1.  > 
  2.  > 
  3.  > 
  4.  > 
  5. ときわ台駅×体力がつくのバイト一覧

ときわ台駅×体力がつく のバイト・アルバイト・求人情報

ときわ台駅×体力がつくバイト・アルバイト・求人情報をまとめてご紹介。ときわ台駅周辺で仕事をお探しの方、体力がつくのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。東京都内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアで体力がつくのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイト・アルバイト・求人の詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

≪未経験者・ブランクのある人も歓迎≫充実のフォロー体制と研修で、経験に自信がない方も安心して働くことができます♪

ソラスト ときわ台

  • 採用祝い金

    8,600円

ときわ台駅×体力がつくのアルバイト バイト・アルバイト・求人ならソラスト ときわ台 がおすすめです。職種・給与:介護 (1)ホームヘルパー 時給1,430円~2,755円

このアルバイトの時間帯

  • ときわ台駅×体力がつくのアルバイト ソラスト ときわ台 なら早朝にアルバイトすることができます。
  • ときわ台駅×体力がつくのアルバイト ソラスト ときわ台 なら朝にアルバイトすることができます。
  • ときわ台駅×体力がつくのアルバイト ソラスト ときわ台 なら昼にアルバイトすることができます。
  • ときわ台駅×体力がつくのアルバイト ソラスト ときわ台 なら夕方にアルバイトすることができます。
  • ときわ台駅×体力がつくのアルバイト ソラスト ときわ台 なら夜にアルバイトすることができます。
  • ときわ台駅×体力がつくのアルバイト ソラスト ときわ台 は深夜にアルバイトすることができません。
職種・給与

介護
(1)ホームヘルパー   時給 1,430円2,755円

勤務地
最寄駅
ときわ台駅×体力がつくのアルバイト ソラスト ときわ台 の地図・マップはこちら

東京都板橋区前野町1-29-10
(本蓮沼, 板橋本町, ときわ台)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 体力がつく
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 交通費支給
  • /
  • 早朝
  • /
  • 学歴不問
  • /
  • 土日のみOK
  • /
求人情報

朝おはようと家族に言う。 温かいご飯を食べる。 近所の公園にお散歩に行く。 友人と語らう場所がある。 そんな小さな出来事のひとつひとつが「しあわせ」に繋がっていきます。 当たり前の毎日が、地域でずっと続...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

ときわ台駅×体力がつくでバイト・アルバイト・求人情報を探している方へ

ときわ台駅(東京都)周辺で、体力がつくのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅がときわ台駅の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、体力がつくのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、ときわ台駅の近隣だけでなく、東京都内の様々な市区・駅から体力がつくのバイト情報を検索できます。
他方、統計によるとときわ台駅は一日あたりの乗降客数は45,899人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

体力がつくで求められる人材
軽作業等重いものを持ち運ぶ仕事の場合は、あらかじめ相応の体力があることが前提です。「今は自信がないけど、仕事をしながら体力をつけたい」という方は、倉庫内の仕分け作業等、誰でも簡単にできる仕事から始めるといいでしょう。しかし長時間または長期間連続で働くと、体力だけでなく精神面も浪費します。どちらも適度に保てるよう体調を整え、忍耐力を持ち続けられる人が、体力が必要なバイトにはふさわしいといえます。

関連したアルバイト体験談

社会福祉士の資格を活かし、生活相談員としてスキルアップ!
私は社会福祉士の資格を持っています。資格を活かしたくて、障がいのある方を対象とした生活相談員としてバイトに励んでいます。婦人相談員としての経験がある私ですが、障がい者分野の生活相談員は初めて。改めて医療や福祉サービスの勉強をしています。

勤務先は行政の障がい福祉窓口。本人や家族の話をしっかりと聞くことが重要になります。何を困っているのか、どうしたいのかをきちんと聞き取り、本当のニーズを考えます。

相談業務は、信頼関係ができて始まるもの。私たち生活相談員の自信のない曖昧な返事は、相談者を不安にさせますし、必要なサービスに繋がりません。「どうしたらいいのかわからなくなっていた。だけど、相談してよかった。知らなかった情報を教えてもらえるし、安心して話せる」と障がいのあるお子さんのお母さん。その表情から随分辛い思いをされたんだなと感じました。本人だけでなく、家族への支援が本人のためになると実感できました。

これからもいろいろな問題を抱えた方々と出会うことでしょう。「一人ひとり異なる相談に、今の自分の中の引き出しでいい対応ができるのか?」と、不安は絶えません。しかし、相談者が抱える問題を解決していきたい気持ちは大きくなっていきます。今はこのバイトで生活相談員としての経験を積むしかないと思っています。

ページトップへ