県庁前駅×アクセサリー のアルバイト情報

県庁前×アクセサリーアルバイト情報をまとめてご紹介。県庁前駅周辺で仕事をお探しの方、アクセサリーのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。沖縄県内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアでアクセサリーのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種

職種を選ぶ

こだわり

さらに条件を表示する

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

オシャレかんざしの販売スタッフ募集!【週4日~OK】服装・髪型自由☆従業員割引あり♪

かんざし屋wargo(ワーゴ) 沖縄国際通り店

  • 採用祝い金

    14,000円

かんざし屋wargo(ワーゴ) 沖縄国際通り店 のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 朝
  • 昼
  • 夕方
  • 夜
職種・給与

アクセサリー・小物
(1)アクセサリー販売スタッフ   時給 900円

勤務地
最寄駅

沖縄県那覇市松尾2-8-7
(牧志, 美栄橋, 県庁前)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 髪型自由
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 交通費支給
  • /
  • 社員登用制度あり
  • /
  • ネイルOK
  • /
  • 週2・3日からOK
  • /
  • 学歴不問
  • /
求人情報

かんざし専門店〈wargo〉のスタッフは、「どう使うんですか?」と、よくお客さまからご質問を受けるのが特徴です。国内だけでなく海外からのお客さまも多く、お土産購入の方へ説明することが多々あります。そのと...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

県庁前×アクセサリーでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

県庁前(沖縄県)周辺で、アクセサリーのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。『バイトーク』では豊富なアパレル・ファッション系の職種の求人を掲載しておりますので、アクセサリーのバイトで働きたいというニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、県庁前駅の近隣だけでなく、沖縄県内の様々な市区・駅からアクセサリーのバイト情報を検索できます。
アクセサリーのバイトの仕事は接客やレジ業務などを行ったり、担当したりします。アクセサリーの仕事の魅力は、ファッションセンス向上が挙げられます。このアルバイトは主に、フリーターといった属性の方々にオススメです。他にも、オシャレなところで働きたい方にぴったりな求人が多く存在する職種と言えます。
県庁前駅の周辺には琉球王国のグスクおよび関連遺産群などの建物や史跡がありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によると県庁前駅は一日あたりの乗降客数は9,206人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

アクセサリーのアルバイトのメリット
アクセサリーに関する知識を深められるので、アクセサリーやファッションに興味がある方、オシャレが好きな方にはたまらないアルバイトです。なかにはアクセサリー作りに携われるショップもあるので、専門技術やセンスも磨かれます。また、お客様がお求めのアイテムを提供して喜んでもらえたときの達成感はひとしお。アクセサリーは大切な方へのプレゼントとしてお探しのお客様も多いので、とてもやりがいのある仕事です。

関連したアルバイト体験談

「トム」と呼ばれた思い出のバイト
私は趣味で乗馬をしていますが、知人の紹介で西部開拓時代をイメージした、ウェスタン牧場でバイトをした事があります。
牧場といっても観光乗馬の牧場で、お客さんに乗馬を体験してもらったり、馬と触れ合うことをメインにしている職場でしたが、バイト中のスタッフの雰囲気というのが個性的な所でした。

まずスタッフ全員にニックネームがつけられ、本名で呼ばれることがなかったのには驚きました。
どう見ても日本人の私が、バイト期間中は「トム」で、友人は「フランク」と呼ばれてたんです。
最初は恥ずかしかったものの、バイト中はいつも「トム」って話しかけられると、いつの間にか馴染んでいたのには自分でも笑えました。
また、アミューズメント系の観光牧場だったこともあり、雰囲気作りは徹底的で、牧場内の見回りは馬に乗って移動。
それにバイト中は、ジーパンにウエスタンハットを被って、見た目もカウボーイになりきることを求められました。
これは牧場に来るお客さんに対して、「雰囲気というサービスの提供」だとオーナーに聞きましたが、カウボーイを演じる感じというのはやっぱり抵抗がありましたし、馬の世話や牧場の清掃など、肉体的にはハードな仕事だったので、慣れるまではキツイことだらけ。
だけどバイト中は、日常とは違う、もう一人の自分になった気分で働けた気がします。
それに、趣味とは別の角度で馬と接することができたのも、良い勉強になりましたし、お客さんから「乗馬って楽しいね」って言ってもらえると嬉しかったです。

牧場のオーナーが言われてた「雰囲気作りも仕事のうち」という考えも共感できたので、今後のバイトやものごとの考え方の参考にしたいと思いました。

バイトークの特徴
「採用祝い金」ってナニ?
祝い金ってなに?
アルバイト特集

ページトップへ