1.  > 
  2.  > 
  3.  > 
  4.  > 
  5. 浅草駅×短期・単発のバイト一覧
浅草駅×短期・単発 のバイト・アルバイト・求人情報
浅草駅×短期・単発バイト・アルバイト・求人情報をまとめてご紹介。浅草駅周辺で仕事をお探しの方、短期・単発のバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。東京都内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアで短期・単発のバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイト・アルバイト・求人の詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

この春、あの「塚田農場」が時給+交通費「全額」支給+無料まかないで大募集!

塚田農場 東武浅草駅前店

  • 情報提供元:バイトーク

  • 採用祝い金

    1,000円

バイト・アルバイト・求人なら塚田農場 東武浅草駅前店  がおすすめです。

このアルバイトの時間帯

  • 昼にアルバイトすることができます。
  • 夕方にアルバイトすることができます。
  • 夜にアルバイトすることができます。
  • 深夜にアルバイトすることができます。
職種・給与

飲食・フード系
(1)居酒屋(ホールスタッフ) 時給 1,000円

飲食・フード系
(2)居酒屋(キッチンスタッフ) 時給 1,000円

勤務地
最寄駅

東京都台東区
浅草

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 短期・単発
  • /
  • 即日勤務OK
  • /
  • 平日のみOK
  • /
  • 土日のみOK
  • /
  • シフト制
  • /
  • 週1日からOK
  • /
  • 1日4時間以内OK
  • /
  • 深夜
  • /
  • 高校生不可
  • /
  • 学歴不問
  • /
求人情報

名物である「みやざき地頭鶏」などを自社養鶏場で一から育て、こだわり抜いた食材を使って料理を提供している居酒屋です。宮崎ならではの郷土料理がおいしいと大好評!絶品グルメ店でのまかないにも期待できます☆...

浅草駅×短期・単発でバイト・アルバイト・求人情報を探している方へ

浅草駅(東京都)周辺で、短期・単発のアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅が浅草駅の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、短期・単発のバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、浅草駅の近隣だけでなく、東京都内の様々な市区・駅から短期・単発のバイト情報を検索できます。
浅草駅の周辺には浅草神社などの社寺や教会がありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によると浅草駅は一日あたりの乗降客数は212,537人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

短期・単発のアルバイトで求められる人材
短期・単発のバイトだと、最初の面接の際に見られるのは、真面目かどうかという点です。ちゃんとシフト通りに来てくれる人、与えられた仕事をちゃんとやってくれる人に、多く仕事が回ってきます。いつも同じ職場で同じ仲間と働くわけではないので、緊張するかもしれませんが、自分の業務をしっかり果たせる人が求められるのです。また、積極性で評価されることが少ないため、要領よく立ち回るのが苦手な人にもオススメです。

関連したアルバイト体験談

祖父の思い出とカスタマーサポートセンターの仕事
私は現在コールセンターの社員として働いているのですが、そのきっかけとなったのが、学生時代にしていたカスタマーサポートセンターでの電話オペレーターのアルバイトです。
この業務は短期の募集やセンターの統廃合も多かったため、私はいくつかのセンターを転々としました。
この業務では、とかく機械の操作に慣れないご年配の方からのお電話が多いです。そういったお客様にもじっくりとわかっていただけるまで対応し、大きな声で明瞭に話すことが求められる仕事です。
仕事をしていると、高校三年まで一緒に住んでいた祖父のことが思い浮かびます。メカは得意でないのに新しもの好きで好奇心は人一倍、デジカメやパソコンを手に入れては操作方法がわからず家族に聞いていました。忙しい父や母は付き合いきれずに、最後まで使い方を教えるのはいつも私でした。
一度伝えてわからなければもう一度、年々耳が遠くなるのでこちらも大きな声で伝えます。最後に祖父が自分で操作出来るようになった時は、よく教えてくれたとほめられたものでした。
家族と過ごした時間が、意外にも自分の仕事のルーツとなり得るのです。

ページトップへ