ふじみ野駅×オープニング のアルバイト情報

ふじみ野×オープニングアルバイト情報をまとめてご紹介。ふじみ野駅周辺で仕事をお探しの方、オープニングのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。埼玉県内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアでオープニングのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

「フレンチ」を主とした スタイルやカルチャーの提案

Discoat Parisien(ディスコートパリシアン) ららぽーと富士見店

  • 採用祝い金

    1,000円

Discoat Parisien(ディスコートパリシアン) ららぽーと富士見店  のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 朝
  • 昼
  • 夕方
  • 夜
職種・給与

アパレル販売
(1)アパレル販売スタッフ   時給 1,000円

勤務地
最寄駅

埼玉県富士見市山室1丁目1313番
(鶴瀬, ふじみ野, みずほ台)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • オープニング
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 交通費支給
  • /
  • 社員登用制度あり
  • /
求人情報

★Discoat Parisien(ディスコートパリシアン) パリシアンのライフスタイル♪ それは変化を続けるファッションの流れにとらわれない「フレンチ」を主とした スタイルやカルチャーの提案。 デイリー(OFF)とビジ...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

ふじみ野×オープニングでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

ふじみ野(埼玉県)周辺で、オープニングのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅がふじみ野の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、オープニングのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、ふじみ野駅の近隣だけでなく、埼玉県内の様々な市区・駅からオープニングのバイト情報を検索できます。
ふじみ野駅の周辺にはふじみストロベリーなどの体験施設がありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によるとふじみ野駅は一日あたりの乗降客数は63,292人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

オープニングのアルバイトで求められる人材
新規オープンする店舗は、第一印象が大切です。オープニングスタッフには、明るく元気で前向きに働ける人が求められます。一からみんなで店舗を作っていくので、チームワークを大切にできることも必要です。先輩スタッフはいないですが責任者や店長は経験のある人が担当し、研修もオープニング以外でバイトする時よりもしっかりと教えてくれるので、仕事に不安を感じることはありません。

関連したアルバイト体験談

人の役に立てる管理栄養士のバイト
私は管理栄養士の養成大学卒業後、国家試験に合格し資格を取りました。

大学で4年間栄養の勉強をしてきたものの、国試に受かるか自信がなかったので、就職はまったく別の分野の事務職に決まっていました。

2年ほど頑張りましたが、やはり資格を活かして働きたいと考え、思い切って退職しました。

今は病院の管理栄養士のバイトをしています。

管理栄養士の業務は意外と書類の整理が多かったりするのですが、1番好きなのは栄養指導です。 

さまざまな病気の栄養指導を行いますが、特に多いのは「糖尿病」です。

食事療法や運動療法がとても重要な病気なので、ここは管理栄養士の腕の見せ所です。

45歳独身男性のAさんにも糖尿病の栄養指導をしました。

1回目の栄養指導では、にこにこと話を聞いてはくれますが理解されているかは不明です。2回目の指導では前回の内容が活かされず、あまり血糖値は改善されていないようでした。

その後たまたま骨折で入院されたので、ちょくちょく病室に顔を出してお話をしていました。病院での食事はもちろん「糖尿病食」です。

1ヵ月後、体重が減り、血糖値も安定されたAさんは「食事の大切さがよくわかった」と笑顔で話され、私も安心しました。

ある日、退院したAさんが外来受診に来た際、私を呼び出されました。仕事の都合で他県へ引っ越しされるとのことでした。

「先生にとてもお世話になりました。今後もずっと指導して欲しかったのに残念です」と、悲しそうな顔でおっしゃいました。

私をそんなに頼ってくれていたのかと、嬉しくて泣きそうになってしまいました。

この出来事は私の管理栄養士として頑張るための糧になっています。

「管理栄養士は患者さんのために頑張るんだ」と気合を入れて、これからも続けていきたいと思います。

あの時、思い切って転職してよかったです。資格を持っている人は、ぜひそれを人のために活かすことをオススメします。

ページトップへ