越谷駅×料理の基礎が身につく のアルバイト情報

越谷×料理の基礎が身につくアルバイト情報をまとめてご紹介。越谷駅周辺で仕事をお探しの方、料理の基礎が身につくのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。埼玉県内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアで料理の基礎が身につくのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

●自己申告制シフト●ガッツリ働きたいフリーターさんも、家事のスキマ時間を活かしたい主婦(夫)の方も歓迎です。

磯丸水産 越谷ツインシティ店

  • 採用祝い金

    2,000円

磯丸水産 越谷ツインシティ店のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 早朝
  • 朝
  • 昼
  • 夕方
  • 夜
  • 深夜
職種・給与

居酒屋
(1)ホールスタッフ   時給 1,000円
(2)キッチンスタッフ   時給 1,000円

勤務地
最寄駅

埼玉県越谷市弥生町17-1
(越谷, 南越谷, 新越谷)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 料理の基礎が身につく
  • /
  • 主婦・主夫歓迎
  • /
  • 大学生歓迎
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 交通費支給
  • /
  • 社員登用制度あり
  • /
  • 土日のみOK
  • /
  • 駅チカ
  • /
求人情報

一歩入ればそこは、都会にある”海の家”。80年代の懐かしい歌謡曲が流れており、水槽で元気に泳ぐ魚・レトロなポスター・大漁旗など、世界観バッチリです。お客さまもスタッフも楽しいひとときを過ごせます。蟹味...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

越谷×料理の基礎が身につくでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

越谷(埼玉県)周辺で、料理の基礎が身につくのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅が越谷の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、料理の基礎が身につくのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、越谷駅の近隣だけでなく、埼玉県内の様々な市区・駅から料理の基礎が身につくのバイト情報を検索できます。
他方、統計によると越谷駅は一日あたりの乗降客数は46,535人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

料理の基礎が身につくで求められる人材
料理の基礎が身につくバイトでは、「まずはやってみる」という気持ちが何より大切です。調味料の配分や加熱の時間など、わからない事はすぐに先輩や責任者に尋ねましょう。疑問点をうやむやにしたまま進めてしまうと、いざお客さまにメニューを提供する際に思わぬトラブルになってしまうかもしれません。時には失敗することもあるかもしれませんが、先輩からの指摘やアドバイスを素直に受け入れる柔軟さも大切です。

関連したアルバイト体験談

正解は一つではない雑誌編集バイトの魅力
昨年から雑誌編集のバイトをしています。

バイトの内容は、雑誌記者が顧客から集めてきた情報を、魅力的な文章に編集し直すという仕事です。

元々、文章を書くことや考えることが好きで、編集バイトの面接を受けました。印象深かったことは、面接の際に「空に白い雲がある。飛行機が飛んでいる。この言葉をあなたならどう読者に表現しますか?」と聞かれたことです。とっさの質問にドキドキしましたが、私から出てきた言葉は、「青々とした空にある白い雲。飛行機が飛んで飛行機雲に変身!」と答えました。

すると面接官は「空に浮かぶフワフワの白い雲。綿飴と勘違いした飛行機が食べちゃった」「こんな言い方もありますよね。編集というのは、表現が一つではないということです」と言われました。こんなに面白いバイトは他にはない!と思った私は、絶対に編集のバイトをしたいと切に願って、見事合格しました。

今わたしは、雑誌編集の魅力にどっぷりはまっています。

色々な言い回しによって、人がどう感じるのか。もっともっと視野を広げて雑誌の魅力を伝えていきたいと思っています。

ページトップへ