1.  > 
  2. ライターのバイト

ライターバイト・アルバイト・求人

文章を書くのが好きな人、特定のジャンルを発信する側にまわりたい人、そんな人たちはライターの仕事を目指しているケースも多いでしょう。しかし、ライターといってもすぐになれるものではなく、職業としてライター活動を行っていくのは想像以上に大変です。そこで、まずはアルバイトからライターを始めてみてはどうでしょうか。ライター業のノウハウを身につけてからライターを目指すのもいいですし、あこがれの業界に触れることは大きな刺激にもなるでしょう。外側から見ているだけでは分からない発見や気づきがたくさん出てくるはずです。ここでは、出版社の編集部などで、ライターのアルバイトをするときの注意点や詳細についてまとめてみました。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

ライターのアルバイトの内容としては、『とにかく書くこと』と考えている人が多いのではないでしょうか。確かにアルバイトでも記事を書かせてもらう機会を与えてもらえることはあります。しかし自分で好きなものを書ける環境があるならともかく、一般的に出版社のライターの役割は雑誌やメディアのコンセプトに合わせて文章を書くことです。そして、キャリアの浅いアルバイトのライターは、まず媒体のコンセプトを時間をかけて知る必要があります。そのため、よほど有能な人でなければ、いきなり記事の執筆を任されることはないと覚悟しておきましょう。アルバイトに任されることといえば、圧倒的に校正の仕事が多いといえます。校正とは、メディアに掲載する内容に間違いがないかどうかを確認する作業です。『記事の誤字脱字』はもちろんですが、『事実関係に過ちがないか』『掲載写真に間違いがないか』といった確認も必要になってきます。校正で間違いを見落としてしまうと、紙媒体なら最悪の場合、刷り直しがかかり、余計な費用がかかってしまいます。校正の外にも資料集めや、コピーなどの事務作業など、アルバイトに託される仕事は圧倒的に執筆以外のものが高い割合を占めます。ほとんどが機械的で単調な内容ですが、こうした作業で実績を残し、信頼を得ることができれば、記事の執筆を任せてもらえることもあります。『思っていた仕事内容とは違う』とふてくされずに、日々の仕事をこなす根気が求められます。

?身につくスキル

ライターのアルバイトを通して身につくスキルは何でしょうか。何よりも編集作業を身近で見て、ものづくりの工程を学べることが大きいでしょう。媒体を作るということは、ひとりでできるものではありません。記事やコピーライトを書くライターのほか、デザイナー、営業、企画プランナーなどさまざまな職種の人たちが集まって媒体を完成させようとします。どんな風に企画が生まれ、どんな風に実現に向かい、どんな作業が必要となるのか、将来、出版や広告の業界を志している人にはとても参考になる知識が身についていくことでしょう。そして、精神力が鍛えられることもしばしばです。編集作業とは、締め切りやクライアントの要望など、いろいろな縛りがある中で完成を目指す過酷な作業です。好きな内容を好きな時間と予算で作り上げるぜいたくな現場などほとんどなく、常に誰かの板ばさみになりながら、最善策を模索しているのが編集作業です。当然、残業は多くなり、計画通りにいかないこともしばしばです。アルバイトといえども、忙しさに巻き込まれることが待ち受けていると思っておいたほうがいいでしょう。しかし、そんな現場を経験すると頭と心が鍛えられます。能動的に動きながら、チームに貢献する意識が芽生えてきます。将来は出版や広告以外の職種に就職するとしても、こうしたハードな経験が社会人としての能力を養ってくれることは財産になります。文章力以上に、内面が成長する仕事なのです。

?メリット・やりがい

ライターのアルバイトを行う最大のメリットは、人脈を形成できることです。先ほど、アルバイトのライターが文章を書かせてもらえるようになるには時間がかかると書きました。しかし、いざ文章が認められれば継続して執筆機会を与えてもらえる業界でもあります。ライターとは他の技術職とは違って免許や資格が必要な仕事ではないので、優秀な人材はどんどん押し上げられていきます。業界全体が優秀なライターを求めているので、『面白い文章を書く人がいる』と評価されると、すぐに名前が広まります。将来、ライターとしてやっていきたい人は自分の名前を売り込むチャンスだと思っておきましょう。また、有名な作家や編集者とコネクションを作るチャンスです。実力さえともなっていれば、アルバイトでもキャリアのある人たちと接する機会は生まれます。こうしたネットワークは本格的にライター業を始めるときの後ろ盾となることでしょう。その他、やりがいとしては、ものづくりの喜びを味わえることです。校了に向けての作業は過酷ですし、嫌になることもあるでしょう。しかし、いざ校了を迎えれば達成感が得られるのも、この業界の大きな魅力だといえます。

?こういう人に向いています

ライターのアルバイトに向いているのは、とにかく真面目で几帳面な人です。もしかすると、『才能さえあればライターとしてやっていける』と考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、そんな人は出版社に所属するのではなく、フリーランスを目指すことをおすすめします。会社に所属しているライターはまず、社会人としての協調性を求められます。ましてや、緻密な作業が多いライター業では、なおさらです。アルバイトともなれば、先述したとおり校正などの細かく間違いがきかない作業を任せられるので、真面目に与えられた仕事をこなせる人が求められます。ライターとしてのこだわりがある人でも、アルバイトとして入社するなら、まずはチームに合わせる努力をしましょう。また、アルバイトには事務的な作業を多く振られるため、WordやExcelについての知識が豊富な人は重宝されるでしょう。パソコンやソフトウェアを操作することが苦痛でない人は、ライターのアルバイトで力を発揮できる人だといえます。そして、ライターのアルバイトはほとんど完全にインドアな時間を過ごすことになります。デスクワークが嫌でないことが大前提です。長時間の作業に集中力が持続する人は歓迎されるでしょう。

?面接の注意点

面接においてはよく『自己アピールの方法』について語られることがあるのですが、ライターのアルバイトを目指すのならば過剰な自己アピールは逆効果になると考えましょう。もちろん、やる気を見せることは大切なのですが、押しが強い人、自分の意見を曲げない人は編集部において敬遠されがちです。なぜならば、繰り返すようにライターのアルバイトに任せたいのは、まず単純作業だからです。校正や資料集めは個性を発揮する作業ではなく、正確さとスピードの両立がポイントです。自分なりのやり方で作業方法を変えてしまったり、考えすぎて効率を落としてしまったりする人は必要とされていないのです。そこで、面接では『自分から話す』ことではなく、『相手の言葉にしっかりと答える』ことに重きを置き、真面目さを印象付けましょう。また、文才を主張しようと同人活動や投稿の経験を語る人も多いようですが、アルバイトは個性で勝負する『作家』ではないので、そんな経験がプラスに働くことは滅多にないといえます。それよりも、他のアルバイトの経験や学校でのクラブ活動などで、何かひとつのことを忍耐強く最後までやり遂げた経験を話すほうが、面接官に良い印象を残すことができます。

ライターのバイト・アルバイト・求人!

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

IT・クリエイティブ系
本日のピックアップ求人
株式会社ボンディ

給与:時給910円
勤務地:神奈川県横浜市港北区
最寄駅:日吉駅など
雇用形態:アルバイト
業務委託

株式会社ボンディ のバイト
株式会社エヌリンクス アルテマ採用センター 攻略ライター

給与:時給985円
勤務地:東京都豊島区
最寄駅:池袋駅など
雇用形態:アルバイト

株式会社エヌリンクス アルテマ採用センター 攻略ライターのバイト

採用課金型の求人広告掲載

ページトップへ