花見シーズン到来!失敗しないための花見の持ち物リスト

2017-03-01

お花見を思う存分楽しむためには、場所取りグッズやお弁当、防寒グッズなどが欠かせません。ここでは、あると便利な持ち物や、お花見をより楽しむためのポイントについてご紹介しています。万全の準備で桜を楽しみましょう。

長時間になることも予想されるお花見。必要なグッズを用意して、快適に過ごしましょう!

きれいな桜を愛でながら過ごすお花見。お弁当やお菓子を食べながら、気の合う仲間と楽しいひと時を過ごせるのがいいですよね!

そんな素敵な時間だからこそ「気づけば長時間経っていた」なんてこともしばしば。せっかくのお花見タイム、快適に過ごせるグッズを持参してより楽しいひと時を過ごしたいものですね。

では、どんな準備が必要なのか見ていきましょう。

・場所取りに欠かせない「レジャーシート」。人数分より広めのものを用意して。

お花見の必須アイテムと言えば、なんといってもレジャーシートではないでしょうか?場所取りグッズとしてはもちろん、その場所でのんびり過ごすためにも欠かせないアイテムです。

広さは、人数分より大きめのものを用意したほうが良いでしょう。お弁当やお菓子を広げると、座るスペースが狭くなってしまいますからね。

また、レジャーシートの厚みも考慮したほうがいいかも。地面がボコボコしているようなところでは、薄いレジャーシートだと座り心地が悪いですからね。

もし、厚めのものがないようでしたら、ダンボールを下に引いて厚さを出すと良いですよ!レジャーシートの上にクッションを敷くのも一つの手です。

「長時間地面に座るのが苦手…」という方は、折りたた椅子やテーブルを準備してみてはいかがでしょう?まずは、お花見スポットの下見をして、どんなグッズが持ち込めるのか確認しておくといいかもしれませんね。

花より団子派の方必見!お花見時の食べ物で気をつけたいポイントとは?

お花見の主役はもちろん「桜」ですが、それ以上にお弁当を楽しみにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?「毎年、気合を入れてお手製のお弁当を作る」という方も多いかもしれませんね。

愛情いっぱいのお弁当はそれだけで幸せな気持ちになれますが、お花見時のお弁当にはちょっとだけ注意したいポイントも。それは「食べやすさ」です。

レジャーシートの上でご飯を取り分けたり食べたりするのは意外と難しいもの。特に、小さな子どもがいる場合には、食べづらいとポロポロこぼしてしまいます。なので、お弁当のおかずは取り分けが必要なものより、手軽につまめるものの方がいいでしょう。

たまごやきや唐揚げなど、一口でパクッと食べられるものだと食べやすいですね!主食も、おにぎりやラップサンドのように食べやすい形にすると喜ばれますよ。

さらに、お花見気分を盛り上げてくれるおつまみや和菓子があれば最高です。

飲み物に関しては、お茶やジュースの他、ビールやお酒などのアルコール類もあると喜ばれます。ぬるいと美味しくないものもありますから、クーラーボックスや保冷剤を準備しておくと良いでしょう。

あと、準備しておきたいのはウェットティッシュ。手が汚れた時に、さっと拭けるので便利です。割り箸や紙コップなどのグッズも意外と忘れてしまいがちなので、お出かけ前に確認することを忘れずに。

・まだまだ寒いお花見シーズン。防寒対策は万全に!

「花冷え」という言葉もあるように、お花見シーズンはまだまだ寒いです。「お花見に合わせて春らしい装いで来てみたら、予想以上に寒くて楽しむどころじゃなかった」なんて失敗談もよく耳にします。

寒さに負けずにお花見を満喫するためには、防寒対策グッズをしっかりと持っていくことが大切。さっと羽織れるものや、ブランケットがあると、いざというとき助かります。

また、知らず知らずのうちに体が冷えてしまうのを防ぐために、携帯カイロをあらかじめ付けておくのも良いですよ!手袋やマフラーなど部分冷えを防ぐグッズも天候によっては必要かもしれませんね。

・事前の準備が成功の鍵!お花見は準備段階から始まっている!?

お花見は外で行うものですから、場所や天候を考慮して快適に過ごせるグッズをしっかり準備しておくことが大切です。気軽につまめるお弁当を食べながら、気の合う仲間と素敵なお花見タイムを楽しんでくださいね!

注目記事