新高島駅×英語を活かせる のアルバイト情報

新高島×英語を活かせるアルバイト情報をまとめてご紹介。新高島駅周辺で仕事をお探しの方、英語を活かせるのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。神奈川県内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアで英語を活かせるのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

市場直送素材を中心に、料理人が丹精込めて作ったお料理をお出しするダイニングバーです。

二十三夜

  • 採用祝い金

    3,000円

二十三夜 のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 夕方
  • 夜
  • 深夜
職種・給与

ダイニングバー
(1)キッチンスタッフ   時給 940円2,000円
(2)ホールスタッフ   時給 940円2,000円

勤務地
最寄駅

神奈川県横浜市西区高島2-10-4
(新高島, 横浜, 高島町)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 英語を活かせる
  • /
  • 主婦・主夫歓迎
  • /
  • 大学生歓迎
  • /
  • 深夜
  • /
  • 髪型自由
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 交通費支給
  • /
  • 社員登用制度あり
  • /
  • 高校生OK
  • /
求人情報

たりと楽しめるお店です。 週2日、1日3時間から歓迎致します。 店長候補・独立希望者も歓迎いたしますが、ガツガツしていない方や、熱い気持ちがあるけれどあまり表面に出さない方も大歓迎です。

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

新高島×英語を活かせるでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

新高島(神奈川県)周辺で、英語を活かせるのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅が新高島の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、英語を活かせるのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、新高島駅の近隣だけでなく、神奈川県内の様々な市区・駅から英語を活かせるのバイト情報を検索できます。
新高島駅の周辺には日産グローバル本社ギャラリーなどの美術館や博物館がありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によると新高島駅は一日あたりの乗降客数は5,370人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

英語を活かせるのアルバイトで求められる人材
英語を活かせるアルバイトには、当然ながら英語力が大切です。職種や職場によって必要な英語力が変わってくるので、自分の実力を把握しておきましょう。また、英語を使っての取引が必要な仕事では、日本人ならではの奥ゆかしさとは違うきっぱりした態度が重要になってきます。そのため、英語自体の理解のほかに、通用する対人スキルを持った人材が望まれます。翻訳の仕事の場合は、より高度な語学力が求められます。

関連したアルバイト体験談

正解は一つではない雑誌編集バイトの魅力
昨年から雑誌編集のバイトをしています。

バイトの内容は、雑誌記者が顧客から集めてきた情報を、魅力的な文章に編集し直すという仕事です。

元々、文章を書くことや考えることが好きで、編集バイトの面接を受けました。印象深かったことは、面接の際に「空に白い雲がある。飛行機が飛んでいる。この言葉をあなたならどう読者に表現しますか?」と聞かれたことです。とっさの質問にドキドキしましたが、私から出てきた言葉は、「青々とした空にある白い雲。飛行機が飛んで飛行機雲に変身!」と答えました。

すると面接官は「空に浮かぶフワフワの白い雲。綿飴と勘違いした飛行機が食べちゃった」「こんな言い方もありますよね。編集というのは、表現が一つではないということです」と言われました。こんなに面白いバイトは他にはない!と思った私は、絶対に編集のバイトをしたいと切に願って、見事合格しました。

今わたしは、雑誌編集の魅力にどっぷりはまっています。

色々な言い回しによって、人がどう感じるのか。もっともっと視野を広げて雑誌の魅力を伝えていきたいと思っています。

ページトップへ