金沢文庫駅×オープニング のアルバイト情報

金沢文庫×オープニングアルバイト情報をまとめてご紹介。金沢文庫駅周辺で仕事をお探しの方、オープニングのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。神奈川県内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアでオープニングのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
2

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

2件中  1 ~2件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

9月中旬オープンの新店!オープニングスタッフ募集☆一緒にスタートでスキルupしませんか。

ザ・クロックハウス 金沢文庫店

  • 採用祝い金

    5,000円

ザ・クロックハウス 金沢文庫店 のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 朝
  • 昼
  • 夕方
  • 夜
職種・給与

インテリア・雑貨
(1)雑貨販売スタッフ   時給 930円

勤務地
最寄駅

神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-1-1
(金沢文庫, 金沢八景)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • オープニング
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 交通費支給
  • /
  • 社員登用制度あり
  • /
  • ネイルOK
  • /
  • 学歴不問
  • /
  • 駅チカ
  • /
求人情報

常に時を刻む時計は、生活に必要不可欠なものです。そして、腕時計はファッションアイテムの一部、掛け時計はインテリアの一部としてもポイントになります。機能性にもデザイン性にもこだわり持った時計を販売す...

《接客&販売スタッフ募集》ビジネスやフォーマルで活躍するアイテムをお客さまと一緒にセレクト!未経験OK◎

SUIT SELECT(スーツセレクト) アピタ金沢文庫

  • 採用祝い金

    4,000円

SUIT SELECT(スーツセレクト) アピタ金沢文庫のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 朝
  • 昼
  • 夕方
  • 夜
職種・給与

アパレル販売
(1)アパレル販売スタッフ   時給 980円

勤務地
最寄駅

神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-1-1
(金沢文庫, 金沢八景)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • オープニング
  • /
  • 主婦・主夫歓迎
  • /
  • 大学生歓迎
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
求人情報

当店は、スーツをはじめ、シャツやネクタイ、ベルトなどビジネスやフォーマルなシーンに使えるアイテムが一通り揃えられるお店です。「仕事に臨む」という意識と「服を楽しむ」という意識、その両方を持ち合わせ...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

金沢文庫×オープニングでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

金沢文庫(神奈川県)周辺で、オープニングのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅が金沢文庫の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、オープニングのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、金沢文庫駅の近隣だけでなく、神奈川県内の様々な市区・駅からオープニングのバイト情報を検索できます。
金沢文庫駅の周辺には横浜市立金沢動物園などの動植物園や公園がありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によると金沢文庫駅は一日あたりの乗降客数は70,858人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

オープニングのアルバイトで求められる人材
新規オープンする店舗は、第一印象が大切です。オープニングスタッフには、明るく元気で前向きに働ける人が求められます。一からみんなで店舗を作っていくので、チームワークを大切にできることも必要です。先輩スタッフはいないですが責任者や店長は経験のある人が担当し、研修もオープニング以外でバイトする時よりもしっかりと教えてくれるので、仕事に不安を感じることはありません。

関連したアルバイト体験談

奥深い…地域情報誌の編集
デザイン系の学校を出て、地域情報誌の編集のバイトをしています。

文章や取材先の写真など、素材は専門のチームが用意してくれるので、僕の仕事はその素材を紙面に配置する仕事です。
普段なにげなく雑誌を見てると思うんですが、紙面を自然に見てもらうための導線作りをするのはとても大変です。文字ばかりでは見る人が飽きてしまうし、写真ばかりでも物足りないと思われるので、決められたページ数の中でちょうどいい情報を盛るための練習として、本屋に通っていろんな雑誌を読みまくりました。
地域情報誌なので、食べ物や旅行雑誌をメインに勉強しました。読む人がワクワクするような見出しの作り方とか、綺麗に見える写真の加工の仕方などなど…。あと大きい本屋には海外の雑誌が揃っていて、編集がシンプルなので、ゴチャゴチャしすぎないようにという点ではそっちも参考にしてます。
隔週誌でスケジュールも比較的つまってるので、締め切りが近づくとかなり修羅場です。最初のうちは先輩が仕上がりを見て、ダメ出しと大幅な調整を加えられたんですが、バイトを始めて半年くらいで、ほぼ一発OKをもらえるようになりました。
もともと会社のロゴを作ったりするWebデザイナーになりたかったんですが、編集のバイトをやってみるとかなり奥が深くて魅力を感じました。
雑誌が無事刊行されて、編集の欄に自分の名前が載っていると嬉しいですし、地元の友達も見てくれるので、これからもっといい編集ができるように頑張りたいと思います。

ページトップへ