浦和美園駅×ネイルOK のアルバイト情報

浦和美園×ネイルOKアルバイト情報をまとめてご紹介。浦和美園駅周辺で仕事をお探しの方、ネイルOKのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。埼玉県内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアでネイルOKのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

<20代~50代活躍中>17時~22時の時間固定・週1~2日での勤務OK

Primrose(プリムローズ) 浦和美園店

  • 採用祝い金

    11,000円

Primrose(プリムローズ) 浦和美園店 のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 夕方
  • 夜
職種・給与

アパレル販売
(1)アパレル販売スタッフ   時給 1,000円

勤務地
最寄駅

埼玉県さいたま市緑区美園5-50-1
(浦和美園, 東川口)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • ネイルOK
  • /
  • 主婦・主夫歓迎
  • /
  • 大学生歓迎
  • /
  • 髪型自由
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 交通費支給
  • /
  • 週1日からOK
  • /
  • 平日のみOK
  • /
  • 学歴不問
  • /
求人情報

PrimRose(プリムローズ)のブランドコンセプトは「輝きの日々~Day to day shine~」 プリムローズのミッションである、 ”オシャレを通じ、日本の60代を元気に、若々しく、美しく、豊かな人生を!” に共感して頂け...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

浦和美園×ネイルOKでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

浦和美園(埼玉県)周辺で、ネイルOKのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅が浦和美園の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、ネイルOKのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、浦和美園駅の近隣だけでなく、埼玉県内の様々な市区・駅からネイルOKのバイト情報を検索できます。
浦和美園駅の周辺には埼玉スタジアム2002などの劇場やエンタメ施設がありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によると浦和美園駅は一日あたりの乗降客数は11,100人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

ネイルOKで求められる人材
ネイルOKのアルバイトは職種によって様々です。例えば、オフィスワークは長時間椅子に座って一人で作業を行うことが多く、集中力や忍耐力を切らさずに仕事をこなせるような人材が求められます。また、取引先とのやり取りがある場合は、礼儀作法やコミュニケーション能力も必要です。こういったスキルは、社会に出てからも役に立つものなのでバイトを通して磨いてみるのも良いかもしれません。

関連したアルバイト体験談

バイトだけどクリーニングのアイロン職人になっちゃいました
クリーニング工場でのバイトは、職人さんのお手伝いだとばかり思ってましたが、二日目には仕上げを担当することになりました。

最初はズボンを担当しました。足を広げたような機械にズボンを下からはかせ、ボタンを押すとあっという間にシワが伸びるんです。これを1時間に40枚仕上げていきます。わたしの後ろにはズボンの山が出来ていて、ぜんぜん減りません。自分の担当を終えた先輩たちはわたしのズボンを次々に手仕上げで手伝ってくれます。わたしのさばけない様子をみて、特別仕上げじゃない通常料金のものも丁寧に仕上げてくれました。とにかく職人は早くて綺麗!ズボンが蝶のように舞ってました。

次にスカート、ジャケット、シャツの順番で技を習得していきます。業務用のアイロンは蒸気とバキュームで仕上げるので全く熱くないので安全です。アイロンの進行方向を左手で引っ張り、右手の指で蒸気を調整しながらまっすぐ滑らせます。ピシャッと仕上がったシャツは見惚れてしまいます。先日、このわたしが年に一度開催される社内の競技会に出場できたんです。この経験は工場の一員として認められたような気持ちになりました。工場の夏は暑くてサウナ状態ですが、冬は暖かくて工場に住みたいくらいです。

ページトップへ