あなたの仕事は誰を幸せにしてる?塾講師のバイトで人を幸せにする!

2016-11-16

塾講師は、成績が伸び悩んでいたり、受験が近い小・中・高校生の学力増進の手助けをしたりするお仕事です。生徒たちが目標を達した時に得られる喜びや笑顔のために、学校では教えてくれない成績向上の秘訣を教えています。

塾講師の仕事内容とは?

塾はテストの点数を稼ぐノウハウを教える場所だという話を耳にすることがあります。学力テストの点数は子どもの頑張りを客観的に見ることができるので、子どもに目標を持たせたり、自信をつけさせたりするためにも、塾に通わせることは有効な手段です。

塾といえば学習塾のイメージが強いと思いますが、英語塾やそろばん塾など、専門分野に特化しているものもあります。

塾講師の仕事で最も大切なことは、専門の知識で子どもの苦手な分野をサポートし、学力向上の喜びを与えること。

また、学習サポート以外にも、子どもの個性を伸ばすお手伝いをしています。例えば、大手の学習塾の場合、塾講師は科目ごとにチームを組んで指導を実施。チームリーダーは主に社会人で、その塾に就職しているか長年塾講師をしているベテランが務めている場合がほとんどです。

そして、リーダーの下に何人か大学生アルバイトがついて、生徒の指導を行います。

塾が学生アルバイトを採用している理由は、子どもたちと年齢が近いため、生徒の良い見本となるからでしょう。高校生にとっては、大学生講師から新鮮な受験の話を聞くことができるので、受験対策を練る上で参考になります。

また、講師と年が近いことによって、生徒が様々な相談をしやすくなるので、密な人間関係を築けるというメリットもあるでしょう。

塾講師は受け持った科目の講義を担当しますが、それ以外にも、事前準備や引き継ぎ、個別面談、保護者面談、受験前の対策を練る会議へ参加するなど、仕事は多岐にわたります。

全ては生徒それぞれの目標達成のために!

生徒が塾に来る目的は様々ですが、塾講師の目的は『生徒に達成感を味わわせること』の一言に尽きるのではないでしょうか。

塾に来る生徒は、勉強全てが苦手なのではなく、英語や数学など、特定の科目だけが不得意なことがほとんどです。そのような子どもには、苦手と感じる部分を丁寧にヒアリングし、英語の単語を語呂合わせで覚えさせたり、公式や文法をしっかりと記憶させたり、応用問題を繰り返し着手させたりといったキメ細やかな指導を行います。

生徒が目標とした点数に達すればさらに上を目指すように促し、また今の状態から成績を落とさないように指導することで、学力アップをサポート。

また、受験のために塾を訪れる生徒には、蓄積されたノウハウを基に的確な受験指導をして、生徒を合格へと導きます。

そのため塾講師は、『目標を持たせること』『目標に邁進させること』『目標を達成させること』に注力する必要があるでしょう。

塾講師は学校の教師とは違い、ユニークな方法で子どもたちに勉強を教えることが可能です。自分がかつて使った暗記法や受験テクニックを生徒たちに伝授し、目標達成をした際に『先生ありがとう!』と言われる喜びは、塾講師の醍醐味と言えます。

注目記事