上熊谷駅×平日のみOK のアルバイト情報

上熊谷×平日のみOKアルバイト情報をまとめてご紹介。上熊谷駅周辺で仕事をお探しの方、平日のみOKのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。埼玉県内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアで平日のみOKのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
2

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

2件中  1 ~2件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

ボーナスが年3回!週2日~、好きな曜日・時間でOK!未経験から楽しく塾講師デビューしませんか?

森塾 熊谷校

  • 採用祝い金

    5,000円

森塾 熊谷校のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 夕方
  • 夜
職種・給与

塾講師・家庭教師
(1)個別指導講師   1コマ 1,500円3,000円

勤務地
最寄駅

埼玉県熊谷市筑波1-171-1
(熊谷, 上熊谷)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 平日のみOK
  • /
  • 大学生歓迎
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 社員登用制度あり
  • /
求人情報

\\「教えたことがない」と自信がなくてもOK!// これまで森塾で塾講師デビューした方も非常に多く、 未経験で始めた方がたくさん活躍しています! 充実した研修と教えやすいテキストがあるので、心配無用です...

【野球コーチ募集中】熱いハートと野球経験をお持ちの方必見!「好き」を仕事にできるチャンスです

JBS(ジュニアバッティングスクール) 熊谷校

  • 採用祝い金

    5,000円

JBS(ジュニアバッティングスクール) 熊谷校のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 夕方
  • 夜
職種・給与

インストラクター
(1)スポーツ・ジムインストラクター   時給 890円

勤務地
最寄駅

埼玉県熊谷市大字広瀬256-1
(石原, ひろせ野鳥の森, 上熊谷)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 平日のみOK
  • /
  • 大学生歓迎
  • /
  • 交通費支給
  • /
求人情報

JBS(ジュニアバッティングスクール)は、「こどもたちの成長と感動のために全力を尽くす!」を合言葉に、個別で野球の指導を行っているスクール。主な指導は基礎体力づくりとバッティングで、コーチも一緒にプレーを...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

上熊谷×平日のみOKでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

上熊谷(埼玉県)周辺で、平日のみOKのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅が上熊谷の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、平日のみOKのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、上熊谷駅の近隣だけでなく、埼玉県内の様々な市区・駅から平日のみOKのバイト情報を検索できます。
上熊谷駅の周辺には片倉シルク記念館などの美術館や博物館がありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によると上熊谷駅は一日あたりの乗降客数は1,004人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

平日のみOKのアルバイトで求められる人材
平日のみOKのアルバイトでは、接客業では開店準備やランチタイム・ディナータイムなど、一時的に忙しくなることがあるため、周りのスタッフとのコミュニケーションや連携が必要になります。周りへの声がけや、わからないことを聞いていける積極性、フォローしあえる関係を作る協調性があるといいですね!事務職などの接客業以外では、日々のノルマや業務目標をしっかりとこなせる責任感と計画性が必要になります。

関連したアルバイト体験談

看護助手の先にあるものを目指して!
私は現在、産婦人科で看護助手をしています。でもずっと看護助手をしていたわけではありません。高校卒業してすぐ病院に住み込み、日中は看護学校に行き、帰宅後は病院で看護師さんのお手伝いをする毎日を送っていました。もちろん夜勤もありました。慣れない生活で体を壊し、病院と学校を辞めてしまいました。それから3年が経ち、飲食店でバイトをしていたのですが、どうしても看護師になりたいという夢が諦めきれず、産婦人科で看護助手として働きはじめました。掃除や雑務、器具の消毒、食事の配膳、下膳など忙しくてもやりたい仕事だったので毎日が楽しかったです。そんな時、病院の院長が「来年看護学校を受験してみないか?」と声をかけてくれたのです。突然の申し出に私はビックリしましたが、なりたかった職業に就けるならもう一度頑張ってみたいと思い受けることにしました。今は受験勉強と仕事で忙しいですが、今度こそは看護師になれるように頑張りたいです!

ページトップへ