目黒駅×ショップ店員 のアルバイト情報

目黒×ショップ店員アルバイト情報をまとめてご紹介。目黒駅周辺で仕事をお探しの方、ショップ店員のバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。東京都内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアでショップ店員のバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種

職種を選ぶ

こだわり

さらに条件を表示する

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

●未経験OK●長期勤務歓迎●20代~40代のスタッフ活躍中のシューズショップ☆好きなファッションで楽しく働こう♪

AKaKuRa(アカクラ) 目黒店

  • 採用祝い金

    5,000円

AKaKuRa(アカクラ) 目黒店 のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 朝
  • 昼
  • 夕方
  • 夜
職種・給与

アパレル販売
(1)くつ・シューズ販売スタッフ   時給 950円

勤務地
最寄駅

東京都品川区上大崎2-16-9
(目黒)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 主婦・主夫歓迎
  • /
  • 大学生歓迎
  • /
  • 髪型自由
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 交通費支給
  • /
  • 社員登用制度あり
  • /
  • ネイルOK
  • /
  • 週2・3日からOK
  • /
  • 平日のみOK
  • /
求人情報

色鮮やかな”靴”が咲き誇るシューズショップ『AKaKuRa(アカクラ)』。お客さまの日常に彩りを添えるようなデザインをたくさんご用意しています☆ 「おしゃれは足元から」という言葉があるように、流行に敏感な女性...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

目黒×ショップ店員でアルバイト・パート求人情報を探している方へ

目黒(東京都)周辺で、ショップ店員のアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。『バイトーク』では豊富なアパレル・ファッション系の職種の求人を掲載しておりますので、ショップ店員のバイトで働きたいというニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、目黒駅の近隣だけでなく、東京都内の様々な市区・駅からショップ店員のバイト情報を検索できます。
ショップ店員のバイトの仕事は商品の品出しやレジ業務などを行ったり、担当したりします。ショップ店員の仕事の魅力は、接客スキルの向上が挙げられます。このアルバイトは主に、フリーターといった属性の方々にオススメです。他にも、オシャレなところで働きたい方にぴったりな求人が多く存在する職種と言えます。
目黒駅の周辺には目黒寄生虫館などの美術館や博物館がありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によると目黒駅は一日あたりの乗降客数は445,714人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

ショップ店員のアルバイトのメリット
ショップ店員のアルバイトはお客様とのトークがメインなので、コミュニケーション能力を鍛えることができるのが一番のメリット。発注や商品管理といった裏方業務まで幅広く任されることもあるため、大きなやりがいを感じることもできます。また、ショップの顔として自分を魅力的に見える努力を継続的に行っているうちに、外見や洋服のセンスが磨かれます。洋服が大好きな方や、美意識を高く保ちたい方に特におすすめのバイトです。

関連したアルバイト体験談

人の役に立てる管理栄養士のバイト
私は管理栄養士の養成大学卒業後、国家試験に合格し資格を取りました。

大学で4年間栄養の勉強をしてきたものの、国試に受かるか自信がなかったので、就職はまったく別の分野の事務職に決まっていました。

2年ほど頑張りましたが、やはり資格を活かして働きたいと考え、思い切って退職しました。

今は病院の管理栄養士のバイトをしています。

管理栄養士の業務は意外と書類の整理が多かったりするのですが、1番好きなのは栄養指導です。 

さまざまな病気の栄養指導を行いますが、特に多いのは「糖尿病」です。

食事療法や運動療法がとても重要な病気なので、ここは管理栄養士の腕の見せ所です。

45歳独身男性のAさんにも糖尿病の栄養指導をしました。

1回目の栄養指導では、にこにこと話を聞いてはくれますが理解されているかは不明です。2回目の指導では前回の内容が活かされず、あまり血糖値は改善されていないようでした。

その後たまたま骨折で入院されたので、ちょくちょく病室に顔を出してお話をしていました。病院での食事はもちろん「糖尿病食」です。

1ヵ月後、体重が減り、血糖値も安定されたAさんは「食事の大切さがよくわかった」と笑顔で話され、私も安心しました。

ある日、退院したAさんが外来受診に来た際、私を呼び出されました。仕事の都合で他県へ引っ越しされるとのことでした。

「先生にとてもお世話になりました。今後もずっと指導して欲しかったのに残念です」と、悲しそうな顔でおっしゃいました。

私をそんなに頼ってくれていたのかと、嬉しくて泣きそうになってしまいました。

この出来事は私の管理栄養士として頑張るための糧になっています。

「管理栄養士は患者さんのために頑張るんだ」と気合を入れて、これからも続けていきたいと思います。

あの時、思い切って転職してよかったです。資格を持っている人は、ぜひそれを人のために活かすことをオススメします。

バイトークの特徴
「採用祝い金」ってナニ?
祝い金ってなに?
アルバイト特集

ページトップへ