1.  > 
  2. Webディレクターのバイト

Webディレクターバイト・アルバイト・求人

Webディレクターのバイトは、将来的にディレクション業務に携わりたい人にとっておすすめのバイトです。バイトから正社員にステップアップできるところもあります。幅広い知識が身についたり、人脈が広がったりするので、魅力的なお仕事です。Webデザイナーやコーダーなどの経験を積んでからステップアップしてWebディレクターを目指す人もいます。企画から納品まで、Webサイト制作全体に携わるので、自分の作品を仕上げるようなやりがいがあります。完成したWebサイトを見て、クライアントから感謝の言葉をもらったときには、喜びや達成感が感じられるはずです。ここでは、Webディレクターのバイトの仕事内容や身につくスキル、メリットや適性などについて紹介いたします。

バイト・アルバイト・求人お役立ち情報

?仕事内容・特徴

ディレクターとは、監督や指揮する人の意味になります。Webサイトの制作に際して、Webデザイナーやライター、プログラマー、コーダーなど制作スタッフをまとめ、プロジェクト全体の進行管理や品質管理を行うのが仕事です。プロジェクトメンバーの選出から制作スケジュールの設計と進行管理、コンテンツの品質管理などを行い、納期に間に合うようにサイト完成まで導きます。Webサイト作成は複数のプロジェクトを同時進行させることも多く、企画の立案から企画書作成と提案、撮影や取材などに関わる場合もあります。Webディレクターが他の仕事の垣根を超えて関わることも珍しくなく、Webプランニングやテクニカルディレクターの役割を担うこともあります。映画監督のように現場をまとめたり、クライアントとの橋渡しをしたりします。人と時間の采配をするのがWebディレクターの仕事といえるでしょう。現場の作業が効率よくスムーズに進むように、気配りが肝心のお仕事です。Webディレクターの実力次第で現場の仕事のしやすさが大きく変わります。Webディレクターは、サイト制作全体に深く携わるため、完成したWebサイトは自分の作品のようなものになります。デザインやコーディングなどの各分野に精通する必要はありませんが、修正ができるスキルがあると役立つ仕事でもあります。現場全体とクライアントをつなぐ役割をするので、幅広くコミュニケーションすることが求められる仕事内容です。

?身につくスキル

Webディレクターは、クライアントと現場スタッフ、また現場内での橋渡しを行うため、調整力やコミュニケーション力が身につきます。Web制作に関する知識はもちろん、情報収集力や企画・提案スキル、プレゼンテーションスキルなども向上するでしょう。ディレクターと聞くと現場を仕切るイメージが浮かぶ人もいるかもしれませんが、Webディレクターはまわりに指示を出せば良いというわけではなく、プロのデザイナーやコーダー、エンジニアと協力し合い、作業しやすいように一緒に解決策を見つけていくことも必要です。Webディレクターは、チームワークを円滑に進めるためのチームマネジメント能力が身につく仕事になります。また、自分自身の技はなくとも、これを使えば解決できるというのが分かることが重要なので、問題解決力も自然に磨かれていくでしょう。Webディレクターにとって大切なのは、自分ではできなくても、誰にやってもらえばできるのか、何を使えばできるのかが分かることが肝心なのです。あとは一流のエンジニアやデザイナーを人選すれば良いということになります。知識がなければ務まらない仕事でもあるので、Webに関する幅広い知識を学び続けることで、Webディレクターとして活躍の場が広がることでしょう。現場スタッフやクライアントと多く接することになるので、人脈が増えるのもうれしいことですね。豊富な人脈を自分の仕事に活かすことで、スキルアップを目指せます。

?メリット・やりがい

Webディレクターはクライアントの要望に応えるために品質の高いサイトを完成させなければなりません。必要な作業の工程すべてに広く関わるため、仕事量も増えやすいです。その分、仕上がったサイトは自分の作品も同然となり、思い入れのあるサイトは自信となり誇れる仕事と感じられることでしょう。Webディレクターは他のメンバーと異なり、クライアントと直接打ち合わせをしながら納品まで行います。人間的な触れ合いも多く、提供したサイトをクライアントが喜んでくれたときなどは、大きな達成感がありやりがいを感じられます。クライアントやメンバーとコミュニケーションを取ってゴールに向かって舵を取るので、Web業界でリーダー的な働きができるのも魅力ですね。Webディレクターの実力次第で現場の雰囲気が変わったり、作業が効率化したりしますし、クライアントの本質的な悩みを解決することも可能です。Webサイトの品質を高めて売上アップに貢献するなど、マーケティング力も磨かれるメリットがあります。Webディレクターの仕事に重要なコミュニケーション力やマーケティング力は、他の業種でも重視されることが多く、他の分野でも重宝されるスキルが身につくのもWebディレクターのやりがいのひとつです。

?こういう人に向いています

Webディレクターは、クライアントの要望を汲み取り、Webサイトのベストな状態を追究して実現するスキルが求められます。クライアントによっては、理想を追究しすぎて無理をいわれることもありますが、予算やスケジュールを踏まえつつ、場合によっては別の提案をする必要も出てくるため、クライアントと現場との橋渡しが円滑にできる人に向いています。コミュニケーション力の高さが求められる仕事です。クライアントと直接接するため、Webディレクター自身の人間性も問われるでしょう。Webディレクターの仕事の大半はプロジェクト全体のスケジュール管理になるので、無理のないスケジュールを組み立て、現場メンバーに的確な指示を送ることが重要です。リーダー気質のある人、チームをまとめる管理能力が高い人にはピッタリでしょう。また、グーグルアナリティクスなどの解析ツールを使用し、クライアントのWebサイトを細かく分析し、改善点を見出すことも必要です。粘り強く地道な作業を行って細かく解析していくので、そのような作業が苦痛にならない人、数字に強い人にも向いている仕事です。クライアントの本質的な課題を見つけ、それを改善するために力を尽くすことが必要となります。

?面接の注意点

Webディレクターの仕事に就くには、面接を乗り越えなければなりません。面接時によく聞かれるのは、『志望動機』や『マネジメント経験の有無』『なぜうちの会社を選んだのか』などになります。最初からWebディレクターになるというよりは、Webデザイナーを経てディレクターを志す人が多く、コーダーやマーケッターなどから目指す人もいるようです。Webディレクターを目指すというのはそれなりに理由があるはずですから、自分の思いをしっかり面接者に伝えることが肝心です。面接者とのコミュニケーションの部分もよく見られるポイントになります。仕事への前向きな姿勢を見せることが大切ですし、どんなサイトを作っていきたいのかなど、自分なりのこだわりを持っているとやる気の高い人だと見られやすくなります。面接では、この人はクライアントやチームへの気配りができる人なのかどうかというのも見られやすく、自己アピールの部分はしっかり準備しておくのをおすすめします。面接者の質問への受け答えは、前向きでやる気が伝わるような回答を心掛けると良いですね。また、Webディレクターの仕事についてよく調べてから面接に臨むと良い結果が得られるのではないでしょうか。

Webディレクターのバイト・アルバイト・求人!

他の職種からバイト・アルバイト・求人を探す

IT・クリエイティブ系
本日のピックアップ求人
株式会社ナチュラルプランツ WEBデザイナー

給与:時給1500円
勤務地:東京都中央区
最寄駅:小伝馬町駅など
雇用形態:アルバイト

株式会社ナチュラルプランツ WEBデザイナーのバイト
株式会社アイエヌネットワーク

給与:時給1200円
勤務地:東京都渋谷区
最寄駅:渋谷駅など
雇用形態:アルバイト

株式会社アイエヌネットワーク のバイト
株式会社コンコース

給与:時給1000円
勤務地:東京都渋谷区
最寄駅:渋谷駅など
雇用形態:アルバイト

株式会社コンコース のバイト

採用課金型の求人広告掲載

ページトップへ