出屋敷駅×体力がつく のアルバイト情報

出屋敷×体力がつくアルバイト情報をまとめてご紹介。出屋敷駅周辺で仕事をお探しの方、体力がつくのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。兵庫県内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアで体力がつくのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

《3級整備士以上の資格保持者募集!》車の点検・整備を行うお仕事です。働きながらスキルアップできます!

ネクステージ 尼崎 セダン・スポーツ専門店

  • 採用祝い金

    7,000円

ネクステージ 尼崎 セダン・スポーツ専門店のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 朝
  • 昼
  • 夕方
  • 夜
職種・給与

製造・組立・整備・加工
(1)整備・メンテナンススタッフ   月給 210,000円320,000円

勤務地
最寄駅

兵庫県尼崎市浜田町5-1-8
(出屋敷, 尼崎センタープール前, 立花)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 体力がつく
  • /
  • 交通費支給
  • /
  • 学歴不問
  • /
求人情報

当店では、お客さまが中古車を購入する際に抱く「車輌の品質」への不安を取り除くため、仕入れた車輌を、展示前に徹底的に検査しています。 今回募集するのは、車輌の検査スタッフ。3級整備士以上の資格を活かし...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

出屋敷×体力がつくでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

出屋敷(兵庫県)周辺で、体力がつくのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅が出屋敷の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、体力がつくのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、出屋敷駅の近隣だけでなく、兵庫県内の様々な市区・駅から体力がつくのバイト情報を検索できます。
出屋敷駅の周辺にはなにわ熊野神社などの社寺や教会がありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によると出屋敷駅は一日あたりの乗降客数は10,581人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

体力がつくで求められる人材
軽作業等重いものを持ち運ぶ仕事の場合は、あらかじめ相応の体力があることが前提です。「今は自信がないけど、仕事をしながら体力をつけたい」という方は、倉庫内の仕分け作業等、誰でも簡単にできる仕事から始めるといいでしょう。しかし長時間または長期間連続で働くと、体力だけでなく精神面も浪費します。どちらも適度に保てるよう体調を整え、忍耐力を持ち続けられる人が、体力が必要なバイトにはふさわしいといえます。

関連したアルバイト体験談

書籍販売は、体力とサービス精神で勝負です!
本屋さんの仕事にはあまり肉体労働のイメージを持たれないかもしれませんが、実際は筋肉痛になることも結構あります。
本一冊だと大した重さではないのですが、納品される時は決まった曜日にドカッとまとめて来るので、ダンボール箱一個分だと100キロを超すので大変です。

でもやっぱり本や雑誌が好きなので、本屋さんは私にとって天職だと思います。話題の新刊をいち早くチェックできますし、書店員のイチ押しとしておすすめの本のPOPを手作りで作成し、お客さんの購買促進をはかる仕事にはとてもやり甲斐を感じます。
またお客さんによっては、雑誌の定期購読を書店で行い、ご来店して受け取るケースがあるので、顔なじみの方とはレジや売り場でお話も楽しめます。
本はその人のパーソナリティな要素を含んでいるものが多いので、「この方は歴史雑誌を講読してるから歴史が好きなんだな」とか、「教育関連の本をよく買うから学校の先生なのかな」とか、本を通じてその方の事が少なからずわかるので、初めて声をかける方でも話をふりやすく、会話も弾みます。

書籍販売は一見地味な仕事に思えますが、たくさんの本を扱うエネルギーと、お客さんへのサービス精神が大事になるアクティブな面も持っています。
最近は電子書籍の普及や、インターネットでの注文が便利という事もあり、本屋さんに足を運ぶ人は減少する傾向にあります。こんな時代だからこそ、本屋さんで書籍を通じて人と人とのふれあいを大事にしていきたいと改めて思いました。

ページトップへ