1.  > 
  2. 郵便配達のバイト

郵便配達バイト・アルバイト・求人

郵便配達のバイトは時給も比較的高めで、決められた区域を走るだけなので難易度もそれほど高くはありません。また、短期バイトは学生などが集中的に稼ぐのに最適で、長期バイトにも福利厚生が充実しているというメリットがあります。どちらかというと、ひとりでこつこつと仕事をするのが好きな人には向いている仕事であり、地域に密着した仕事をしたい人にもおすすめです。ただ、郵便には誤配送や紛失といったリスクもあるため、責任感がないようでは困ります。自分がミスをすると多くの人に迷惑がかかることを自覚し、注意深く確認をしながら配達ができる人材が求められています。面接の際もその点に対して面接官に不安を抱かせるようでは、マイナス評価は免れないでしょう。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

郵便配達のバイトは自転車やバイクを使ってはがきや手紙を配達する仕事です。正社員である郵便局員とは異なり、内勤業務はほとんどありません。また、担当区域を定期的に変えていくといったローテーションもなく、ずっと同じエリアを配達し続けるのが特徴です。郵便配達のバイトといえば、年末に募集がかかる高校生の短期バイトを想像しがちですが、それとは別に、長期契約で週5日の8時~16時45分まで勤務などといった形のものも存在します。勤務時間を見ても分かる通り、長期の郵便配達は学生より、フリーター向きのバイトです。仕事の流れとしては、出勤すると準備体操と朝礼があり、その後、バイクの点検をして郵便物を区域ごとに分ける作業に入ります。なかには、転居してしまって指定の住所にはもう住んでいない人の郵便物なども混じっているので、差出人に送り返す手続きも行い、それらの作業が終わるといよいよ配達です。配達の際は、誤配達がないように 1件ずつしっかりと住所と名前を確認する必要があります。昼過ぎには、1度郵便局に戻って休憩とミーティングを行います。その後も配達を続け、16時前後に配達を終えて再び郵便局に戻り、後処理をすませれば終了です。大変なのは雨や雪の日で、郵便物が濡れて破損してしまわないように気をつけなければなりません。どんな天候でも基本的に配達は行われますが、台風などで危険が伴う場合には、天候回復まで待機することになります。

?身につくスキル

郵便配達のバイトを続けていると担当区域の地理に詳しくなります。単に、道順を覚えるだけでなく、住所に基づいて配達をしているため、地名や家などの地域情報に詳しくなります。そのなかで、ものごとを覚えることが習慣化されるため、記憶力の鍛錬にもなるでしょう。また、郵便物を早く正確に配る工夫を積み重ねているうちに、物事を効率よく達成するにはどうすればよいかを考える能力も身についてきます。郵便配達は一見、毎日同じことの繰り返しのように見えますが、日によって道が混んでいたり、工事中だったり、あるいは、悪天候だったりする場合があるので臨機応変な対応力もはぐくめます。また、配達の際には、急ぎながらもバイクを安全に操作する必要があるため、運転技術を磨くにはもってこいです。同時に、周囲に対する注意力を養うことにもなります。さらに、誤配送は許されないため、緊張感をもって仕事に取り組み、その結果として、仕事に対する責任感も培えます。誤配送をなくすには注意深く確認をしなければならないので、それが当たり前になってくると、日常生活においてもうっかりミスは減ってくるでしょう。その他には、配達先の人と直接話をする機会もあり、担当区域の人々と親しくなれる側面もあります。その結果、普段忘れがちだった地域住民とのふれあいの大切さを思い出し、コミュニケーション能力が磨かれていきます。単調作業のように見えて、さまざまなスキルを習得できるバイトなのです。

?メリット・やりがい

郵便局のバイトは内勤と外勤がありますが、外勤の一種である郵便配達は内勤に比べると時給が高めです。また、長期のバイトの場合は福利厚生が充実しており、社会保険への加入や有給休暇の取得もしっかりしている点が、通常のバイトにはないメリットです。一方で、短期のバイトであれば学生でも長期休暇を利用してまとめて働くことができます。短期間に集中して稼ぎたい人にはぴったりの仕事です。しかも、郵便局はたいていの町にあるので職場が近いという利点もあります。仕事に関しては、意外と休憩時間が多く、昼休みと合わせて勤務中に2時間ぐらい休めるのが特徴です。これは集中力の低下によるミスを防ぐためですが、仕事自体は毎日同じ区域を配達するのでさほど難しくはありません。さらに、勤務中は基本的にひとりなので、職場の人間関係にわずらわされないというよさもあります。同じ区域を走るだけですが、それでも、小さな変化や新しい発見があった時には楽しく思えるものです。それに、配達先で『ありがとう』『ごくろうさま』と感謝やねぎらいの言葉をかけられたときはモチベーションもアップすることでしょう。このように、自分のペースで仕事ができて、地域住民とふれあえることが大きなやりがいとなります。

?こういう人に向いています

郵便配達の仕事をするには何よりも責任感が大切です。万が一、郵便物を紛失したり、間違って他の家に届けたりするとたくさんの人に迷惑がかかるわけですから、そのことを自覚したうえで仕事を行えるかがポイントです。また、少しでも早くかつ正確に郵便物を配れるように工夫を重ね、その成果にやりがいを感じながら仕事に取り組める人が向いています。職場で協力し合って仕事を行うより、ひとりでこつこつと働くのが好きな人には、郵便配達のバイトはおすすめです。さらに、地域に愛着を持っており、地域の人々とふれあいながら仕事をしてみたいと思っている人にとってもこのバイトは有力候補となるでしょう。それに、適度に体を動かす仕事なので、日ごろの運動不足を解消したいと思っている人にはぴったりです。ただ、真夏の炎天下でも北風の吹く真冬でも外での配達が続くので、それが原因で病気になって倒れたりすると、周りに迷惑かけてしまいます。したがって、ある程度体が丈夫で日頃から健康管理ができているというのは、このバイトを行ううえで大事な条件です。後は、原付免許の取得がバイトの条件となっているところもあるので、求人を見る際は、よく確認をすることが大切です。

?面接の注意点

面接時には必ずしもスーツを着用する必要はありませんが、面接官に与える印象を考えた場合、あまり派手な服装は避けた方が無難でしょう。好ましいのは、おとなしめの清潔感のある格好です。極端に汚れた服装などで面接に訪れるとマイナスポイントになる場合があります。また、面接時はハキハキとした声で受け答えをし、配達先での対応も問題なく行えることをアピールしましょう。基本的に、明るく前向きな姿勢を示しながら、これから郵便局でお世話になるのだという気持ちを持って臨めば好印象につながります。社員の面接ではないので、郵便についての深い知識などは必要ありませんが、分からない点があれば面接がひと通り終わった後で質問をしてください。仕事に対する積極性の表れだと思われ、プラス評価になる可能性があります。ちなみに、短期バイトの時は、面接時に希望シフトを尋ねられるのであらかじめ考えておき、スムーズに答えられるようにしておきましょう。その際、バイト申し込み時にもらった勤務シフトなどの書類があれば持ってくるのを忘れないようにしてください。さらに、バイクでの配達を希望する場合は、免許の持参が必須となるのでこれもうっかり忘れることがないようにしましょう。

関連するバイト・アルバイト・求人!

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

配送・引越・ドライバー系

ページトップへ