1.  > 
  2. CADオペレーターのバイト

CADオペレーターバイト・アルバイト・求人

CADオペレーターは高いスキルを要求される仕事で、そのため、時給はほかのバイトに比べて高めです。しかも、専門的な業務に携わるほど時給も上がる傾向にあります。それでは、未経験者の採用は無理かというとそんなことはありません。積極的に未経験者を受け入れて教育をしていこうといる企業もあるため、そういったところを選択すれば、お金を稼ぎながらスキルを身につけることも可能です。それに、スキルだけあればよいというわけでもなく、ミスをしないための慎重さや仕事に対する責任感、設計士やデザイナーの意図をくみ取るコミュニケーション能力なども求められます。また、年齢よりスキルの高さが評価されるため、年を取っても職を見つけやすいのも特徴のひとつです。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

CADオペレーターとは、CADという製図用のコンピューターソフトを用いて設計士やデザイナーが下書きした設計図を正確な図面として完成させる仕事です。CADは大きく分けて平面図を描く2次元CADと立体図を描く3次元CADがあり、その使用分野は建築、土木、工作機械、自動車、航空機、服飾などさまざまです。CADを用いると複雑な設計図でも短時間で描けるため、熟練のオペレーターはどの業界でもニーズが高まっています。代表的な活躍の場としては、建築会社、自動車メーカーの設計部門、アパレル会社のデザイン部門などがあります。ただ、あくまでも設計士やデザイナーの指示通りに図面を描いていくのが仕事であり、自分自身で設計やデザインを行うことはありません。例えば、家を建築する際には何十枚もの図面が必要となってくるので、それを設計士の指示に基づき、どれだけ早く正確に描けるかがポイントとなります。しかも、設計内容にはたびたび修正が入るため、その都度直していく必要があります。図面はわずかにでも間違いがあると大問題です。そのため、CADオペレーターは、ミスがないか確認をしながら作業を進めていく慎重さと自分の仕事が全体の業務に大きな影響を与えるのだという自覚が求められます。ちなみに、CADオペレーターは設計士やデザイナーと異なり、製図業務がなければ仕事がないので正社員の割合は少なめです。仕事が多いときにだけ人を集めるため、雇用形態としてはバイトや派遣社員が多いのが特徴です。

?身につくスキル

CADオペレーターとして働くことで当然、CADの技術は向上していきます。技術を磨いて熟練者となるとニーズも高くなり、ほかの企業の求人に応募する際も有利です。ただ、そもそもCADオペ―レーターとしての採用してもらうためには、CADを使えることが条件のところが多いため、最初にバイトをする段階でその点をクリアする必要があります。独学や専門学校に通ってCADについて学ぶのもよいですが、なかには、研修体制がしっかりしていて未経験者を雇って積極的に育てていこうという企業もあります。そういうところを選べばお金を稼ぎながらスキルを習得することも可能です。あるいは、資格取得を支援してくれる会社もあるので、それを利用してCAD利用技術者試験、建築CAD検定試験などの資格を取得すれば将来的なステップアップにもつながります。また、CADオペレーターの仕事は、設計士やデザイナーの意図を正確に理解する必要があります。そのためには、緊密なコミュニケーションは欠かせません。そして、積極的に設計士やデザイナーに話しかけ、相手の考えを理解しようとする努力を続ければ対人スキルが高まっていきます。さらに、製図業務は納期との戦いのでもあるため、業務をきちんと行っていくことで仕事に対する責任感も養われてきます。同時に、図面には小さなミスも許されないので、確認しながら作業する癖が身についてきます。それが習慣化されれば仕事だけでなく、日常生活においてもうっかりミスは減ってくるでしょう。

?メリット・やりがい

CADオペレーターの仕事は大変な面もありますが、モノづくりに参加し、それが完成したときには大きな達成感を味わえます。これは一般的なバイトでは得がたいものです。しかも、スキルが上がり、自身の貢献度が高くなるほどに喜びも大きくなっていきます。さらに、できあがったものを目にすることで社会に貢献しているのだという実感を得られるのも仕事への張りあいとなるでしょう。時給は一般事務職よりも高く、より専門的な業務に携われば2,000円を超えるケースもあります。スキルアップするほど時給も高くなり、ほかのバイトに比べて努力が評価に反映されやすいという点も仕事へのやる気につながります。また、スキルが高くなると正社員への道も開け、ほかの会社に応募しても採用されやすいというのも大きなメリットです。しかも、CADオペレーターの場合、ひとつの業界にこだわる必要もなく、建築業界からファッション業界といった具合に、異業種への挑戦も比較的簡単です。CADオペレーターの経験があれば、別業種のソフトでも意外と簡単に習得できるからです。さらに、比較的女性の多い仕事であり、結婚などで1度リタイアしてもスキルがあれば再び職を得やすいというのもメリットだといえるでしょう。

?こういう人に向いています

CADオペレーターは基本的に1日中パソコンの前に座って作業を行います。したがって、パソコンが得意であるのはもちろんのこと、机に座ってこつこつと地道な作業を行うのが苦にならない人がこの仕事には向いています。特に、地味で単調な仕事でも途中で投げ出さず、粘り強く最後までやり遂げられる人が適任です。しかも、失敗が許されない仕事であり、納期も守らなくてはならないので、責任感の強さは必須です。また、図面のリテイクを行う際には、修正箇所の意図を正確に理解する必要があります。分からない点があれば設計士やデザイナーに対して積極的に質問を行い、時にはこちらから交流を図るコミュニケーション能力も求められる仕事です。資格は必ずしも必要ではなく、未経験者でもチャレンジは十分可能です。しかし、豊富な実務経験があると、それだけ採用や待遇面で有利になります。CADオペレーターの熟練者はどの企業でも欲しがっているので、経験を積み上げてスキルアップをしていけばそれだけチャンスも広がってきます。年齢が高くなると働きづらくなる仕事が多いなかでCADオペレーターはあくまでも実力重視です。若いうちからスキルを着実に積んでいけば重宝されることでしょう。

?面接の注意点

正社員としてCADオペレーターを目指す場合、まったくの未経験では厳しいものがあります。しかし、バイトでなら未経験者を積極的に受け入れてくれる企業も少なくないので、経験がないのなら、面接ではやる気を全面に押し出すことが大切です。ただし、今まで何もしてないというのでは論外です。CADオペレーターとして働くためにどのような努力を行ってきたかは答えられるようにしておきましょう。志望動機に関しても、「スキルを身につけてキャリアップをしたい」、「××が好きで、その製作に携わりたい」という具合に、仕事に対する熱意のある答えがプラス評価につながります。また、CADオペレーターは、建築、機械、アパレルなど、それぞれの業界の要となる仕事なので、業界に対する熱い想いを伝えられるとよいでしょう。バイトの面接ならば服装はスーツでなくても大丈夫ですが、派手なメイクや髪型は控え、清潔感のある服装を選択するのが無難です。さらに、CADオペレーターの仕事をするには、設計士やデザイナーとのやりとりのなかで相手の意図を理解するコミュケーション能力も大切です。面接官の質問に対しては、ハキハキと的確に答えて、その能力に問題がないことをアピールしておきましょう。

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

IT・クリエイティブ系

ページトップへ