1.  > 
  2. 助産師のバイト

助産師バイト・アルバイト・求人

新しい命の誕生に立ち会えるのが大きな魅力となっている助産師の仕事は、女性にしかできない職業として高い人気を誇っています。助産師の数は少ないうえ、全国どこにでも需要があるので、働く場所に困りません。正社員以外にパートやアルバイト、派遣社員として、自分の生活スタイルに合わせて働くことも可能です。赤ちゃんを取り上げるだけではなく、性教育や家族計画の指導など幅広く活躍できるのも魅力です。自分が担当した産婦さんから感謝の言葉をいただけることも多く、このうえないやりがいを感じられます。看護師の資格を取得していることが必須ですので、就職のときにつぶしが効きやすいというメリットもあります。そんな助産師の仕事について解説します。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

助産師は、産婦さんをサポートする仕事です。かつては産婆さんが赤ちゃんを取り上げることが一般的でした。産婆さんになるのに特別な資格は必要ありませんでしたが、母子の安全上の理由から、1899年に免許制となりました。その後、時代の変化とともに『産婆』から『助産婦』へと名称が変わり、2002年の法改正によって『助産師』の名称に改められました。正常分娩であれば医師の指示がなくても助産介助ができるのが助産師の仕事の特徴です。助産師は、国家資格としては珍しく、女性のみの取得が許可されています。これは差別ではなく、男女の性差の観点から取られた措置といわれています。助産師の資格を取得するためには、看護師免許を持っていることが必須となっています。助産師の仕事は、妊婦の健康管理や分娩、じょく婦“出産直後の女性”の体調管理や母乳・乳児指導など、妊娠から育児までをサポートします。また、妊婦の低年齢化や性病の増加の問題から、妊娠・出産に関する知識を普及させ、適正な家族計画をアドバイスする役割も担っています。出産前後の女性は、非常にナーバスになっています。そんなとき、助産師が産婦さんの相談に乗ってあげたり、励ましたりするなど、産婦さんに寄り添って支えます。そのなかで、妊娠中もしくは分娩の最中に異常を早期発見することで母子の安全を守るのも助産師の大切な役割です。また、育児に関する悩みに適切なアドバイスをするのも大事な仕事となっています。

?身につくスキル

早産だったり、予定日を過ぎても産まれなかったりと、出産は予定日通りにいかないことが珍しくありません。また、お産にかかる時間も産婦さんによって違います。お産の予定が立たないうえ、24時間いつでも対応できるように体制を整えなければならないため、助産師の生活のリズムは安定しているとはいえません。また、助産師は看護師の資格も持っているため、看護師の仕事を任されることがあります。助産師の人数が少ない場合、夜勤の回数が増えたり、休憩がなかなか取れなかったりと体力的に相当ハードな勤務になります。ですので、食事に気をつかうなど、健康管理を怠らないようになり、精神的にもタフになります。出産は喜ばしいことばかりではなく、時には非常に残念な結果になってしまうことがあります。そんなときに、自らが悲しみに沈んでいては助産師の仕事は務まりません。産婦さんやその家族にしっかりとケアをすることが重要になってきます。そのため、自分の感情をコントロールして、産婦さんの心を軽くする対応ができるようになります。助産師は勤務中、常に母子の命を守ることを考えています。いつ何時も、産婦さんの異常サインを見逃さないように注意を払っています。命に関わる緊急事態を避けるため、産婦さんの様子や赤ちゃんの心音に敏感になる必要があります。かなり神経をつかう場面が少なくないのです。そのため、助産師の仕事を通して、緊張感を持って仕事に臨む習慣ができます。

?メリット・やりがい

助産師の仕事の一番の魅力は、出産の瞬間に立ち会えることでしょう。緊張感を持って産婦さんのサポートをする毎日は、激務の連続です。心身ともに疲れ果ててしまうときもありますが、自分が担当した産婦さんが元気な赤ちゃんを産むのを間近で見られるのは、このうえない喜びといえます。助産師を続けていて、自分がサポートをした母子と再会する機会に恵まれたとき、母子ともども元気な姿を見ることができたら、非常に幸せな気持ちになります。『そばにいれくれて安心できた』『ケアしてくれて助かった』などと感謝の言葉をいただけたら、よりいっそうのやりがいとなるはずです。助産師の仕事には、産婦さんのサポート以外に、未成年への性教育や家族計画の指導などがあります。出産の低年齢化に伴う、望まない妊娠・出産を減らすことができれば、大きなやりがいを感じられるでしょう。仕事以外でも、助産師の経験を活かして、家族や友人に妊娠や出産、育児に関するアドバイスをしてあげることができるというメリットがあります。助産師の資格は取得のハードルが高いため、助産師の数は多くありません。全国どこにでもニーズがあるため、就職に困ることはないといってよいでしょう。

?こういう人に向いています

助産師は、赤ちゃんが好きで仕方がなく、泣いている赤ちゃんと接していてもまったく苦にならないという人に向いているといえるでしょう。ただし、赤ちゃんが可愛いからという理由だけで助産師は務まりません。仕事をしていれば、幸せな場面ばかりに立ち会えるわけではなく、時には不幸な事態に出くわすこともあります。そんなときでも、仕事に誇りを持って、しっかりと現実に向き合える強い精神力を持っていることも助産師に必要とされます。助産師は、昼夜の別なく出産に立ち会わなければなりません。時には、陣痛から出産まで何時間もかかることもあり、その間、かなりの緊張を強いられ、体力を消耗します。ですので、助産師を希望する人は肉体的・精神的にタフであることが望まれます。産婦さんは出産に関していろいろと不安を抱えていることが多く、体調も崩しやすくなっています。そんなとき、助産師は産婦さんの話に真摯に耳を傾け、親身になってアドバイスをする必要があります。会話のなかで産婦さんの不安を取り除くためには、コミュニケーション能力が高いほうがよいでしょう。それと同時に、産婦さんや赤ちゃんを思いやる温かい心と寄り添う気持ちを常に忘れずに持っていることが大切です。

?面接の注意点

助産師の資格を取得したら、ほとんどの人が総合病院を就職先に選びます。面接で産科を希望した場合、面接官から他部署に配属された場合のことを聞かれることがあります。助産師は看護師の資格を持っているため、他科で看護師としての経験を積まされてから産科へ配属されることもあり得るわけです。初めは看護師として採用されても、産科とは違う業務を体験することで、幅広い知識や技術を習得することができます。その経験は助産師の仕事にも活かされますので、助産師の仕事に役立つなら他科への配属でも構わないことを面接でアピールすることが大切です。もし他科を選ぶなら、産科と関係の深いNICU“新生児集中治療室”にするのもよいでしょう。助産師は、資格を取得するのが大変な分、需要は多く長く続けていける仕事です。大きな病院では育児休業制度が整っているので、自分が妊娠・出産した場合でも制度を利用して長く仕事を続けたいという意思を面接官にしっかりアピールしましょう。面接時の服装は、スーツ以外に地味目のワンピースでも問題ありません。長い髪はまとめて、派手なマニキュアは避けましょう。清潔感を第一に考えて、面接官に好印象を与えるように心がけてください。

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

医療・介護系

ページトップへ