甲子園駅×料理の基礎が身につく のアルバイト情報

甲子園×料理の基礎が身につくアルバイト情報をまとめてご紹介。甲子園駅周辺で仕事をお探しの方、料理の基礎が身につくのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。兵庫県内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアで料理の基礎が身につくのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

【20代30代活躍中】\シフトの相談が可能/Wワークや家庭との両立がしやすい◎ホール&キッチンのスタッフ募集♪

とんかつ新宿さぼてんららぽーと甲子園店

  • 採用祝い金

    3,000円

とんかつ新宿さぼてんららぽーと甲子園店 のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 朝
  • 昼
  • 夕方
  • 夜
  • 深夜
職種・給与

和食・寿司
(1)ホールスタッフ   時給 960円
(2)キッチンスタッフ   時給 960円

勤務地
最寄駅

兵庫県西宮市甲子園八番町1-100
(鳴尾, 甲子園, 東鳴尾)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 料理の基礎が身につく
  • /
  • 主婦・主夫歓迎
  • /
  • 深夜
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 高校生OK
  • /
  • 週2・3日からOK
  • /
  • 平日のみOK
  • /
  • 学歴不問
  • /
  • 土日のみOK
  • /
求人情報

◆お店の特徴◆ 当店はとんかつをメインに扱っているお店です。豚肉はもちろん、パン粉や揚げ油にこだわった、サクサクのとんかつはお客さまから高評価をいただいています。季節の野菜や、健康に良い麦ごはんなどを...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

甲子園×料理の基礎が身につくでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

甲子園(兵庫県)周辺で、料理の基礎が身につくのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅が甲子園の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、料理の基礎が身につくのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、甲子園駅の近隣だけでなく、兵庫県内の様々な市区・駅から料理の基礎が身につくのバイト情報を検索できます。
甲子園駅の周辺には甲子園浜海浜公園などの動植物園や公園がありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によると甲子園駅は一日あたりの乗降客数は53,220人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

料理の基礎が身につくで求められる人材
料理の基礎が身につくバイトでは、「まずはやってみる」という気持ちが何より大切です。調味料の配分や加熱の時間など、わからない事はすぐに先輩や責任者に尋ねましょう。疑問点をうやむやにしたまま進めてしまうと、いざお客さまにメニューを提供する際に思わぬトラブルになってしまうかもしれません。時には失敗することもあるかもしれませんが、先輩からの指摘やアドバイスを素直に受け入れる柔軟さも大切です。

関連したアルバイト体験談

新聞配達スタッフだってマナーが大事
昔から新聞配達のアルバイトをしています。
僕の応募した新聞配達は、人手が足りないということですぐに採用してもらえました。
新聞配達のアルバイトの良い所は、授業とかぶらないところ、健康にいいところです。
早朝のうまい空気を吸えるのも、新聞配達員の特権ですね。朝は、本当にすがすがしく、気持ちがよいです。
ところで、僕は新聞配達のバイトをするうえで必ず守っているマナーがあります。それは、バイクを玄関先まで乗り入れないことです。
バイクの「ボロロロロ・・・・ブルンブルン・・・キキッ!」という音が朝から鳴り響くと、ご近所に迷惑をかけてしまうのではないかと思っているからです。
だから、僕は必ず少し離れた場所に置いて、小走りでポストまでいきます。もちろん、ポストの開け閉めも乱暴にするとうるさいので、静かに入れます。
誰も気付いていないと思うけれど、僕が大切にしているマナーです。

ページトップへ