1.  > 
  2. 手話のバイト

手話バイト・アルバイト・求人

耳が不自由な人向けに、手の動きや形で言葉を伝える『手話』は、地域のコミュニティセンターなどで講習を行っていることも多く、健常者であっても学んでいる人もいるコミュニケーションです。耳の聞こえない人にとっては、筆談よりもはるかに楽に会話ができて意志を伝えるのに便利なものが手話です。世間一般では手話をマスターしている人が少なく、耳の聞こえない人たちの集まりや特定のサークルを除けば、まだまだ日常生活で使用できる機会が少ないのが現状です。そこで、手話を使える人はぜひ手話を使ったアルバイトで世の中のために役立ってみましょう。ここでは、手話を使ったアルバイトの内容やメリット、やりがい、面接時の注意点などを紹介します。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

もしも手話の技能を人のために役立てたいというだけでしたら、アルバイトでなくても、ボランティアで活動する機会が見つかることでしょう。しかし、より責任が重くなってもいいので、広く深く手話に関わりたいというのなら、アルバイトとしてお金を稼ぎながら手話を活かすことを考えましょう。手話のアルバイトに就くためには、まずどんな場所で手話を必要とされているのかを探すことから始めます。たとえば、地域のコミュニティセンターやカルチャーセンターにおける講師や、そのアシスタント役です。こういった場所の生徒は、健常者の人も多いため、講義では手話と口頭での説明を交える必要があります。そのため、健常者で手話が使える人がいれば、とても重宝されます。また、放送局やイベント会社でも手話通訳士を必要としているケースがあります。政見放送などで、テレビ画面の隅に手話通訳士が登場している場面を見たことがある人もいるでしょう。ああいったイメージで、耳の聞こえない人向けにある人の言葉を手話に直していく仕事です。もちろん、健常者だけでなくて、耳の聞こえない人であっても手話をアルバイトにすることはできます。手話の講師の仕事は、健常者と組めば、耳の聞こえない人であっても可能です。イベントによっては、耳の聞こえない人向けに手話ができる人を用意したい、と考えることがあります。思わぬところに需要がある可能性があるので、気になるところには自分から聞いてみることをおすすめします。

?身につくスキル

『手話のアルバイトを通じて手話を学びたい』という人は意識を切り替えましょう。アルバイトとしてお金を稼ぐのであれば、手話はアルバイト中に学ぶものではなく、問題なく使用できる状態になってからアルバイトを始めることが求められます。そもそも、多くの手話のアルバイトにおいては、就業前にテストがあり、技能が不足している人は採用されません。むしろ、手話のアルバイトを行うために、頑張って手話のスキルを身につけることを目標としたほうがいいでしょう。そうはいっても、いざアルバイトを始めてみると想定外のできごとにたくさん遭遇することが考えられます。自分のなかでは頻繁に使っていた言葉が伝わらなかったり、わずかなニュアンスで誤解を生んでしまったりなど、勉強の場だけでは分からなかった事態が次々と訪れることでしょう。本当に実践的で、日常会話として使える手話のやり方を覚えられるのは、手話のアルバイトが与えてくれる貴重なスキルです。また、お店やイベントで耳の不自由な人たちとコミュニケーションを取ると、そういった人々がどんなことに不便さを感じ、どんなサービスを求めているのかを学べます。これからもずっと、耳の不自由な人の役に立ちたい気持ちがあるなら、現場の声は大きな参考になるでしょう。そして、手話に限ったことではありませんが、さまざまな人の応対をしたり、人前で注目される機会を持ったりすることで、精神力が鍛えられ、物事に動じなくなります。

?メリット・やりがい

手話のアルバイトのメリットとしては、さまざまな人々と交流できる機会を得られることです。特に、コミュニティセンターやカルチャーセンターなどで働くのであれば、老若男女がいろいろな理由で手話を習いにくることに気づかされるでしょう。ふだん、あまり接点がないはずの世代や職業の人と交流し、話を聞く時間は人生経験を豊かにしてくれます。また、手話を専門職にしたい人や、耳の不自由な人のために働きたい人、福祉に携わりたい人などからすると、現場を経験しておくことで、就職活動や起業に活かせることでしょう。勉強だけでは見えてこなかった社会の実情は、あなたの仕事に深い視点を与えるはずです。やりがいとしては、多くの人から感謝の言葉をもらえることです。先述の通り、手話ができる人の数はまだまだ不足しています。そのため、手話ができても日常生活で使用できる場所がないまま、不便さを感じている人たちは多いのです。そんな人たちが、お店やイベント会場などで手話を使ってコミュニケーションがとれたとすれば、想像以上にうれしさを感じてくれます。彼ら、彼女らが投げかけてくれる心からの感謝の言葉は、あなたに『手話を覚えてよかった』と思わせるはずです。

?こういう人に向いています

手話のアルバイトに向いているのは、当然ながら手話に自信がある人です。手話をアルバイトにするのであれば、失敗は許されないからです。カルチャーセンターなどでボランティアとして人に手話を教えるのであれば、多くの場合、手話をマスターしている人がそばにいてくれるので、間違いを訂正してくれます。しかし、お金を稼ぐ以上は、人に頼れずに自分ひとりでなんとかしなければならない状況を任されます。そもそも、そんな大役が無理だと判断された人は実技試験や面接で不採用にされるので、まずはしっかりと手話の基礎を、時間をかけて学ぶことに注力しましょう。十分なスキルが伴っていることを前提として、性格的に手話のアルバイトに向いている人は、社交性があって人と関わることが好きな人です。手話のアルバイトでは、見知らぬ人を相手にすることも多くなります。特に、お店やイベントで手話の応対を任されたときは、初見のお客さんばかりを相手にして接客をします。どんなに手話の技能が高くても、引っ込み思案の人には難しい仕事といえるでしょう。少なくとも、元々は内気な人であってもアルバイトを通じて人と接することが苦に感じずにすむくらいの心の強さは求められるでしょう。

?面接の注意点

手話のアルバイトをしたいと考えたら、面接時にはどんなことに注意すべきなのでしょうか。まず覚えておきたいのは手話のアルバイトで重要視されるのは手話の能力です。そのために、手話の講師経験者などから、手話の能力を見極めるために細かく質問をされます。実技試験があることもしばしばです。繰り返しますが、手話のアルバイトを志すなら、まずは手話の勉強をしっかりと行って自信を持って披露できるようになっておきましょう。日常会話は自然に手話でも行えるようになれば、実技試験には合格する可能性が高いです。このように能力重視の採用基準があるので、経験者は優先して採用される傾向があります。もしもボランティアであっても手話を使った仕事をしていた経験があるのなら、エピソードを交えて具体的に話してアピールしましょう。また、手話のアルバイトとは人に関わる仕事です。採用する側からすれば、いい印象を抱く人物かどうかを見極めようとしています。面接官の質問には要点をまとめながら、元気よく答えるようにしましょう。返事はできるだけ否定形を使わず、話している間も口角が下がらないように注意すると、誠実で素直な人物という印象を与えることができます。

関連するバイト・アルバイト・求人!

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

医療・介護系

ページトップへ