南松本駅×週2・3日からOK のアルバイト情報

南松本×週2・3日からOKアルバイト情報をまとめてご紹介。南松本駅周辺で仕事をお探しの方、週2・3日からOKのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。長野県内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアで週2・3日からOKのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

【飲食店経験不問】シフト相談OK◎ホール&キッチンの経験が積めるラーメン店勤務♪

テンホウ 松本並柳店

  • 採用祝い金

    1,000円

テンホウ 松本並柳店のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 朝
  • 昼
  • 夕方
  • 夜
職種・給与

中華・ラーメン
(1)ホールスタッフ   時給 750円

勤務地
最寄駅

長野県松本市並柳3-10-1
(南松本, 西松本, 平田)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 週2・3日からOK
  • /
  • 主婦・主夫歓迎
  • /
  • 大学生歓迎
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 交通費支給
  • /
  • 高校生OK
  • /
  • 学歴不問
  • /
求人情報

長野県発祥のラーメン店『テンホウ』。1956年の創業当時から、”多くのお客さまにお届けしたい”という思いを持ち続け発展してきたラーメンチェーン店です。信州でしか味わえない一品を丹精込めて作っています♪ 今...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

南松本×週2・3日からOKでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

南松本(長野県)周辺で、週2・3日からOKのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅が南松本の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、週2・3日からOKのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、南松本駅の近隣だけでなく、長野県内の様々な市区・駅から週2・3日からOKのバイト情報を検索できます。
他方、統計によると南松本駅は一日あたりの乗降客数は2,602人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

週2・3日からOKのアルバイトで求められる人材
週2・3日からOKのバイトは、勤務日数は少ないですが、その時間内の中でも最高の働きをしてくれる事を職場は求めています。限られた時間の中でも仕事のクオリティを向上させる努力は重要です。また、バイト先の責任者と相談をしながらということになりますが、比較的自分の都合の良い時にシフトに入れやすいため、プライベートと仕事を両立させたいという方にオススメの働き方です。

関連したアルバイト体験談

自宅介護の手助けがしたくて選んだ介護福祉士のバイト
今介護福祉士のアルバイトをしています。

私が介護福祉士を目指したのは祖父と祖母の介護がキッカケでした。

最初は祖母に痴呆の症状が出始め、そこから連鎖するように、祖父の痴呆も始まったんです。

うちはそこまで裕福じゃないので、家族で介護をしていましたが、とても大変でした。母はストレスでうつ病になった程です。

時々介護補助を利用して、介護福祉士さんに来てもらうようにしました。それがもの凄く助けになっていたのです。

数年後、祖父も祖母も他界しました。

そのこともあり、私は介護の専門学校に進学し、介護福祉士になることを決めました。

専門学校を卒業後、すぐに訪問介護をしている会社で面接を受けさせてもらいました。介護の仕事を目指したキッカケを聞かれたので、祖父と祖母の介護体験をお話したところ、その苦労をよくわかってもらえました。

その上で、「家族ではなく、他人の介護をするということは、もっと大変だけど大丈夫?」と聞かれました。

でも私はあの時助けてくれた介護福祉士の方のように、介護で大変な人を助けたいと思っているので「大丈夫です!」と答えました。

数日後連絡があり、採用してもらえることになりました。人を助ける仕事に就くことができて、すごく充実しています。

介護で苦しむ人を助けたいという意思は、これからもずっと変わりません。もっと経験を積んで、ケアマネージャーの資格も取る予定です。

ページトップへ