IT系でバイトをするときに有利になりそうな資格6つ

2016-09-01

IT系のスキルを持っていると有利?

IT化が目まぐるしく進む現代では、多くの企業がWebコンテンツを持っています。Webに関するスキルを持っている人材はどの企業においても、重宝されているのが現状です。

そのため、IT系のスキルを持っていると、バイトで採用されやすくなることが多いです。また、リーダーを任されたり、昇給しやすくなったりするなどのメリットもあると言えるでしょう。

ただ、バイトの面接時にWeb系のスキルがあることを証明するには、なんらかの形が欲しいところ。その時、最も信憑性があるのは資格です。資格さえ提示できれば、あなたの実力は証明されます。

「よし、資格をとろう!でも、どの資格を習得すればいいんだろう?」
ということで、ここではバイト面接時に有利になること間違い無しのWeb系オススメ資格を6つご紹介していきます。

IT系のバイトを希望するなら、ぜひ習得しておきたい6つの資格

1.ウェブ解析士

Webマーケティングに必要なWeb解析の技術を認定する資格です。一般社団法人のウェブ解析士協会が管轄しています。ウェブ解析士には、Webのコンテンツを解析して問題点を抽出し、解決へと導く能力が求められます。

近年、Webコンテンツを経営戦略の大きな柱にしている企業は増えてきていますから、Web解析ができるスタッフは喉から手が出るほど欲しい人材と言えるでしょう。

ちなみに、ウェブ解析士の資格難易度は、初級、上級、マスターの3段階に分かれています。

2.Webアナリスト検定

日本Webソリューションデザイン協会の資格です。Webコンテンツへのアクセスデータを分析する能力を認定します。

市場の動向やトレンドの変化を把握するために重要なアクセスデータ。その分析結果をもとに、企業活動の方針決定を行うケースも少なくありませんからね。

Webアナリストの資格を持っていれば、製品開発やキャンペーン時ののキーマン的なポジションを任されることもあるのではないでしょうか?

検定のレベルは3段階で、ベーシック、アドバンス、スペシャリストがあります。

3.Googleアナリティクス個人認定資格

世界で最も使用されている検索エンジンGoogleの公式試験です。 Googleアナリティクスに関するスキルの習得度を認定します。

そのスキルがあれば、Googleを利用してWebサイトにアクセスしているユーザーの特徴が分かります。Googleの個人認定証のページにアクセスできるようになるのもメリットです。

4.マーケティング・ビジネス実務検定

国際実務マーケティング協会が主催する検定で、特定の職種や業界に限定しないマーケティングのスキルを認定します。

様々な職種で使用できるスキルを身に付けるために勉強してチャレンジする人が多いです。

検定にはA級からC級まであり、B級とC級は検定だけでなく講座の受講もセットになっています。

5.ネットマーケティング検定

Web関連のスキルやインターネットマーケティングの知識を認定する検定です。Web利用・技術認定委員会が主催しています。

経営戦略に基づいた視点で業務を行える能力があることを証明したいあなたにオススメです。
合格にするには、SEOやインターネット広告などに関する幅広い知識が必要となります。

6.IMA検定

クラウドマネージメント協会が主催する検定で、インターネットマーケティングの実務レベルにあることを認定します。

この検定では、Web広告の担当者が、売上に貢献できるマーケティングやアクセス解析の知識を有していることを重視します。

検定にはStandardとProfessionalの2種類があります。

現代社会のビジネスにおいて、ITは欠かせない重要な要素です。特に、Web解析やインターネットマーケティングが収益に大きく影響するケースが増えています。

そのため、Web解析やインターネットマーケティングに関する資格を持っていると、バイトを行う際に有利になることが多いのです。

注目記事