押上〈スカイツリー前〉駅×ビジネスマナーが身につく のアルバイト情報

押上〈スカイツリー前〉×ビジネスマナーが身につくアルバイト情報をまとめてご紹介。押上〈スカイツリー前〉駅周辺で仕事をお探しの方、ビジネスマナーが身につくのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。東京都内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアでビジネスマナーが身につくのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイトの詳細条件検索

エリア/駅

エリアから選ぶ

路線・駅から選ぶ

職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

子供のお世話がお好きな方必見!家事代行サービスの合間にお子様のサポートをして頂くお仕事です。

家事代行ファースト【東京都墨田区エリア】 子供支援スタッフおよび家事代行スタッフ募集♪

  • 採用祝い金

    8,000円

家事代行ファースト【東京都墨田区エリア】 子供支援スタッフおよび家事代行スタッフ募集♪のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 朝
  • 昼
  • 夕方
  • 夜
職種・給与

家事代行・ベビーシッター
(1)家事代行・ハウスキーパー   時給 1,300円1,700円

勤務地
最寄駅

東京都墨田区
(錦糸町, 両国, 押上(スカイツリー前))

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • ビジネスマナーが身につく
  • /
  • 主婦・主夫歓迎
  • /
  • 髪型自由
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 交通費支給
  • /
  • 社員登用制度あり
  • /
  • 週1日からOK
  • /
  • 平日のみOK
  • /
  • 学歴不問
  • /
求人情報

人が生きていくためには、人と人が支えあう事が必要です。 家事代行のお仕事は、そんな生活するうえで、困っている方々のご依頼を受け止め、 献身的にサポートをする、素晴らしいお仕事です。 人に感謝されること...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

押上〈スカイツリー前〉×ビジネスマナーが身につくでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

押上〈スカイツリー前〉(東京都)周辺で、ビジネスマナーが身につくのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅が押上〈スカイツリー前〉の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、ビジネスマナーが身につくのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、押上〈スカイツリー前〉駅の近隣だけでなく、東京都内の様々な市区・駅からビジネスマナーが身につくのバイト情報を検索できます。
押上〈スカイツリー前〉駅の周辺には東京スカイツリータウン(R)などのショッピングビルがありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によると押上〈スカイツリー前〉駅は一日あたりの乗降客数は434,036人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

ビジネスマナーが身につくで求められる人材
ビジネスマナーが身につくバイトでは、やはり礼儀正しく、日常のマナーをわきまえている人材を優先します。てきぱきとスピーディーに動ける方はどの職場でも尊敬されますが、ビジネスマナーに重きを置く職場では、いかなる時も落ち着いて、相手一人ひとりに丁寧に対応できる能力が求められます。応募の電話をかける時や面接の時から、相手に好印象を持ってもらえるよう、常にマナーを意識しておきましょう。

関連したアルバイト体験談

ウェディング音響のバイトでスタッフさんに助けてもらった話
私は、去年までウェディング音響のアルバイトをしていました。
結婚式場のスタッフさんと事前に打ち合わせを行い、新郎新婦の入場など状況に合わせて音楽をスタート、ストップするバイトです。
簡単そうに見えますが、スイッチングのタイミングで場の空気が良くも悪くもなってしまう責任重大な仕事です。
ほんのちょっとのズレでも披露宴の途中ではものすごく目立ってしまうので、慣れるまではいつも指先が震えていました。

一番焦ったのは、かける曲を間違えてしまったときです。
ウェディングの中盤で大事なキャンドルサービスの場面だったので、私は慌てて音楽を切り替えようとしたのですが…
それより早く司会者の方がアドリブでナレーションを入れてくれたのです!
そのおかげで、自然にフェードアウトしながら本来流す予定だった曲に切り替えられました。
披露宴のあともウェディングプランナーさんと責任者の方が新郎新婦に説明をしてくださったので、私は特にお叱りを受けることもありませんでした。

みなさんがおっしゃったのは、「新郎新婦にとっては一度きりの披露宴だから」ということでした。
ほんの少しのミスや行き違いでも、ウェディングの主役にとっては大きなこと。
バイトでも、マナーや服装はもちろん、プロとしての振る舞いを求められていると感じました。

今、私は販売の仕事をしていますが、ウェディングのバイトで教えてもらったプロ意識をこれからも忘れずにいたいと思います!

ページトップへ