1.  > 
  2. 栄養士のバイト

栄養士バイト・アルバイト・求人

栄養に関する知識を活かして献立作りや栄養指導を行う“栄養士”。健康によい食事を提供する大事な仕事としてさまざまな場で重宝されています。学校や病院、保育園、給食会社など、全国どこにでも活躍できる場が用意されています。正社員以外に、パートやアルバイト、派遣社員として働くこともできるので、自分のライフスタイルに合わせて働き方を自由に選ぶことができるのも魅力的です。栄養士の資格は一生涯有効ですので、結婚・出産などで退職しても、比較的容易に復職できるメリットがあります。自分が苦心して作ったメニューを利用者に喜んでもらえて、感謝の言葉をいただけるとよりいっそうのやりがいを感じられます。そんな栄養士の仕事について解説します。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

栄養士は、食事の管理や栄養指導をする栄養のプロフェッショナルです。食事の管理は、献立作りや食事指導などを行います。病院や学校などで、必要な栄養を考えて食事のメニューを決めます。特に病院では、医師や看護師と相談しながら患者のメニューを決める必要があります。また、食事は栄養を満たしているだけでなく、美味しくなければいけません。栄養指導では、糖尿病の人などにバランスのとれた最適の食事をカウンセリングします。世間では健康食材や体に良い料理のレシピなど、健康に関するいろいろな情報があふれています。そのなかから正しい情報を取捨選択するのは、一般人にとって、なかなか難しいでしょう。そこで、さまざまな健康情報から適切な情報を選んで提供するのも栄養士の大切な役割となってきます。栄養士の働く場は、食事の管理よりも調理に近い業務が多いです。主に学校、病院、社員食堂など、食事を提供する施設が職場となります。職場によっては管理栄養士の資格が必要な場合もあります。委託給食会社から事業所に派遣されて給食業務を行う栄養士もいます。給食会社によって、医療分野、介護分野、社員食堂などの得意分野があります。他の職場としては、食品メーカーなどで開発や研究を行ったり、自衛隊に勤務したりなど、栄養士が活躍できる場は少なくありません。就職の際は、自分が希望する職場によって栄養士の業務内容に違いが出てくることを留意しておくことが大切です。

?身につくスキル

栄養士の仕事は食事を用意するだけの楽な職業と思われがちです。医師や看護師も栄養についての基本的な知識はありますが、栄養士ほどではありません。いくら医師の指示であっても、患者に指示通りの食事が合っていないこともあります。その場合は、栄養の専門家として、なぜその食事がいけないのか、どのような食事が適正かをしっかりと伝えなければいけません。医師たちに自分の意見を納得してもらう場面があるため、理路整然と話す能力が養われるでしょう。栄養士の業務は学校で習ったことがすべてではありません。実際の現場では教科書通りにいかないことが少なくないのです。食事の管理や栄養指導をする際にも、人それぞれの特徴をしっかりと見極める必要があります。相手の食習慣や好みを把握して、臨機応変な対応ができるようになります。いくら健康によいからといっても、給食の食材は好きなだけ使い放題というわけにはいきません。食材費の予算は限られているのです。予算の範囲内で栄養があって美味しい食事を作らなくてはなりません。手作り中心でできあいのものは避ける、できるだけ安く仕入れることができる食品業者を探すなど、創意工夫をする習慣が身につくでしょう。栄養士は1度に大量の調理を行います。食事の提供時間は決まっているため、常に限られた時間のなかで調理を完了させなければいけません。時間配分に注意しながら、手際よく調理をする要領の良さを身につけることができるでしょう。

?メリット・やりがい

栄養士は、施設や病院の利用者それぞれの好みを考慮しながら献立を作ります。栄養とのバランスを考えながら美味しく作る工夫をしなければなりません。『あなたの食事は美味しかった』と自分の作った献立を利用者が喜んでくれたら、非常にやりがいを感じられるでしょう。ケガで入院している患者さんや糖尿病を患っている方が、自分の食事療法で改善して元気になる様子を見られるのも大きな喜びです。『栄養のプロ』は『食のプロ』ともいえます。栄養士の勉強をしていくなかで、自然と食についても詳しくなることができます。実際の仕事を通して、さらに食や調理に関する知識・技術が磨かれるでしょう。ふだんの自分自身の食生活に応用することもできます。仕事以外でも、栄養士の経験を活かして、家族や友人に適切な食事の仕方に関するアドバイスができるというメリットがあります。栄養士は正社員以外に、パートやアルバイト、派遣社員として働くことも可能です。そのため、自分のライフスタイルに合わせて働き方を自由に選べるのが大きな魅力となっています。資格職ですので、結婚・出産などで一時的に退職しても、子育てが一段落したら容易に復帰できるというメリットがあります。

?こういう人に向いています

栄養士は、調理をしたり、栄養指導を行うだけではありません。利用者の好みや要望を聞くことも大切な業務となっています。人と話すのが好きというコミュニケーション能力の高い人が栄養士に向いているでしょう。海外の栄養士から学ぶことは少なくありません。特に肥満が深刻な健康問題となっているアメリカでは、生活習慣病の改善プログラムが進んでいます。海外の栄養士に関する情報を集めて理解し、ふだんの業務に役立てるため、英語をはじめとする語学力があることも栄養士に求められています。栄養士は、いろいろな種類の病気に対応するために、高度な専門知識を身につける必要があります。日本栄養士会の研修に参加するなど栄養士の地位向上に貢献することが期待されています。積極的に栄養士の役割を広げるアイデアを出せる人も栄養士として理想でしょう。栄養士のなかには、経験を積んでフリーで活躍している人がいます。フリーの栄養士は栄養指導を行う以外に料理教室を開いたり、栄養や食の知識を活かしてライティングの仕事をしたりする人もいます。自分で仕事を取りにいく必要がありますが、勤務先に縛られることなく、自分のライフスタイルに合わせて働きたいという人にも栄養士は向いているでしょう。

?面接の注意点

栄養士の就職先は、病院や学校のほかに、給食会社や食品メーカーなど多岐にわたります。自分がどのように栄養士として働きたいのかというしっかりとしたイメージを持つことで、自分が希望する職場を明確にすることができます。面接では、自分が目指す栄養士のイメージを率直に伝えることが重要です。病院や老人施設などの場合は、健康に関わる危機管理能力の高さや責任感の強さをアピールしたほうがよいでしょう。食品関係の企業なら、具体的なメニュー作りについてアピールすることが大事です。面接時の服装は、シャツとパンツ、ワンピースといった格好でも問題ありません。ただし、清潔感のある服装で、派手な柄は避けたほうがよいでしょう。髪型は、男性は短めにして、女性は長い髪はまとめるなど、さっぱりとした髪型のほうが面接官に好感を持たれます。特に男性は、ヒゲをきちんと剃って、爪をきれいに切ることを忘れずに。女性は、派手なマニキュアやメイクは禁物です。面接官に悪印象を与えかねません。面接時の服装や髪型だけで合否が決まるわけではありませんが、第一印象は非常に重要です。清潔感をなによりも大切にして、面接官に好印象を与えるように心がけましょう。

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

医療・介護系

ページトップへ