1.  > 
  2. ティッシュ配りのバイト

ティッシュ配りバイト・アルバイト・求人

ティッシュ配りのバイトは一見、単純そうにみえますが、なかなか奥が深いものです。通行人に効率よくティッシュを受け取ってもらうにはさまざまな工夫をする必要があります。そして、常に創意工夫をすることは仕事に対するやりがいにもつながります。また、このバイトは勤務時間が短く、時給も悪くないうえに日払いも可能なので、急にお金が必要になった人や時間の合間に小遣い稼ぎをしたいという学生や主婦などに人気です。特に、職場での人間関係が苦手で、ひとりで黙々と仕事を行うのが好きな人はこのバイトに向いているといえるでしょう。ただし、5~6時間立ったままティッシュを配る体力と他人に対して笑顔でティッシュを渡し続けられる愛想のよさは必要です。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

ティッシュ配りのバイトはサンプリングスタッフともいい、街頭や店頭で広告入りのポケットティッシュを配布するのが仕事です。時給の相場は900円~1,200円程ですが、ノルマ制を採用しているところは1個配るごとに3円~5円程度の報酬が発生します。一般的に、勤務時間は短めで、5時間前後のところが多いようです。おおよその仕事の流れを説明すると、まずはバイトの当日、指定された集合場所におもむき、担当から配布場所やターゲットにするべき層などについてのレクチャーを受けます。『配布場所は駅周辺、商店街、繁華街などの人通りの多いところで行い、広告に興味のありそうな方を中心に配ってください』と説明があるわけです。例えば、金融関係の広告なら中高年層が、コンタクトレンズの広告なら若者がメインターゲットになるといった具合です。それから、仕事に向かう前に配布場所の地図と道路使用許可証が渡されます。公道でティッシュやチラシなどを配るには、許可証が必要なので絶対になくさないようにしましょう。配布場所に移動した後は、少しでも多く受け取ってもらえるように工夫をしながらティッシュを配っていきます。そして、勤務終了時間になれば、残ったティッシュを持ちかえって担当に報告をして終了となります。なお、ノルマ制の場合は渡されたティッシュを全部配り終えればその時点で終了です。初心者は時給制の方が無難ですが、慣れてくればノルマ制の方が効率よく稼げるようになるかもしれません。

?身につくスキル

ティッシュ配りは簡単なようにみえて奥の深いバイトです。初心者と熟練者ではティッシュを配るスピードに雲泥の差があります。最初は、声をかけても無視して通り過ぎる人が多くて心が折れてしまいそうになるかもしれません。人によってはティッシュを差し出して不機嫌な顔をされる場合もあるでしょう。しかし、それでもがんばって配り続けていると、どのような人にどう渡せば受け取ってもらいやすいかが分かってきます。それによって、人への接し方や人に対する観察力の基礎が学べます。大切なのは、最初は人を選ばないことです。『誰に渡そうか?』と悩んでいるとただ時間がすぎていき、ティッシュばかりが残って学習にもつながりません。それに対し、たくさんの人に配れば多くのことを学んでいけます。例えば、主婦は経済観念がしっかりしているのでティッシュを渡すと喜んでもらえるとか、マスクをしている人は風邪や花粉症で困っているのでティッシュ受け取ってもらえやすいなどといったことです。そうした洞察力は実生活でも役に立つケースが多いでしょう。特に、笑顔の重要性を知り、人に笑顔を向ける訓練になるのは、このバイトを行ううえでの大きなメリットです。感じのよい笑顔は人間関係を潤滑にしてくれます。ほかにも、ティッシュ配りのバイトは目標に向かって努力する自己管理能力、周囲への気配りができる協調性、課題解決を図るための分析力などさまざまなスキルの獲得につながります。

?メリット・やりがい

ティッシュ配りは、最初は通行人から無視されて心が折れそうになることもありますが。慣れさえすれば誰でもできる気軽な仕事です。しかも、勤務時間は短く、時給も比較的高いうえに、日払いも可能なので急にお金が必要になった場合にはぴったりな仕事です。手慣れてくればノルマ制を選び、素早く配り終えると予定より早く帰れます。また、土日に仕事が多いので本業を持っている人でも副業として働くことが可能です。ティッシュ配りは漠然と行っていると単調な仕事ですが、特にノルマ制の場合は、どれだけ効率よく配れるかを考えながら工夫を重ねればそれがやりがいになってきます。『ティッシュ配りを珍しく感じる外国人には受け取ってもらいやすい、スマホを使っている人の場合は空いている方の手から渡す、信号待ちの人をねらう』など、受け取ってくれる法則を見つけながら仕事をすれば楽しくなってきますし、お金も効率よく稼げるようになります。とにかく、受け身にならず、常に創意工夫を欠かさないことが仕事にやりがいを感じるコツです。そして、たまにはティッシュを渡した人から笑顔を向けられたり、『ありがとう』といわれたりしますが、それが仕事をしていくうえでささやかな喜びとなります。

?こういう人に向いています

ティッシュ配りのバイトは、学業の合間に小遣いを稼ぎたい学生やバイトの空き日を利用して収入を増やしたいフリーターなどの間で人気です。また、仕事上の人間関係が苦手で黙々とひとりで仕事をするのが好きという人にはこの仕事が向いています。ただし、ティッシュを配りの効率は配る人の雰囲気にも左右されるため、他人に対して、愛想良くふるまえるかどうかは重要です。人前で明るく元気な声を出せない人はそれだけハンデになってしまいます。また、何時間も立ちっぱなしのうえに、場所の移動もけっこうあるので意外と体力を使う仕事です。さらに、夏は炎天下、冬は北風の吹くなかで行うため、暑さや寒さが苦手な人は季節を選んだ方がよいでしょう。ほかに考慮すべき点としては、気持ちの切り替えの早さが挙げられます。ティッシュを配っていると、時には通行人に舌打ちされたり、暴言を吐かれたりすることもあります。そうした場合に、いちいち落ち込んでいては仕事になりません。素早く気持ちを切り替えられることもこの仕事を行ううえでの適性のひとつといえるでしょう。それに、地元の場合はバイト中に知人と出くわすケースも多くなるので、それでも問題ないということもこの仕事を行っていくうえでの条件です。

?面接の注意点

ティッシュ配りのバイトは多くの場合、面接がありません。ほかの日雇いバイトと同じで、募集して受かれば当日現場に集合し、終了後に日給が支払われてそのまま解散です。ただ、その日限りでなく、継続してティッシュ配りのバイトを行う場合、1度事務所におもむいて名前、住所、メールアドレスなど個人情報を登録します。そして、ある程度長い期間働く場合は面接を行う場合もあります。そのときは、面接官の質問に対して、明るく笑顔で受け答えできるかが重要です。難しい知識などは必要ない代わりに、質問には歯切れよく答え、この人ならティッシュを配る際にも愛想よくしっかりとやってくれるだろうと思ってもらえるようにしましょう。ティッシュ配りのバイトは体力勝負な面もあるので、元気の良さをアピールするのも大切です。後は、『ティッシュを受け取ってもらうにはどのような工夫をすればよいか』という質問が出る場合があります。あらかじめ考えておき、しっかりした答えを述べると好印象につながります。しかし、雇う側にとって何よりありがたいのは時間に融通が利き、急な仕事でも引き受けてくれる人です。もし自由になる時間が多く、バイトの回数を増やしたいのなら、その点をよくアピールしておきましょう。

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

配送・引越・ドライバー系

ページトップへ