えてくるので、配達の効率も上がってきます。また、新聞は朝刊だけでなく夕刊の配達もありますし、購読者の家にうかがって講読料を集金することもあります。配達をする前に事前に折り込み広告を新聞に差し込んだり、折り込み広告を束にしてまとめたりする仕事もあり、配達員として覚える作業は多岐に渡ります。

?身につくスキル

新聞配達の仕事を通じて得られる最大のスキルは『自己管理の向上』です。配達員の生活は、一般的な生活とはズレのある時間帯で動きます。新聞は各世帯に届く時間を逆算して作られており、販売店に届くのは平均で午前3時ごろです。少なくとも新聞の店着時間までには配達員が店に到着していなければならないため、睡眠は人よりもかなり早めにとらなければなりません。人と違う生活を強いられるというのは困難なことで、上記の点では特に夜の遊びが制限され、楽しみを削らなければならないこともあります。ただ、これによって早寝早起きの習慣が身につき、かつ生活を律することで誘惑に負けない生活を送ることもできます。2つ目は『作業効率の意識向上』です。日の出までに新聞を届けるという使命を持つ以上、配達員は時間との闘いを迫られることになります。新聞が店に到着してから、いかに短時間でチラシを折り込めるか、そして効率よく配達するにはどの順番で家を回れば良いかといった知恵を巡らせます。作業効率は新聞配達員だけでなく、ほぼすべての仕事に通じて求められてくる能力です。どうすれば素早く、正確に仕事を終えられるかを日々追究していくことによって、配達の効率だけでなく社会人としての基礎スキルも養うことができるでしょう。また、配達員として読者の満足度を高めるには、新聞を濡らさずに届けたり、朝早くから起きていたりする世帯であれば手渡しするといった工夫も求められます。これらの気配りができるという点も大切な能力です。

?メリット・やりがい

新聞配達員として働く最大のメリットは、時間が有効に使えるという点でしょう。人々が寝ている時間帯に仕事が完結するので、1日を長く感じることがきでき、時間を有意義に使いたいという方におすすめできます。例えば、主婦の方であれば朝ごはんを作り終える前に配達の仕事を終わらせれば、その分昼間は自分の趣味などに時間を割くことができるでしょうし、さらに稼ぎたい方は新たなアルバイトに精を出すことも可能です。また、早寝早起きをする傾向がある高齢者が配達に挑戦するのも、適度に体を動かすという点でもぴったりなのかもしれません。また、昼間は学業が忙しくて働ける時間がない学生の方でも、夜明け前なら働くことができますし、夜ふかしをしない点では規則的で健全な学生生活を送ることもできます。やりがいとしては、地域とのつながりを深められる点が挙げられます。配達や集金業務などを通じて、漫然と地域で暮らしているだけではわからない人の動きを知ることができ、集金業務などを通じて直に話をすることもできます。次第に顔見知りになれば声をかけてもらえることもあるでしょうし、業務に疲れたときに地域の人の優しさに触れると再びやる気も湧き上がってくるのではないでしょうか。

?こういう人に向いています

早朝の仕事がメインとなるため、起きるという行為は仕事の一部のようなものであり、早起きが苦にならない方が向いているでしょう。朝に家事をする前に働きたい主婦層や、早く目覚めやすい高齢者といった方々であれば生活リズムを劇的に変えることなく働くことができます。また、配達は基本的に1人で行うので時間に追われるものの自分のペースで仕事ができ、黙々と作業をこなしたい方にもおすすめです。また、毎日同じ時間に同じエリアを配達して回る日々ですから、仕事内容が変化に乏しいと感じることもあるかもしれません。同じことの積み重ねが日常となりますが、そういった作業が苦にならないという方もぴったりなのではないでしょうか。また、新聞配達は体力勝負という一面もあります。配達は常に晴れの日ばかりが続くとは限りません。梅雨の時期は雨が多いでしょうし、冬の時期は夜明けも遅く寒さが身にしみることもあるでしょう。それでも自分の配達地域は責任を持って守らなければならないので、軽度の病気なら頑張って出勤できる強い肉体と精神の持ち主は好まれます。副業をしたいという方も、早朝に働くことができる新聞配達員は昼間の本業に専念することができるので応募してみてはいかがでしょうか。

?面接の注意点

新聞配達員を志望するにあたって強みになる資格などを知りたい方もいるでしょうが、強いて挙げたとしても配達時にバイクや車を運転するための免許程度です。運転免許がなくても、自転車で配達することもできるので心配はいらないでしょう。採用面接で主に聞かれそうなことは、これまでに挙げてきた『早朝作業が苦にならないか』『時間に遅れないで仕事に来ることができるか』の2点です。店側が気にしているのは、志望者が配達エリアをしっかり守ることができそうかどうかであり、面接の際には自分が朝早い仕事に向いている理由や、与えられた持ち場を投げ出さずに守り通せる意思の強さをアピールしたいところです。配達は慣れるに従って住所も覚えていくでしょうが、気が緩むと不配や誤配、思わぬ事故を起こしてしまうことも店側は危惧しています。配達に緊張感を持って続けられる真面目な性格であることをアピールするため、面接時には身なりにも気をつけましょう。もちろん配達時は動きやすい格好で仕事をするのですが、だからといって適当な格好で面接に臨んでは人間性を疑われかねません。スーツでいくほどの固さは求められないでしょうが、採用側から見て不快に思われないような服装でいきましょう。

新聞配達のバイト・アルバイト・求人!

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

配送・引越・ドライバー系
本日のピックアップ求人
青山新聞店

給与:時給1600円
勤務地:愛知県名古屋市緑区
最寄駅:左京山駅など
雇用形態:アルバイト

青山新聞店 のバイト

採用課金型の求人広告掲載

ページトップへ